シンガーソングライターとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > シンガーソングライターの意味・解説 

シンガー‐ソングライター【singer-songwriter】

読み方:しんがーそんぐらいたー

ポピュラー音楽で、自分で作詞・作曲をして歌う人。


シンガー・ソングライター

作者阿久悠

収載図書恋文
出版社文化出版局
刊行年月1997.4

収載図書恋文
出版社河出書房新社
刊行年月2000.2
シリーズ名河出文庫


シンガーソングライター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/14 06:37 UTC 版)

シンガーソングライター: singer-songwriter)は、ポピュラー音楽において、歌手が楽曲制作(作詞作曲等)を自ら行うソロ形態を指す。音楽論評などではSSWと表記される場合もある。


注釈

  1. ^ たとえば、後述の林伊佐緒と同世代の藤山一郎は、作曲の仕事も多数行っており「ラジオ体操のうた」をはじめ自ら歌唱した曲も存在するが、藤山のヒット曲の数々は他人の作曲であり藤山が「シンガーソングライター」といわれることはほとんどなかった。

出典

  1. ^ a b c d e f g h i j k 『W100 シンガー・ソングライター 今という時代を探る』、シンコーミュージック・エンタテイメント、2011年、p4-9、214-217
  2. ^ a b 『Disc Collection 日本の女性シンガー・ソングライター』、シンコーーミュージック・エンタテイメント、2013年、p2
  3. ^ Carole King(キャロル・キング)|発売50周年記念!1971年発売『つづれおり』(原題:Tapestry)が、モービル・フィデリティ社の究極のアナログ盤規格「ULTRADISC ONE-STEP」×「MoFi SuperVinyl」で復刻!
  4. ^ 「レコード・コレクターズ 2010年3月号、ミュージックマガジン、p41-97
  5. ^ シンガー・ソングライター(SSW)の源流 ジェイムス・テイラーが集大成ライブ・アルバム『ワン・マン・バンド』発表
  6. ^ a b 『新譜ジャーナル・ベストセレクション'70s』、自由国民社、2003年、p88
  7. ^ a b c 200CDフォーク編集委員会編『200CD フォーク』、立風書房、2003年、p2、12-33、118-215
  8. ^ a b 俺たちのビートルズを熱く語ろう(1) |アサ芸プラス
  9. ^ a b c d e f 清川仁 (2015年8月6日). “戦後70年 ここから変わった(4)…シンガー・ソングライター”. 読売新聞 (YOMIURI ONLINE). オリジナルの2015年10月23日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20151022141137/http://www.yomiuri.co.jp/culture/news/20150806-OYT8T50105.html 2015年10月23日閲覧。 
  10. ^ ボブ・ディラン追いかけ50年…吉田拓郎と井上陽水の現在
  11. ^ a b c レコード・コレクターズ5月号増刊<レココレ・アーカイブス5>2010年5月1日発行、ミュージックマガジン、p25 - 29
  12. ^ a b 寺岡呼人「Baton」発売記念特集 寺岡呼人×桜井和寿(Mr.Children)対談
  13. ^ a b c 『ロック&ポップス名曲徹底ガイド(3) 1970-74年編』音楽出版社、2006年、19頁。 
  14. ^ a b 『スタンダード・ヴォーカル名曲徹底ガイド 上巻』音楽出版社、2006年、101頁。 
  15. ^ 『スタンダード・ヴォーカル名曲徹底ガイド 上巻』音楽出版社、2006年、52頁。 
  16. ^ 『歌謡の百年』 第 6巻 戦後の歌、監修堀内敬三、レコード制作 日本ビクター実業之日本社、1969年、p35
  17. ^ ビリー諸川『昭和浪漫 ロカビリー』 平凡社、2005年、140頁
  18. ^ a b ビートルズ・日本・イギリス - www.ritsumei.ac.jp
  19. ^ 加山雄三『若大将の履歴書』、日本経済新聞出版社、2010年、p100、101
  20. ^ ニューミュージック・マガジン」1972年5月号、p48、49
  21. ^ スポーツニッポン、2010年7月11日7面
  22. ^ a b 岩谷時子ヒット曲生み続けた「92年の幸せな生涯独身」加山雄三に100曲以上の詞とは驚いた
  23. ^ a b c ロック激動のイヤー、1969年にタイムスリップ! 私の1969 - 第2回 萩原健太
  24. ^ a b 小川博司『メディア時代の音楽と社会』、音楽之友社、1993年、p143
  25. ^ 長田暁二『歌でつづる20世紀』、ヤマハミュージックメディア、2003年、p194、195
  26. ^ a b 田家秀樹/Rolling Stone Japan 編集部 (2020年7月27日). “吉田拓郎と井上陽水、1970年代のライブアルバムを振り返る”. Rolling Stone Japan. ネコ・パブリッシング. 2021年10月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月26日閲覧。
  27. ^ a b 田中隆信 (2021年6月7日). “インタビュー ラジオDJ・赤坂泰彦が語る、吉田拓郎と谷村新司が変えたフォークソングのイメージ”. HOMINIS. スカパーJSAT. 2021年8月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2021年10月26日閲覧。
  28. ^ 『歌謡ポップス・クロニクル』小西康陽近田春夫阿久悠鈴木慶一サエキけんぞう他、アスペクト、1998年、27、89、120
  29. ^ 高平哲郎『みんな不良少年だった』、河出書房新社、1985年、p142
  30. ^ a b 『1970音楽人大百科 日本のフォーク/ニューミュージック/ロック』、学習研究社、1994年、p20-21、31、52、53
  31. ^ 映画秘宝』、2012年1月号、洋泉社、p79
  32. ^ 阿川佐和子『阿川佐和子の会えばドキドキ この人に会いたい 7』、文藝春秋、2009年、p53
  33. ^ a b “吉田拓郎インタビュー”. 日経電子版 WEB GOETHE (日本経済新聞). (2012年). オリジナルの2010年8月3日時点におけるアーカイブ。. https://archive.fo/qYfl 2020年12月27日閲覧。 
  34. ^ a b 佐高信対談集 『佐高信の丁々発止』、七つ森書館、2006年、p362-363
  35. ^ a b 【コラム】木田高介の果たした大きな役割|HMV ONLINE
  36. ^ 『フォークソングの時代』 曲目メモ by 森山良子 - ハイレゾ音源配信サイト、谷村さんの投稿 吉田拓郎登場!! - 谷村新司 - Shinji Tanimura Official site。
  37. ^ a b 島崎今日子「ジャスト・ア・Ronin 吉田拓郎」 『安井かずみがいた時代』集英社、2013年、282-283頁。 
  38. ^ a b 重見吉徳 (2020年10月16日). “吉田拓郎と重なる 中銀の投資家救済”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). オリジナルの2020年10月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20201016120416/https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65008910U0A011C2000000/ 2021年10月26日閲覧。 
  39. ^ a b ニューミュージック・マガジン」1972年5月号、p58
  40. ^ a b 伊藤仁康『爆発するロック』ブロンズ社、1972年、p82 - 84
  41. ^ guts、表現技術出版、1973年1月、p30
  42. ^ あがた森魚が語る「ベルウッド・レコード」と、伝える技術の話 -インタビュー
  43. ^ Museum of Modern Music70'sバイブレーション! なぎら健壱インタビューp3(archive)なぎら健壱インタビューp4(archive)吉田拓郎が日本のフォークソングに与えた偉大なる影響発売1ヶ月で40万枚を売り上げた吉田拓郎のメジャーデビュー作『元気です。』第105回:「ロックと日本の60年」第6章 クイーンを筆頭に、まばゆきロック・アイドルの時代へ【コラム】木田高介の果たした大きな役割|HMV ONLINE
  44. ^ a b c d 『ニューミュージック白書』、エイプリル・ミュージック、1977年、p43、74、75、113、146
  45. ^ 第88回 村井 邦彦 氏 |Musicman-NET 6. ユーミンとの出会いとスタジオA
  46. ^ インタビュー |ヤマハイベントヒストリー |YAMAHA
  47. ^ 古茂田信男『新版 日本流行歌史 下』、社会思想社、1995年、p127、128
  48. ^ 『歌謡の百年』 第 7巻 現代の歌、監修堀内敬三、レコード制作 日本ビクター実業之日本社、1969年、p22、AM1134kHz 文化放送 JOQR
  49. ^ BS朝日「伝説のメロディ 蘇る!日本のフォーク フォークル、岡林信康、吉田拓郎、かぐや姫・・・」
  50. ^ 陣馬虫太郎『70's STAR・DUST』、ヒット出版社、1996年、p113
  51. ^ a b 新人アーティスト・キンモクセイを紐解く“歌謡ロック”講座 / BARKS 特集
  52. ^ a b c d 『ロック・クロニクル・ジャパンVol.2 1981-1999』、音楽出版社、1999年、p22 - 24、52-54
  53. ^ 70年代のフォークを語ろう - シニアコム.JP音楽CD検定公式ガイドブック下巻 (CDジャーナルムック) p111NIKKEI Digital Coreなんでも答えます、音楽のギモン! - BEHIND THE MELODY .2013年05月21日.. - J-Wave百恵と淳子、身を削って提供された作品 |アサ芸プラス「チャート自体に大きな宣伝力がある」牧村憲一(音楽プロデューサー)インタビュー(Billboard JAPAN)(※井上陽水のアルバム『氷の世界』が100万枚を売り上げたのは1975年8月)、野地秩嘉『芸能ビジネスを創った男』、新潮社、2006年、p155-160、金子修介『失われた歌謡曲』、小学館、1999年、p86-93
  54. ^ 『軟派昭和史』、スポーツニッポン新聞社文化部、1975年、p297 - 299、牧村憲一『ニッポン・ポップス・クロニクル 1969-1989』スペースシャワーブックス、2013年、p70 - 71
  55. ^ a b 日本のフォークソングとその時代 |伊藤 真弓 |明治大学リバティアカデミー
  56. ^ 「シンガーソングライター夢の名曲大全集」 (NHK BS-2、2001年12月21日放送)第68回 吉田 建 氏 7 |Musicman-NET
  57. ^ a b 「作家で聴く音楽」第六回 松井五郎
  58. ^ まよなかしんや|やいま×インタビュー - 石垣島発八重山ポータル 好きな男性シンガーソングライターランキング - 音楽ランキング - goo 好きな女性シンガーソングライターランキング - 音楽ランキング - goo シンガー・ソングライター
  59. ^ 週刊ポスト、2008年8月1日号、p57
  60. ^ ポプコン・エイジ・クロニクル1975 - 1977Musicman'sリレー
  61. ^ a b 田家秀樹『読むJ-POP 1945-1999私的全史』、徳間書店、1999年、p154-193
  62. ^ a b 富澤一誠(監修)『ニューミュージックの本/日本のフォーク&ロック』、共同通信社、1978年、p40、41、45-50、146、『エイティーズ』、河出書房新社、1990年、p136-141
  63. ^ a b 「作家で聴く音楽」第二十回 大貫妙子 - JASRAC
  64. ^ 北中正和『にほんのうた―戦後歌謡曲史』、新潮社、1995年、186-189、『別冊太陽 日本のロック 50's~90's』、平凡社、1993年、p120、ライナーノーツ|EMI ROCKS The First - EMIミュージック・ジャパン“生き様”を“音”に変換 リアル・ロックヴォーカリスト 亜矢 / BARKS 特集
  65. ^ 鈴木勝生『風に吹かれた神々』、シンコー・ミュージック、1987年、p146-153
  66. ^ ポピュラーソングコンテスト |イベントヒストリー |財団法人ヤマハ
    LIVE!!POPCON HISTORY Ⅵ つま恋本選会
  67. ^ 富澤一誠『青春のバイブル』、シンコー・ミュージック、p160
    和田誠『和田誠インタビュー その三』、話の特集、1989年、p122-142
  68. ^ なかにし礼 時には娼婦のように 世間の常識にノン - インタビュー 音楽のギモン! こんにちは! 亀田誠治です。「BEHIND THE MELODY ~FM KAMEDA」2013年05月21日
  69. ^ 由紀さおり 紫綬褒章に「長く歌ってきたご褒美」 - スポニチ Sponichi
  70. ^ 週刊朝日、1981年1月23日号、p39、jinz bar - 前田 仁の「歌たちよ、どうもありがとう」第1回
  71. ^ 「作家で聴く音楽」 及川眠子 - JASRAC
  72. ^ guts、表現技術出版、1973年1月、p25
  73. ^ 所ジョージ |web R25
  74. ^ サンデー毎日、1981年6月14日号、p160
  75. ^ a b 週刊サンケイ、1981年1月22日号、p162
  76. ^ 大橋節夫/ベスト・オブ・大橋節夫 倖せはここに~オリジナル・ヒット集
    Essay ~レコードと私~
    荒木一郎(Araki Ichiro)
    美輪明宏 音楽会〈愛〉 - コンサート |Yamaguchi cross STYLE 遊ちょるnet
    LIVING LEGEND 伝説人 Vol.3 長谷川きよし|WEBマガジン e-days
    小室等 INTERVIEWCPRA 実演家著作隣接権センター
    オリコン芸能人事典-ORICON STYLE よしだたくろう
  77. ^ 『関口宏の昭和青春グラフィティ』、BS-TBS、2011年8月30日放送 昭和のフォークソング「フォークソングは僕らの魂の叫びだった」
  78. ^ 「フォーク名盤100選」 『FOLK LIFE倶楽部 vol.1―大人のための“フォーク”マガジン』オークラ出版〈OAK MOOK 183〉、75頁。ISBN 978-4-7755-1086-5 
  79. ^ 『別冊一億人の昭和史 昭和の流行歌手』 毎日新聞社、1978年、p86
  80. ^ 阿久悠和田誠『A面B面』文藝春秋、1985年 → 筑摩書房、1999年、p260
  81. ^ 『A面B面』、p281
  82. ^ さいたさいたちゅーりっぷの花 - 日本チューリップ協会公式サイト
  83. ^ 川内康範氏、独占手記「森は歌の心がわからない」 - ZAKZAK
  84. ^ 佐野元春のザ・ソングライターズ - Moto's Web Server
  85. ^ 「作家で聴く音楽」 宇崎竜童
  86. ^ YUI、女性シンガー・ソングライター2人目の5作連続首位 宇多田以来6年ぶりの快挙
    加藤ミリヤが宇多田ヒカル以来となる快挙達成 ニュース-ORICON STYLE
  87. ^ 音楽学校 東京の音楽学校 英国音楽大学と提携 音楽専門校国立音楽院
    音楽学校:マックミュージックスクール |シンガーソングライター科
    ヤマハ渋谷店3F 音楽教室 シンガーソングライターコース |その他 ...
  88. ^ 市井紗耶香5年ぶり子連れ復帰“モー烈”反響と不安 - 芸能 - ZAKZAK
  89. ^ 中村あゆみ 日本を代表する男性シンガーソングライターの名曲をカバー
  90. ^ “ポールさん武道館公演 2年ぶり、ファン1万人熱狂”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2017年4月25日). https://www.nikkei.com/article/DGXLZO15749240V20C17A4000000/ 2017年10月3日閲覧。 
  91. ^ 20100221|LIVE|阿部真央オフィシャルサイト
    記念対談(シンガーソングライター 清水翔太さん) |八尾市
    Special -これまでの放送&more- アンジェラ・アキ |こころの遺伝子
    PROFILE - 植村花菜 Official web site
    秋元康のお墨付き! 札幌の女子高生シンガー・ソングライター
    asahi.com(朝日新聞社):ケータイユーザーが注目するのは、19歳の美少女シンガーソングライター
    史上最年少のシンガーソングライター『水谷ゆう』Debut ... - リアルライブ
    スポーツニッポン、2011年6月12日29面
  92. ^ プロフィール |やもり(森山良子と矢野顕子)オフィシャルホームページ
    ラジオデイズ : 対談・講演 |3 大貫妙子の世界(2)
    シンガー・ソングライター 遠藤賢司/いまこの人/デイリースポーツ online
    佐渡山豊ブログ 沖縄シンガーソングライターといえば
    南佳孝INTERVIEWCPRA 実演家著作隣接権センター小坂明子公式サイト【MUCAL】
    嘉門 達夫 TATSUO KAMON
    関口誠人 超個人的日記
    シンガーソングライター馬場俊英さんインタビュー(前編) |MYLOHAS
  93. ^ =TOP=ofUEMURA KANA(Internet Archive)


「シンガーソングライター」の続きの解説一覧

シンガーソングライター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/25 13:57 UTC 版)

ファクンド・カブラル」の記事における「シンガーソングライター」の解説

地方の町で歌を歌い始める1954年2月旅人から「山上の垂訓」の話を聴き感銘を受けララバイ「Vuele bajo, y empezó todo」を作曲した1959年にはアタウアルパ・ユパンキJosé Teodoro Larraldeにあこがれギター弾きフォルクローレ歌い始めるマル・デル・プラタたどり着きホテル求人応募したところ、オーナーが彼がギターを持っているのを見て歌手として採用された最初芸名El Indio Gasparino”でレコード出した売れず1970年本名で「No soy de aquí, ni soy de allá」を発表し大ヒットする。この歌は9ヶ国語発売されAlberto Cortezフリオ・イグレシアスPedro Vargasニール・ダイアモンド等にカバーされた。 No soy de aquí, ni soy de allá (Ferrocabral テアトロ・レヒナでのライブ1984)の歌詞 Me gusta el sol, Alicia y las palomas, 太陽好きだ、アリシア達も、 el buen cigarro y la guitarra espanola, 旨い葉巻スパニッシュギターも。 saltar paredes y abrir las ventanas 壁を乗り越え窓を開けるsi cuando llora una mujer. 一人の女が泣く時は。 Me gusta el vino tanto como las flores ワイン好きだ、花と同じくらいに y los conejos y los viejos pastores それにウサギ達も年老いた牧師達も。 el pan casero y la voz de Dolores 自家製パンドローレスの声 y el mar mojandome los pies. そして波に足を洗われて。 No soy de aquí, ni soy de allá 俺はここの者ではないし、向こうのでもない no tengo edad, ni porvenirもとらないし、未来もない y ser feliz es mi color de identidad そして幸せでいることが俺らしさ。 Me gusta estar tirado siempre en la arena 砂浜横たわるのがいい、 y en bicicleta perseguir a Manuela 自転車マニュエラ追いかけるのも、 y todo el tiempo para ver las estrellas ずうっと星空見つめるのもいい con la María en el trigal マリア一緒にトーモロコシ畑で。 No soy de aquí, ni soy de allá 俺はここの者ではないし、向こうのでもない no tengo edad, ni porvenirもとらないし、未来もない y ser feliz es mi color de identidad そして幸せでいることが俺らしさ。 Despues de andar la maravilla del mundo, ながらく美しい世界旅したmo hay nada como regresar a patria, 生まれ故郷戻れる事ほど素晴らし事はない。 y compartir la libertad que di gente そしてみんなからもらった自由を味わえるtan cara tuvo que pagar. 多くの犠牲はらって得た自由を。

※この「シンガーソングライター」の解説は、「ファクンド・カブラル」の解説の一部です。
「シンガーソングライター」を含む「ファクンド・カブラル」の記事については、「ファクンド・カブラル」の概要を参照ください。


シンガーソングライター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/19 14:45 UTC 版)

レナード・コーエン」の記事における「シンガーソングライター」の解説

コーエンピート・シーガー、トム・パクストン、フィル・オクス、グレアム・オールライトらと同様社会派ブロードサイド・バラッドを歌う歌手として位置づけられていた。4作目詩集『Parasites of Heaven』(1966年)に収められた「スザンヌ」が同年11月ジュディ・コリンズによってカバーされる。それがコロムビア・レコードボブ・ディランプロデューサー務めていたジョン・ハモンド目に止まりアメリカでコーエンレコード・デビュー決まる。1967年12月27日デビュー・アルバムレナード・コーエンの唄』を発表商業的なヒットとはならないも、シンガーソングライターとしてコーエンの名を広く知らしめた。 1960年代から禅に傾倒しロサンゼルス近郊のマウント・ボールディ禅センター佐々木承周(英語版)に師事する1975年お忍びで来日するが、公演実現していない。京都禅寺などを見て回り新・都ホテル滞在した2016年11月10日自身のフェイスブックにて死去したことが公表された82歳没。

※この「シンガーソングライター」の解説は、「レナード・コーエン」の解説の一部です。
「シンガーソングライター」を含む「レナード・コーエン」の記事については、「レナード・コーエン」の概要を参照ください。


シンガーソングライター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 06:46 UTC 版)

フォークロック」の記事における「シンガーソングライター」の解説

ゴードン・ギルトラップ 英国著名なギタリスト1948年生まれフォークロック以外にもフォークロックブルースなど、多彩な分野活動している。 ドノヴァン リチャード・トンプソン フェアポート・コンヴェンション創設メンバー一人フォークロックギタリストとして著名ロイ・ハーパー 英国アーティストヴィグラス&オズボーン アンディ・ホワイト シンガーソングライター。1962年北アイルランドベルファスト生まれ1985年デビューヴァン・モリソン チーフタンズフォークロック楽曲共同制作している。 ディック・ゴーハン 英国フォークフォークロックミュージシャンユアン・マッコール 英国フォークロックミュージシャンエイミー・マクドナルド 1987年生まれスコットランド出身のシンガーソングライター。

※この「シンガーソングライター」の解説は、「フォークロック」の解説の一部です。
「シンガーソングライター」を含む「フォークロック」の記事については、「フォークロック」の概要を参照ください。


シンガーソングライター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 08:52 UTC 版)

江﨑夢」の記事における「シンガーソングライター」の解説

バラードを中心に、少し懐かしさ感じ楽曲制作し、自ら歌う。自身メンバー務める「Dream Zone」への楽曲提供行っている

※この「シンガーソングライター」の解説は、「江﨑夢」の解説の一部です。
「シンガーソングライター」を含む「江﨑夢」の記事については、「江﨑夢」の概要を参照ください。


シンガー・ソングライター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/09 07:06 UTC 版)

谷村有美」の記事における「シンガー・ソングライター」の解説

1987年昭和62年11月21日シングルNot For SaleアルバムBelieve In同日リリースデビュー。 1998年平成10年)末より約2年歌手活動休業理由は「デビューしてから十数年走り続けて疲れたまっていた」影響で曲が書けなくなった」。具体的に1997年2月武道館コンサート後からそれまでどんなに忙しくて疲れるってことなかったのに、なるものなくなったというか音楽楽しめなくなってしまって」「食欲もなくなって体重減って体調を崩してしまった」「これ以上自分にウソつきなが音楽作っていくことはできない思って休業宣言したんです」と、活動再開後本人雑誌インタビューにて当時心境明かしている。 休養期間2年間は単身渡米ボイストレーニングに励む。プライベートでは運転免許取得のため石垣島に合宿教習に赴き、数多く海外旅行行ったり、かなり活発に動き回っていた。そのため休養期間中に過労3回倒れたちなみにその合宿教習中の空き時間に、当初30分だけの暇つぶし」のつもりで入ったカラオケボックス結局一人で5時間半歌い続けてしまったことで、自らにとっての歌の存在価値再確認し、歌手活動再開するきっかけとなった後に語る。これらを経て「生活すべてから歌生まれ音楽自然に生活の中にある」という本来の姿戻り活動再開決め、現在も楽しみながら音楽に取組んでいると語る。 なお休業中も、臍帯血バンク支援のチャリティーとして1999年・2000年に「Pacific Heaven Club Band」(KANスターダストレビュー森高千里など、アップフロントグループ所属アーティスト参加)のアリーナ・ツアー出演1999年には阪神・淡路大震災倒壊した神戸国際会館復興祝しジョー・サンプル共演するなど、一部活動について継続していた(震災直後大阪公演手作り募金箱募金呼びかけ以後番組を通じ支援続けた)。 2000年平成12年10月から活動再開

※この「シンガー・ソングライター」の解説は、「谷村有美」の解説の一部です。
「シンガー・ソングライター」を含む「谷村有美」の記事については、「谷村有美」の概要を参照ください。


シンガー・ソング・ライター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/18 17:27 UTC 版)

酒井由紀子」の記事における「シンガー・ソング・ライター」の解説

2006年インターネットサイトYAMAHAプレイヤーズ王国ピックアップアーティスト選出される2007年携帯着うたサイト「Nex-tune」で「しあわせにつづくみち」が1位に。 2007年2月さっぽろ雪まつり出演2007年9月網走小学校3年生の詩による「おでんのうた」リリース2008年1月東京国際フォーラムにて「おでんのうた」披露2008年2月テレビ朝日系恐竜キングエンディングテーマ「フニフニザウルス」歌唱。4/23CD全国リリース

※この「シンガー・ソング・ライター」の解説は、「酒井由紀子」の解説の一部です。
「シンガー・ソング・ライター」を含む「酒井由紀子」の記事については、「酒井由紀子」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「シンガーソングライター」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「シンガーソングライター」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シンガーソングライター」の関連用語

シンガーソングライターのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



シンガーソングライターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシンガーソングライター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのファクンド・カブラル (改訂履歴)、レナード・コーエン (改訂履歴)、フォークロック (改訂履歴)、江﨑夢 (改訂履歴)、谷村有美 (改訂履歴)、酒井由紀子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS