著作家とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 著作家の意味・解説 

ちょさく‐か【著作家】

読み方:ちょさくか

著作職業とする人。著述家


著作家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/21 15:05 UTC 版)

著作家(ちょさくか)とは、文章書くことを職業とする人。著述家(ちょじゅつか)、文筆家(ぶんぴつか)、作家(さっか)、小説家(しょうせつか)、執筆屋(しっぴつや)、ライター(writer)、物書き(ものかき)などともいう。




「著作家」の続きの解説一覧

著作家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/19 16:30 UTC 版)

ローリー・ホームズ」の記事における「著作家」の解説

法的な婚姻名であるローリー・ホームズ使用しホームズ死後回想録『Porn King: The Autobiography of John C. Holmes』(1998年)を上梓2012年、ベアマナー・メディアは追加資料写真掲載した『Porn King』の改訂版発行した

※この「著作家」の解説は、「ローリー・ホームズ」の解説の一部です。
「著作家」を含む「ローリー・ホームズ」の記事については、「ローリー・ホームズ」の概要を参照ください。


著作家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/17 17:05 UTC 版)

ダッハウ強制収容所」の記事における「著作家」の解説

フリッツ・ゲルリヒ Gustaw Morcinek ポーランドシレジアの作家 ハインリヒ・エドゥアルト・ヤコブ ドイツ人作家ダッハウに6ヶ月間いて、ブッヘンヴァルトに移送されるユーラ・ゾイファー 著作者1938年ダッハウに6ヶ月間いて、ブッヘンヴァルトに移送され1939年殺害されるRaoul Auernheimer 著作者ダッハウにて4カ月間収容される1938年釈放Stanisław Grzesiuk ポーランド人著作者詩人歌手1940年4月4日からダッハウにいて、後にマウトハウゼン強制収容所移送される生還Stefan Kieniewicz ポーランド人歴史学者 Stevo Žigon囚人番号:61185) セルビア人俳優演出家著作者1943年12月から1945年5月までダッハウに囚えられるTadeusz Borowski 著作者生還するが、1951年自殺する。 フランツ・ロー ドイツ人芸術家芸術史学者1933年数カ月収監される。 ロベール・アンテルム フランス人著作者 Boris Pahor スロヴェニア人著作者

※この「著作家」の解説は、「ダッハウ強制収容所」の解説の一部です。
「著作家」を含む「ダッハウ強制収容所」の記事については、「ダッハウ強制収容所」の概要を参照ください。


著作家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 14:53 UTC 版)

神戸外国人居留地」の記事における「著作家」の解説

小泉八雲ラフカディオ・ハーン)は1894年明治27年)から1896年明治29年)までの間、神戸外国人居留地活動した小泉バジル・ホール・チェンバレン紹介居留地内にあった新聞社コーベ・クロニクル(後のジャパン・クロニクルに就職し、4か月にわたり同紙社説において評論活動行った小泉が日本への帰化決意したのは神戸在住時のことである。1896年明治29年)、小泉東京帝国大学教鞭をとるため神戸去り東京へ移住したヴェンセスラウ・デ・モラエス1899年明治32年)、居留地内に設けられポルトガル副領事館に初代副領事として赴任(まもなく領事館初代領事昇進)し、1913年大正2年)まで神戸居住したモラエス1901年明治34年)から日本に関する随筆ポルトガル新聞「コメルシオ・ド・ポルト」に連載した。

※この「著作家」の解説は、「神戸外国人居留地」の解説の一部です。
「著作家」を含む「神戸外国人居留地」の記事については、「神戸外国人居留地」の概要を参照ください。


著作家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/11 16:47 UTC 版)

スティーブ・ジャクソン」の記事における「著作家」の解説

スティーブ・ジャクソン (アメリカ合衆国のゲームデザイナー) - スティーブ・ジャクソン・ゲームズ社の設立者スティーブ・ジャクソン (イギリスのゲームデザイナー) - ゲームブック火吹山の魔法使い』の共著者一人スティーブ・ジャクソン (小説家) - スコットランドスリラー作家で、『ザ・メンター』の著者

※この「著作家」の解説は、「スティーブ・ジャクソン」の解説の一部です。
「著作家」を含む「スティーブ・ジャクソン」の記事については、「スティーブ・ジャクソン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「著作家」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「著作家」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



著作家と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

著作家のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



著作家のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの著作家 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのローリー・ホームズ (改訂履歴)、ダッハウ強制収容所 (改訂履歴)、神戸外国人居留地 (改訂履歴)、スティーブ・ジャクソン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS