作詞家とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 作詞家の意味・解説 

作詞家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 18:39 UTC 版)

作詞家(さくしか)は、歌詞となる言葉を創り上げる者のこと。その中でも特に、それを生業とする者を指す。また作曲家に対して歌詞を提供する者のこと。


  1. ^ a b 井上貴子『近代インドにおける音楽学と芸能の変容』、2006年、30頁。
  2. ^ a b c 井上貴子『近代インドにおける音楽学と芸能の変容』、2006年、123頁。


「作詞家」の続きの解説一覧

作詞家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 21:00 UTC 版)

林原めぐみ」の記事における「作詞家」の解説

出演アニメ主題歌・挿入歌作詞多く手がけており、後輩である堀江由衣保志総一朗のほか、たかはしごうボーカル務めバンドのバナナギャングスに詞を提供したこともある。なお、作詞する際名義は「林原めぐみではなくMEGUMI」としている。 初の作詞は、アルバムPerfume』(1992年)に収録されている「STRAY CAT」「Growing Up」の2曲であり、以降多数楽曲作詞手がけている。また、作詞比較する稀ながら作曲も行うことがあり、アルバムIrāvatī』(1997年)に収録されている「Thirty」で初め手がけて以降、以下の7曲を手がけている(「Thirty」「幸せ小さなつみかさね」「ふわり」「旋律」「Forty」「たこやきのうた」「ドーナツのうた」)。 1998年度平成10年度)文部省検定小学校4年生音楽科教科書音楽のおくりもの4』(教育出版)に楽曲まつりうた」が初採用されており、2000年度より使用開始された。その後新たに3度検定使用期間通過しており、2013年度現在の教科書でも継続して掲載され続けている(「まつりうた」はテレビアニメ『BLUE SEED』劇中曲。本来は歌詞のない曲であったが、林原作詞をして自身のアルバムbertemu』に収録した。)。

※この「作詞家」の解説は、「林原めぐみ」の解説の一部です。
「作詞家」を含む「林原めぐみ」の記事については、「林原めぐみ」の概要を参照ください。


作詞家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/07 08:47 UTC 版)

秦建日子」の記事における「作詞家」の解説

作詞家として活動しており2005年にはCHEMISTRYキミがいる』(NTV連続ドラマ87%主題歌)の作詞を。2007年には、鈴木雅之島谷ひとみふたりでいいじゃない』(TBS連続ドラマ結婚式へ行こう!主題歌)の作詞をしている。

※この「作詞家」の解説は、「秦建日子」の解説の一部です。
「作詞家」を含む「秦建日子」の記事については、「秦建日子」の概要を参照ください。


作詞家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 07:59 UTC 版)

秋元康」の記事における「作詞家」の解説

AKB48その姉グループ(および派生ユニット)、坂道シリーズとその関連グループのほとんどの楽曲作詞手掛ける通常作詞終えた後にタイトル付けスタイル採用している。例外として美空ひばりの「川の流れのように」はタイトル先に決めて詞を書いたAKB48乃木坂46作詞は、およそ1,000曲の中から楽曲選びアレンジ完成した段階から作詞を始める。自身の作成した歌詞は「詩」ではなく「詞」と考えており、誰の口からその言葉発せられるのかを念頭に作詞しているため、多少違和感があっても、耳に残るような歌詞や声ニュアンス重視している。 作詞家のデビュー前相談も兼ねて歌詞やしきたかじん見せたところ「全然アカン、話にならん。持って帰れ」と厳しく評定された。たかじん言わせると「単なる文章であって歌詞とはいえない」という評価であった。しかし、結果的にその歌詞中からヒットする作品が出ることとなり、たかじんは「えらいことした。あの中からなんぼかもろといたらよかった」と話のタネにし、これに対して秋元も「たかじんさんはこだわりが強いから、納得できる歌詞を書くのは至難の業」と語っている。また、たかじんによるとこの時歌詞見せただけではなく秋元は「このまま放送作家だけを続けていても、せいぜい一千万数千万収入天井見えている自分このまま終わりたくない」という趣旨の相談をしていたという。それから30年あまりの時を経た2010年に、たかじん生涯最後のシングルとなったその時の空」で歌詞の提供が実現している。 秋元本人歌唱参加している楽曲一つある[要出典]。とんねるず番組スタッフから成る野猿の「First impression」のカップリング「TODAY」で、作曲後藤次利と共にスタッフとして参加した[要出典]。『とんねるずのみなさんのおかげでした』で歌の披露参加した[要出典]。 2022年時点で年に200から300曲の作詞をする。

※この「作詞家」の解説は、「秋元康」の解説の一部です。
「作詞家」を含む「秋元康」の記事については、「秋元康」の概要を参照ください。


作詞家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/11 14:12 UTC 版)

愛知県出身の文化人一覧」の記事における「作詞家」の解説

永原さくら名古屋市 西脇唯(作詞家、作曲家作家山口洋子元女優で小説家でもある。『うそ』『よこはま・たそがれ』などを作詞した五木ひろし育成した):名古屋市 LISAGO(作詞家、作曲家レコーディングディレクターシンガーソングライター竜真知子(『ハートのエースが出てこない』、『スマイル・フォー・ミー』、『夏のヒロイン』等) 有森聡美(作詞家):名古屋市

※この「作詞家」の解説は、「愛知県出身の文化人一覧」の解説の一部です。
「作詞家」を含む「愛知県出身の文化人一覧」の記事については、「愛知県出身の文化人一覧」の概要を参照ください。


作詞家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/08 04:21 UTC 版)

ロレンゾ・ライオンズ」の記事における「作詞家」の解説

彼はハワイ語堪能で多くのハワイ語の詩と賛美歌作った彼の最も有名で愛されている作品は、「私はイエスと共にすべてを残した」(I Left it All With Jesus)という曲に合わせて歌われる賛美歌ハワイ・アロハ」である。

※この「作詞家」の解説は、「ロレンゾ・ライオンズ」の解説の一部です。
「作詞家」を含む「ロレンゾ・ライオンズ」の記事については、「ロレンゾ・ライオンズ」の概要を参照ください。


作詞家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/18 07:11 UTC 版)

ティム・ライス」の記事における「作詞家」の解説

フレディ・マーキュリーソロ・アルバムバルセロナ』に収録されている「ゴールデン・ボーイ」と「フォールン・プリースト」。 ジョージ・オーウェル同名小説触発されて製作されリック・ウェイクマン作曲1981年コンセプト・アルバム1984』。 エレイン・ペイジ同名アルバム収録されている「The Second Time」、「The Last One to Leave」、「Hot As Sun」と「Falling Down to Earth」。 007シリーズ映画『007 オクトパシー』主題歌「オール・タイム・ハイ」(All Time High)、作曲ジョン・バリーと歌:リタ・クーリッジ1983年)。マレー・ヘッドの「ワン・ナイト・イン・バンコック」を手掛けている。

※この「作詞家」の解説は、「ティム・ライス」の解説の一部です。
「作詞家」を含む「ティム・ライス」の記事については、「ティム・ライス」の概要を参照ください。


作詞家

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/11 03:32 UTC 版)

ジルベール・ベコー」の記事における「作詞家」の解説

ベコーは主に3人作詞家と共に曲を作った詩人人道主義者のルイ・アマード (Louis Amade)(「プロヴァンス市場 (Les Marches de Provence)」、「バラあこがれ (L' Important C'est la Rose)」など)。 内面苦悩と絶望を多く描いた、モーリス・ヴィダラン (Maurice Vidalin)(「無関心 (L' Indifference)」など)。 感情的な緊張感テーマにした、ピエール・ドラノエ (Pierre Delanoë)(「ぼくの手 (Mes Mains)」、「そして今は (Et Maintenant)」、「ナタリー (Nathalie)」、「神の思いのままに (Je T'appartiens)」など)。 しかし、この他にもシャルル・アズナヴールをはじめ多くのアーティストから詩の提供を受けている。

※この「作詞家」の解説は、「ジルベール・ベコー」の解説の一部です。
「作詞家」を含む「ジルベール・ベコー」の記事については、「ジルベール・ベコー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「作詞家」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

作詞家

出典:『Wiktionary』 (2021/07/28 12:10 UTC 版)

名詞

   (さくしか)

  1. 歌詞作詞仕事とする専門の人

関連語

翻訳


「作詞家」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



作詞家と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

作詞家のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



作詞家のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
職業図鑑職業図鑑
All contents Copyright(C)2022 Foundation.,All rights reserved.
A six Japan職業図鑑
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの作詞家 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの林原めぐみ (改訂履歴)、秦建日子 (改訂履歴)、秋元康 (改訂履歴)、愛知県出身の文化人一覧 (改訂履歴)、ロレンゾ・ライオンズ (改訂履歴)、ティム・ライス (改訂履歴)、ジルベール・ベコー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの作詞家 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS