シンガーソングライターとは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > シンガーソングライターの意味・解説 

シンガーソングライター [8] 【singer-songwriter】

ポピュラー音楽で,自分作詞作曲した曲を歌う歌手

シンガー・ソングライター

作者阿久悠

収載図書恋文
出版社文化出版局
刊行年月1997.4

収載図書恋文
出版社河出書房新社
刊行年月2000.2
シリーズ名河出文庫


シンガーソングライター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/20 20:20 UTC 版)

シンガーソングライター(singer-songwriter)とは、ポピュラー・ミュージックにおいて、歌手が楽曲制作(作詞作曲等)を自ら行う形態を指す。音楽論評などではSSWと表記される場合もある。


  1. ^ a b c d e f g h i j k 『W100 シンガー・ソングライター 今という時代を探る』、シンコーミュージック・エンタテイメント、2011年、p4-9、214-217
  2. ^ a b 『Disc Collection 日本の女性シンガー・ソングライター』、シンコーーミュージック・エンタテイメント、2013年、p2
  3. ^ 「レコード・コレクターズ 2010年3月号、ミュージックマガジン、p41-97
  4. ^ シンガー・ソングライター(SSW)の源流 ジェイムス・テイラーが集大成ライブ・アルバム『ワン・マン・バンド』発表
  5. ^ a b 『新譜ジャーナル・ベストセレクション'70s』、自由国民社2003年、p88
  6. ^ a b c 200CDフォーク編集委員会編『200CD フォーク』、立風書房2003年、p2、12-33、118-215
  7. ^ a b 俺たちのビートルズを熱く語ろう(1) | アサ芸プラス
  8. ^ a b c d e f 清川仁 (2015年8月6日). “戦後70年 ここから変わった(4)…シンガー・ソングライター”. 読売新聞 (YOMIURI ONLINE). オリジナルの2015年10月23日時点によるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20151022141137/http://www.yomiuri.co.jp/culture/news/20150806-OYT8T50105.html 2015年10月23日閲覧。 
  9. ^ ボブ・ディラン追いかけ50年…吉田拓郎と井上陽水の現在
  10. ^ a b c レコード・コレクターズ5月号増刊<レココレ・アーカイブス5>2010年5月1日発行、ミュージックマガジン、p25 - 29
  11. ^ a b c 『ロック&ポップス名曲徹底ガイド(3) 1970-74年編』 音楽出版社、2006年、19頁。
  12. ^ a b 『スタンダード・ヴォーカル名曲徹底ガイド 上巻』 音楽出版社、2006年、101頁。
  13. ^ 『スタンダード・ヴォーカル名曲徹底ガイド 上巻』 音楽出版社、2006年、52頁。
  14. ^ 『歌謡の百年』 第 6巻 戦後の歌、監修堀内敬三、レコード制作 日本ビクター実業之日本社1969年、p35
  15. ^ ビリー諸川『昭和浪漫 ロカビリー』 平凡社2005年、140頁
  16. ^ a b ビートルズ・日本・イギリス - www.ritsumei.ac.jp
  17. ^ 加山雄三『若大将の履歴書』、日本経済新聞出版社2010年、p100、101
  18. ^ ニューミュージック・マガジン」1972年5月号、p48、49
  19. ^ スポーツニッポン、2010年7月11日7面
  20. ^ a b 岩谷時子ヒット曲生み続けた「92年の幸せな生涯独身」加山雄三に100曲以上の詞とは驚いた
  21. ^ a b c ロック激動のイヤー、1969年にタイムスリップ! 私の1969 - 第2回 萩原健太
  22. ^ a b 小川博司『メディア時代の音楽と社会』、音楽之友社1993年、p143
  23. ^ 長田暁二『歌でつづる20世紀』、ヤマハミュージックメディア、2003年、p194、195
  24. ^ 『歌謡ポップス・クロニクル』小西康陽近田春夫阿久悠鈴木慶一サエキけんぞう他、アスペクト、1998年、27、89、120
  25. ^ 高平哲郎『みんな不良少年だった』、河出書房新社1985年、p142
  26. ^ a b 『1970音楽人大百科 日本のフォーク/ニューミュージック/ロック』、学習研究社、1994年、p20-21、31、52、53
  27. ^ 映画秘宝』、2012年1月号、洋泉社、p79
  28. ^ 阿川佐和子『阿川佐和子の会えばドキドキ この人に会いたい 7』、文藝春秋、2009年、p53
  29. ^ 日経電子版 WEB GOETHE |ウェブ ゲーテ 吉田拓郎インタビュー
  30. ^ a b 佐高信対談集 『佐高信の丁々発止』、七つ森書館、2006年、p362-363
  31. ^ a b 【コラム】木田高介の果たした大きな役割|HMV ONLINE
  32. ^ 『フォークソングの時代』 曲目メモ by 森山良子 - ハイレゾ音源配信サイト、井上陽水、唯一無二の世界観で魅せた「UNITED COVER2」東京公演 - musicvoice、谷村さんの投稿 吉田拓郎登場!! - 谷村新司 - Shinji Tanimura Official site。
  33. ^ a b 島崎今日子『安井かずみがいた時代』集英社、2013年、p282-283
  34. ^ a b ニューミュージック・マガジン」1972年5月号、p58
  35. ^ a b 伊藤仁康『爆発するロック』ブロンズ社、1972年、p82 - 84
  36. ^ guts、表現技術出版、1973年1月、p30
  37. ^ あがた森魚が語る「ベルウッド・レコード」と、伝える技術の話 -インタビュー
  38. ^ Museum of Modern Music70'sバイブレーション! なぎら健壱インタビューp3(archive)なぎら健壱インタビューp4(archive)吉田拓郎が日本のフォークソングに与えた偉大なる影響発売1ヶ月で40万枚を売り上げた吉田拓郎のメジャーデビュー作『元気です。』第105回:「ロックと日本の60年」第6章 クイーンを筆頭に、まばゆきロック・アイドルの時代へ【コラム】木田高介の果たした大きな役割|HMV ONLINE
  39. ^ a b c d 『ニューミュージック白書』、エイプリル・ミュージック、1977年、p43、74、75、113、146
  40. ^ 第88回 村井 邦彦 氏 | Musicman-NET 6. ユーミンとの出会いとスタジオA
  41. ^ インタビュー | ヤマハイベントヒストリー | YAMAHA
  42. ^ 古茂田信男『新版 日本流行歌史 下』、社会思想社1995年、p127、128
  43. ^ 『歌謡の百年』 第 7巻 現代の歌、監修堀内敬三、レコード制作 日本ビクター実業之日本社1969年、p22、AM1134kHz 文化放送 JOQR
  44. ^ BS朝日「伝説のメロディ 蘇る!日本のフォーク フォークル、岡林信康、吉田拓郎、かぐや姫・・・」
  45. ^ 陣馬虫太郎『70's STAR・DUST』、ヒット出版社、1996年、p113
  46. ^ a b 新人アーティスト・キンモクセイを紐解く“歌謡ロック”講座 / BARKS 特集
  47. ^ a b c d 『ロック・クロニクル・ジャパンVol.2 1981-1999』、音楽出版社1999年、p22 - 24、52-54
  48. ^ 70年代のフォークを語ろう - シニアコム.JP音楽CD検定公式ガイドブック下巻 (CDジャーナルムック) p111NIKKEI Digital Coreなんでも答えます、音楽のギモン! - BEHIND THE MELODY .2013年05月21日.. - J-Wave百恵と淳子、身を削って提供された作品 | アサ芸プラス「チャート自体に大きな宣伝力がある」牧村憲一(音楽プロデューサー)インタビュー(Billboard JAPAN)(※井上陽水のアルバム『氷の世界』が100万枚を売り上げたのは1975年8月)、野地秩嘉『芸能ビジネスを創った男』、新潮社2006年、p155-160、金子修介『失われた歌謡曲』、小学館、1999年、p86-93
  49. ^ 『軟派昭和史』、スポーツニッポン新聞社文化部1975年、p297 - 299、牧村憲一『ニッポン・ポップス・クロニクル 1969-1989』スペースシャワーブックス、2013年、p70 - 71
  50. ^ a b 日本のフォークソングとその時代 | 伊藤 真弓 | 明治大学リバティアカデミー
  51. ^ 「シンガーソングライター夢の名曲大全集」 (NHK BS-2、2001年12月21日放送)第68回 吉田 建 氏 7 | Musicman-NET
  52. ^ a b 「作家で聴く音楽」第六回 松井五郎
  53. ^ まよなかしんや|やいま×インタビュー - 石垣島発八重山ポータル 好きな男性シンガーソングライターランキング - 音楽ランキング - goo 好きな女性シンガーソングライターランキング - 音楽ランキング - goo シンガー・ソングライター
  54. ^ 週刊ポスト、2008年8月1日号、p57
  55. ^ ポプコン・エイジ・クロニクル1975 - 1977Musicman'sリレー
  56. ^ a b 田家秀樹『読むJ-POP 1945-1999私的全史』、徳間書店、1999年、p154-193
  57. ^ a b 富澤一誠(監修)『ニューミュージックの本/日本のフォーク&ロック』、共同通信社、1978年、p40、41、45-50、146、『エイティーズ』、河出書房新社、1990年、p136-141
  58. ^ a b 「作家で聴く音楽」第二十回 大貫妙子 - JASRAC
  59. ^ 北中正和『にほんのうた―戦後歌謡曲史』、新潮社、1995年、186-189、『別冊太陽 日本のロック 50's~90's』、平凡社、1993年、p120、ライナーノーツ|EMI ROCKS The First - EMIミュージック・ジャパン“生き様”を“音”に変換 リアル・ロックヴォーカリスト 亜矢 / BARKS 特集
  60. ^ 鈴木勝生『風に吹かれた神々』、シンコー・ミュージック、1987年、p146-153
  61. ^ ポピュラーソングコンテスト | イベントヒストリー | 財団法人ヤマハ
    LIVE!! POPCON HISTORY Ⅵ つま恋本選会
  62. ^ 富澤一誠『青春のバイブル』、シンコー・ミュージック、p160
    和田誠『和田誠インタビュー その三』、話の特集、1989年、p122-142
  63. ^ なかにし礼 時には娼婦のように 世間の常識にノン - インタビュー 音楽のギモン! こんにちは! 亀田誠治です。「BEHIND THE MELODY ~FM KAMEDA」2013年05月21日
  64. ^ 由紀さおり 紫綬褒章に「長く歌ってきたご褒美」 - スポニチ Sponichi
  65. ^ 週刊朝日、1981年1月23日号、p39、jinz bar - 前田 仁の「歌たちよ、どうもありがとう」第1回
  66. ^ 「作家で聴く音楽」 及川眠子 - JASRAC
  67. ^ guts、表現技術出版、1973年1月、p25
  68. ^ 所ジョージ | web R25
  69. ^ サンデー毎日、1981年6月14日号、p160
  70. ^ a b 週刊サンケイ、1981年1月22日号、p162
  71. ^ 大橋節夫/ベスト・オブ・大橋節夫 倖せはここに~オリジナル・ヒット集
    Essay ~レコードと私~
    荒木一郎(Araki Ichiro)
    美輪明宏 音楽会〈愛〉 - コンサート | Yamaguchi cross STYLE 遊ちょるnet
    LEGEND 伝説人 Vol.3 長谷川きよし|WEBマガジン e-days
    小室等 INTERVIEWCPRA 実演家著作隣接権センター
    オリコン芸能人事典-ORICON STYLE よしだたくろう
  72. ^ 『関口宏の昭和青春グラフィティ』、BS-TBS、2011年8月30日放送 昭和のフォークソング「フォークソングは僕らの魂の叫びだった」
  73. ^ 『別冊一億人の昭和史 昭和の流行歌手』 毎日新聞社、1978年、p86
  74. ^ 阿久悠和田誠『A面B面』文藝春秋、1985年 → 筑摩書房、1999年、p260
  75. ^ 『A面B面』、p281
  76. ^ さいたさいたちゅーりっぷの花 - 日本チューリップ協会公式サイト
  77. ^ 川内康範氏、独占手記「森は歌の心がわからない」 - ZAKZAK
  78. ^ 佐野元春のザ・ソングライターズ - Moto's Web Server
  79. ^ 「作家で聴く音楽」 宇崎竜童
  80. ^ YUI、女性シンガー・ソングライター2人目の5作連続首位 宇多田以来6年ぶりの快挙
    加藤ミリヤが宇多田ヒカル以来となる快挙達成 ニュース-ORICON STYLE
  81. ^ 音楽学校 東京の音楽学校 英国音楽大学と提携 音楽専門校国立音楽院
    音楽学校:マックミュージックスクール | シンガーソングライター科
    ヤマハ渋谷店3F 音楽教室 シンガーソングライターコース | その他 ...
  82. ^ 市井紗耶香5年ぶり子連れ復帰“モー烈”反響と不安 - 芸能 - ZAKZAK
  83. ^ 中村あゆみ 日本を代表する男性シンガーソングライターの名曲をカバー
  84. ^ “ポールさん武道館公演 2年ぶり、ファン1万人熱狂”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2017年4月25日). https://www.nikkei.com/article/DGXLZO15749240V20C17A4000000/ 2017年10月3日閲覧。 
  85. ^ 20100221|LIVE|阿部真央オフィシャルサイト
    記念対談(シンガーソングライター 清水翔太さん) | 八尾市
    Special -これまでの放送&more- アンジェラ・アキ | こころの遺伝子
    PROFILE - 植村花菜 Official web site
    秋元康のお墨付き! 札幌の女子高生シンガー・ソングライター
    asahi.com(朝日新聞社):ケータイユーザーが注目するのは、19歳の美少女シンガーソングライター
    史上最年少のシンガーソングライター『水谷ゆう』Debut ... - リアルライブ
    スポーツニッポン、2011年6月12日29面
  86. ^ プロフィール | やもり(森山良子と矢野顕子)オフィシャルホームページ
    ラジオデイズ : 対談・講演 | 3 大貫妙子の世界(2)
    シンガー・ソングライター 遠藤賢司/いまこの人/デイリースポーツ online
    佐渡山豊ブログ 沖縄シンガーソングライターといえば
    南佳孝INTERVIEWCPRA 実演家著作隣接権センター小坂明子公式サイト【MUCAL】
    嘉門 達夫 TATSUO KAMON
    関口誠人 超個人的日記
    シンガーソングライター馬場俊英さんインタビュー(前編) | MYLOHAS
  87. ^ =TOP= of UEMURA KANA


「シンガーソングライター」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シンガーソングライター」の関連用語

シンガーソングライターのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



シンガーソングライターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシンガーソングライター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS