原作とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 美術 > 作品 > 原作の意味・解説 

げん‐さく【原作】

読み方:げんさく

翻訳改作脚色などをする前の、もとの作品。「—に忠実に映画化する


原作

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/16 05:43 UTC 版)

原作(げんさく)は、派生作品を生み出した元の作品を指す。




「原作」の続きの解説一覧

原作(電撃G's magazine誌上のテキストおよび小説・漫画版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/12 04:50 UTC 版)

ラブライブ!シリーズ」の記事における「原作(電撃G's magazine誌上テキストおよび小説・漫画版)」の解説

担当者公野櫻子および犬井各作品初期段階から存在し後々展開するボイスドラマ版テレビアニメ版でのキャラクター世界観基礎となる。ただし、時が経つにつれて矛盾した設定が出るなど、内容一定しないテレビアニメ版放送開始後は、それに影響されて設定変わることも多い。

※この「原作(電撃G's magazine誌上のテキストおよび小説・漫画版)」の解説は、「ラブライブ!シリーズ」の解説の一部です。
「原作(電撃G's magazine誌上のテキストおよび小説・漫画版)」を含む「ラブライブ!シリーズ」の記事については、「ラブライブ!シリーズ」の概要を参照ください。


原作(ノベル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/27 14:03 UTC 版)

双恋の登場人物」の記事における「原作(ノベル)」の解説

中学2年生幼い頃引越し最近同じ街に戻って来た桜月姉妹初対面で「かっこいい」と思うほど容姿をしている。双子たちの突飛な行動慌て常識人である一方困っているヒロイン迷わず助け勇気持っている一条姉妹姉妹などの幼馴染のことは、余り覚えていない

※この「原作(ノベル)」の解説は、「双恋の登場人物」の解説の一部です。
「原作(ノベル)」を含む「双恋の登場人物」の記事については、「双恋の登場人物」の概要を参照ください。


原作(コミック)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/27 14:03 UTC 版)

双恋の登場人物」の記事における「原作(コミック)」の解説

双愛中学2年生失恋記録積み重ねており、偶然にも桜月姉妹キスをしてしまったことから双子たちとの出会い始まる。

※この「原作(コミック)」の解説は、「双恋の登場人物」の解説の一部です。
「原作(コミック)」を含む「双恋の登場人物」の記事については、「双恋の登場人物」の概要を参照ください。


原作(『YAIBA』との客演)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 02:35 UTC 版)

まじっく快斗」の記事における「原作(『YAIBA』との客演)」の解説

週刊少年サンデー30周年記念増刊号1989年)に掲載され単行本第3巻に「番外編」として収録。『YAIBA』の刃と宝刀巡り対決している(YAIBA第5巻 - 第6巻夜に起きた事件である模様)。

※この「原作(『YAIBA』との客演)」の解説は、「まじっく快斗」の解説の一部です。
「原作(『YAIBA』との客演)」を含む「まじっく快斗」の記事については、「まじっく快斗」の概要を参照ください。


原作(訳書)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/23 04:02 UTC 版)

キャリントン (映画)」の記事における「原作(訳書)」の解説

マイケル・ホルロイドキャリントン』(中井京子訳、新潮文庫1996年)、原書は夫ストレイチー伝記後半部

※この「原作(訳書)」の解説は、「キャリントン (映画)」の解説の一部です。
「原作(訳書)」を含む「キャリントン (映画)」の記事については、「キャリントン (映画)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「原作」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

原作

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 10:54 UTC 版)

名詞

げんさく

  1. 翻訳脚色改作訂正などをする前のもとの作品

発音(?)

げ↗んさく

「原作」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



原作と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

原作のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



原作のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの原作 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのラブライブ!シリーズ (改訂履歴)、双恋の登場人物 (改訂履歴)、まじっく快斗 (改訂履歴)、キャリントン (映画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの原作 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS