高額納税者公示制度とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 高額納税者公示制度の意味・解説 

高額納税者公示制度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/25 23:56 UTC 版)

高額納税者公示制度(こうがくのうぜいしゃこうじせいど)は、政府が数千万~数億円単位の高額納税者を公示する制度である。公示された高額納税者の名簿を一般的に高額納税者番付(こうがくのうぜいしゃばんづけ)や長者番付(ちょうじゃばんづけ)として用いられる。日本では2006年(2005年度分)から廃止された。




  1. ^ これも法人税を基準とした所得基準で高額所得法人は公示されるが、ほとんど注目されない。


「高額納税者公示制度」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「高額納税者公示制度」の関連用語

高額納税者公示制度のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



高額納税者公示制度のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの高額納税者公示制度 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS