著作権法とは? わかりやすく解説

ちょさくけん‐ほう〔‐ハフ〕【著作権法】

著作者の権利およびこれに隣接する権利定め、その保護目的とする法律日本では明治32年(1899)に初め制定された。現行のものは昭和46年1971施行

[補説] 平成26年2014)の改正により、出版権範囲拡大され、紙の出版物だけでなく電子書籍出版権対象含められた。また、平成30年2018)のCPTPP発効にともなう改正では、著作物保護期間著作者死後50年から70年延長された。


著作権法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 04:28 UTC 版)

著作権法(ちょさくけんほう、昭和45年5月6日法律第48号)は、知的財産権の一つである著作権の範囲と内容について定める日本法律である。


注釈

  1. ^ 著作物、実演、レコード、放送又は有線放送。以下同じ
  2. ^ 送信可能化されているレコードを直接放送または有線放送した場合を含む(後述のTPP11改正による)
  3. ^ 改正法(平成二十八年法律第百八号)附則第7条の規定により、著作物、実演及びレコードに関し、改正前の著作権法によると2017年12月29日時点で著作権又は著作隣接権が存するものについては改正後の保護期間が適用され、改正前の著作権法によると2017年12月30日時点で著作権又は著作隣接権が消滅しているものについては改正前の保護期間が適用される。
  4. ^ 著作者人格権若しくは著作権、出版権又は実演家人格権若しくは著作隣接権
  5. ^ 技術的利用制限手段に係る研究又は技術の開発の目的上正当な範囲内で行われる場合その他著作権者等の利益を不当に害しない場合を除く
  6. ^ a b c d e f 著作物、実演、レコード又は放送もしくは有線放送
  7. ^ a b (プログラムの著作物にあっては、当該著作物を電子計算機において利用する行為を含む
  8. ^ 電子的方法、磁気的方法その他の人の知覚によつて認識することができない方法
  9. ^ a b 著作権者、出版権者又は著作隣接権者
  10. ^ 日本国外で行われた提供又は提示については、日本国内で行われたものとみなす。
  11. ^ 公衆送信には、放送、有線放送、送信可能化が含まれる

出典

  1. ^ 著作権法要義 - 国立国会図書館デジタルコレクション水野錬太郎明治32年5月、国立国会図書館デジタルコレクション
  2. ^ e-Gov法令検索ー著作権法ー附則抄ー第1条(施行期日)”. 2022年3月25日閲覧。
  3. ^ 著作権法2条1項2号
  4. ^ 著作権法15条1項
  5. ^ b:著作権法第16条
  6. ^ b:著作権法第14条
  7. ^ 著作権法63条1項
  8. ^ 北川善太郎京都大学法学部教授『ソフトウェアの使用と契約-開封契約批判』NBL435号11~12頁
  9. ^ b:著作権法第21条
  10. ^ 文化庁「著作権テキスト令和3年版」14ページ”. 2022年2月20日閲覧。
  11. ^ b:著作権法第2条1項15号
  12. ^ 著作権法2条1項15号イ
  13. ^ 著作権法2条1項15号ロ
  14. ^ b:著作権法第49条
  15. ^ b:著作権法第79条
  16. ^ 岡田有花 (2017年10月10日). “「日本は機械学習パラダイス」 その理由は著作権法にあり”. ITmedia. http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1710/10/news040.html 2017年10月16日閲覧。 
  17. ^ 文化庁「著作権テキスト令和3年版」14ページ”. 2022年2月20日閲覧。
  18. ^ 文化庁「著作権テキスト令和3年版」14ページ”. 2022年2月20日閲覧。
  19. ^ 文化庁「著作権テキスト令和3年版」14ページ”. 2022年2月20日閲覧。
  20. ^ 文化庁「著作権テキスト令和3年版」16ページ”. 2022年2月20日閲覧。
  21. ^ 著作権法2条5項
  22. ^ 文化庁「著作権テキスト令和3年版」19ページ”. 2022年2月20日閲覧。
  23. ^ 著作権法38条1項
  24. ^ 文化庁「著作権テキスト令和3年版」15ページ”. 2022年2月20日閲覧。
  25. ^ 文化庁「著作権テキスト令和3年版」18ページ”. 2022年2月20日閲覧。
  26. ^ 文化庁「著作権テキスト令和3年版」16ページ”. 2022年2月20日閲覧。
  27. ^ 文化庁「著作権テキスト令和3年版」17ページ”. 2022年2月20日閲覧。
  28. ^ 文化庁「著作権テキスト令和3年版」16ページ”. 2022年2月20日閲覧。
  29. ^ 文化庁「著作権テキスト令和3年版」17ページ”. 2022年2月20日閲覧。
  30. ^ 高林龍 『標準 著作権法』(有斐閣、2010年)230頁
  31. ^ 高林龍 『標準 著作権法』(有斐閣、2010年)230頁
  32. ^ 著作権法第2条第1項第3号、第4号”. 2022年2月20日閲覧。
  33. ^ 著作権法第2条第1項第5号、第7号”. 2022年3月25日閲覧。
  34. ^ 著作権法第2条第1項第6号”. 2022年2月20日閲覧。
  35. ^ 文化庁「著作権テキスト令和3年版」32ページ”. 2022年2月20日閲覧。
  36. ^ 文化庁「著作権テキスト令和3年版」33ページ”. 2022年2月20日閲覧。
  37. ^ 文化庁「著作権テキスト令和3年版」33ページ”. 2022年2月20日閲覧。
  38. ^ 文化庁「著作権テキスト令和3年版」34ページ”. 2022年2月20日閲覧。
  39. ^ 文化庁「著作権テキスト令和3年版」34ページ”. 2022年2月20日閲覧。
  40. ^ 文化庁「著作権テキスト令和3年版」34ページ”. 2022年2月20日閲覧。
  41. ^ 著作権法第95条の3第3項”. 2022年3月25日閲覧。
  42. ^ 文化庁「著作権テキスト令和3年版」34ページ”. 2022年2月20日閲覧。
  43. ^ 著作権法第96条”. 2022年2月20日閲覧。
  44. ^ 文化庁「著作権テキスト令和3年版」36ページ”. 2022年2月20日閲覧。
  45. ^ 著作権法第96条の2”. 2022年3月25日閲覧。
  46. ^ 著作権法第97条の2”. 2022年3月25日閲覧。
  47. ^ 著作権法第97条の3第1項”. 2022年3月25日閲覧。
  48. ^ 著作権法第97条”. 2022年3月25日閲覧。
  49. ^ 著作権法第97条の3第3項”. 2022年3月25日閲覧。
  50. ^ 文化庁「著作権テキスト令和3年版」39ページ、41ページ”. 2022年3月25日閲覧。
  51. ^ 文化庁「著作権テキスト令和3年版」39ページ、41ページ”. 2022年3月25日閲覧。
  52. ^ 文化庁「著作権テキスト令和3年版」39ページ、41ページ”. 2022年3月25日閲覧。
  53. ^ 文化庁「著作権テキスト令和3年版」40ページ、41ページ”. 2022年3月25日閲覧。
  54. ^ 平成30年12月30日施行 環太平洋パートナーシップに関する包括的及び先進的な協定(TPP11協定)の発効に伴う著作権法改正の施行について | 文化庁” (日本語). www.bunka.go.jp. 2018年11月8日閲覧。
  55. ^ “音楽など著作権保護70年に 文化審議会改正案、TPPに対応”. 産経新聞. (2016年2月29日). http://www.sankeibiz.jp/compliance/news/160229/cpd1602290500002-n1.htm 
  56. ^ 平成28年3月8日(火)定例閣議案件
  57. ^ 閣法 第190回国会 47 環太平洋パートナーシップ協定の締結に伴う関係法律の整備に関する法律案
  58. ^ “環太平洋パートナーシップ協定の締結に伴う 関係法律の整備に関する法律案の概要”. 内閣官房. (2016年3月). https://www.cas.go.jp/jp/houan/160308/siryou1.pdf 
  59. ^ 平成30年3月27日(火)定例閣議案件
  60. ^ a b 閣法 第196回国会 62 環太平洋パートナーシップ協定の締結に伴う関係法律の整備に関する法律の一部を改正する法律案” (日本語). www.shugiin.go.jp. 2018年11月9日閲覧。
  61. ^ 環太平洋パートナーシップ協定の締結に伴う関係法律の整備に関する法律の一部を改正する法律案(内閣提出、衆議院送付):本会議投票結果:参議院” (日本語). www.sangiin.go.jp. 2018年11月9日閲覧。
  62. ^ “CPTPP underway – tariff cuts for our exporters on December 30” (英語). The Beehive. https://www.beehive.govt.nz/release/cptpp-underway-%E2%80%93-tariff-cuts-our-exporters-december-30 2018年11月9日閲覧。 
  63. ^ “違法動画、紹介サイト排除…政府が法改正を検討”. 読売新聞. (2016年4月7日). http://www.yomiuri.co.jp/national/20160407-OYT1T50090.html 
  64. ^ “平成 23 年度 知的財産権侵害対策ワーキング・グループ等 侵害対策強化事業 (リーチサイト及びストレージサイトにおける 知的財産権侵害実態調査) 報告書”. 国立大学法人 電気通信大学. (2012年3月). http://www.meti.go.jp/meti_lib/report/2012fy/E002243.pdf 
  65. ^ “国境を容易に越える侵害 マンガ海賊版の最新状況とその対策”. 集英社 知的財産課. (2015年11月15日). https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/chosakuken/kokusai/h27_02/pdf/shiryo2.pdf 
  66. ^ “国境を越えるインターネット上の知財侵害への 対応について (討議用)”. 内閣官房 知的財産戦略推進事務局. (2016年2月). https://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/tyousakai/kensho_hyoka_kikaku/2016/jisedai_tizai/dai5/siryou2.pdf 
  67. ^ “国境を越えるインターネット上の知財侵害への 対応について (討議用)”. 内閣官房 知的財産戦略推進事務局. (2016年4月). https://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/tyousakai/kensho_hyoka_kikaku/2016/jisedai_tizai/dai8/siryou1.pdf 
  68. ^ “知的財産推進計画2016”. 内閣官房 知的財産戦略推進事務局. (2016年5月9日). https://www.kantei.go.jp/jp/singi/titeki2/kettei/chizaikeikaku20160509.pdf 
  69. ^ 改正著作権法が成立 漫画・書籍など違法DLの対象拡大 21年1月1日に施行” (日本語). ITmedia NEWS. 2020年6月13日閲覧。



著作権法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/24 01:32 UTC 版)

前述したコイン複写機は、コンビニエンスストアなどに設置され事か多数の場所で利用できる。本来許諾なき複写禁じられている「著作物であっても複写許諾なく可能であるのは、著作権法第30条で、「個人または家庭内その他これに準ずる限られた範囲内」においての使用目的とする場合いわゆる私的複製」)で、専ら公衆利用のために設置されゼロックスのように文書又は図画複製に供する自動複製機器用いてコピーをする場合には、当分の間暫定措置として(同法附則第5条の2)、複写物利用する者が複写できると定められていることによるこのようなコイン複写機用いた複写図書館で行う場合には、同法30条による私的複製規定は適用されないなぜならば図書館内に所蔵する図書館資料目的物として、図書館内に管理される複写機用いた複写公的なものであり、もはや私的な範囲には当らず、また著作権法上の複製の主体資料複製希望する利用者ではなく資料管理者ある図書館あるためである。 以上から図書館において前者のようにコイン複写機用いてコピーを行う場合も、後者のようにカウンターを通じて複写申し込場合おいても、著作権法31条の要件満たした場合限り著作権者許諾なく図書館複写を行うことができる。なお、著作権者許諾得て複製した場合には、著作権法31条の要件満たさなくとも、許諾範囲内で複写を行うことが可能である図書館コイン複写機用いて資料複写する場合については、文献複写主たる権利管理団体である社団法人日本複写権センター利用者側である大学図書館団体等との話し合いを通じて、以下の要件を満たす場合には、著作権法31条の要件を満たすもの、と考えられている。 図書館文献複写のために利用者の用に供するコピー機について、管理責任者(及び運用補助者)を定める。 コピー機管理責任者は、司書またはそれに準じた者とする。 図書館は、各コピー機稼動時間定めて掲示するコピー機管理責任者は、管理するコピー機による文献複写状況随時監督できる場所で執務する。 図書館は、コピー機稼動記録を残す。 ところが、図書館職員複写サービス割けないなどの事情から、図書館側が利用者補助をさせるという建前で、実際は上記の1〜5の要件を満たすことなく利用者(または管理者としての図書館)が違法に直接複写物作成する例が多くなっている。また、複写物作成費用(=コピー代)を利用者が現在負担している所が多い。図書館利用無料原則の建前図書館法第17条からすれば、本来は図書館公的負担により利用者コピー代負担すべきものであるが、図書館予算限界と、経済的負担課すことにより利用者複写要求抑制するという考えから、負担させているものである。セルフ・コピーサービスの提供は、図書館内で、求め資料迅速に複写物入手したいという利用者要求に応えるという側面もある。 なお、著作権法30条も31条も、図書などの著作権有する者が、本来であれば第三者勝手に複写を行うことを禁止できる権利の行使を、例外的に抑えるという規定権利制限規定)に過ぎず図書館利用者複写について権利法定複製権など)を有するものではなく、単に権利者権利行使抑制の反射的利益享受するに過ぎないまた、図書などの著作物アクセスする権利は、著作権法上の規定がなく、保障されていない

※この「著作権法」の解説は、「複写」の解説の一部です。» 「複写」の概要を見る


著作権法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/25 23:54 UTC 版)

デンマーク法律によって著作権免除される文章、第三者から提供可能な画像は、英語版ドイツ語版ウィキペディアと比べて非常に少ない提供元の国の著作権法で著作権の対象とならない画像許容されるデンマーク政府による文章は、法律文等を除いて著作権法で保護の対象となる。

※この「著作権法」の解説は、「デンマーク語版ウィキペディア」の解説の一部です。» 「デンマーク語版ウィキペディア」の概要を見る


著作権法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 17:52 UTC 版)

切手の図案美術の著作物あるため、郵法のほかに、著作権法の対象となり、この点からも複製などが規制される一般に切手の図案技芸官等による職務著作であって(著作権法第15条)、その著作権日本郵便株式会社帰属するこの場合、その著作物法人著作物あるため著作権の保護期間は、公表後または創作50年である。著作権法においては引用など正当な利用として認められているが(著作権法第32条等)、切手については郵法によってこれらの利用制限受けたり、これら以外の態様利用認められる場合がある一方近年発行されているアニメーションキャラクター描いた切手などの原著権者存在する図案用いた切手については、日本郵便株式会社その原著作権者との間に職務著作の関係は成立しないため、一般に原著権者著作権が及ぶことになる。このため、著作権法において認められている引用など範囲を超える利用については、原著権者許諾が必要となる。したがって、郵法に違反しないからといって無条件に使用するのは控えた方が無難である。

※この「著作権法」の解説は、「切手」の解説の一部です。» 「切手」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

著作権法

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 01:16 UTC 版)

名詞

著作権ちょさくけんほう

  1. 著作権著作隣接権、および著作物関わるその他の事柄を規定する法律

翻訳


「著作権法」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



著作権法と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

著作権法のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



著作権法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
特許庁特許庁
Copyright © Japan Patent office and INPIT. All Rights Reserved.
www.sekidou.comwww.sekidou.com
© 1996-2022 Sekidou Kousuke.
広告転職.com広告転職.com
Copyright(C) 2022 Total Brain co., ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの著作権法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの複写 (改訂履歴)、デンマーク語版ウィキペディア (改訂履歴)、切手 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの著作権法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS