1998年とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 学問 > 近世年表 > 1998年の意味・解説 

1998年

作者河合秀樹

収載図書春・BEST LOVE TO YOU ALL
出版社新風舎
刊行年月1999.3


1998年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 21:56 UTC 版)

1998年(1998 ねん)は、西暦グレゴリオ暦)による、木曜日から始まる平年平成10年。


  1. ^ レイ・カミングス 『宇宙の果てを超えて』早川書房、1970年、11・22 - 102頁頁。ISBN 978-4-15-010009-4 
  2. ^ ストーリー - 『ザ・ハウス・オブ・ザ・デッド2&3』公式サイト(インターネットアーカイブ)、2016年9月21日閲覧。
  3. ^ アーサー・C・クラーク 『2001年宇宙の旅 ―決定版―』早川書房、1993年、78頁。ISBN 978-4-15-011000-0 
  4. ^ ロバート・F・ヤング 『時が新しかったころ』東京創元社、2014年、10 - 18・188頁頁。ISBN 978-4-488-74801-2 
  5. ^ 『トップをねらえ大全!』バンダイビジュアル、2012年、41・138頁頁。ISBN 978-4-04-899247-3 
  6. ^ 竹田裕一郎覇界王 〜ガオガイガー対ベターマン〜 上巻』新紀元社、2017年、205・330・339頁頁。ISBN 978-4-7753-1504-0 



1998年(平成10年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/14 14:26 UTC 版)

高松市公共施設利用総合情報システム稼動する行政情報計画策定される。 高松市鬼ヶ島おにの館が開館するサンネット高松連携推進協議会設立されるレインボーロード竣工する全国高等学校総合体育大会開催されるゆめタウン高松開業

※この「1998年(平成10年)」の解説は、「高松市の歴史」の解説の一部です。» 「高松市の歴史」の概要を見る


1998年(平成10年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 17:38 UTC 版)

9月末にて『UP'S』としてのネット終了TBSラジオへのネット終了する

※この「1998年(平成10年)」の解説は、「林原めぐみのHeartful Station」の解説の一部です。» 「林原めぐみのHeartful Station」の概要を見る


1998年(Jリーグ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 02:19 UTC 版)

戦いの場Jリーグ移したシーズンフェルナンデス体制2年目工藤英章青森移籍)、中吉裕司(大分へ移籍)、小野甲介(新日鉄室蘭移籍)、石塚啓次V川崎復帰)、新村泰彦ジャトコ移籍)、朝倉徳明数名退団し森敦彦冨樫剛一引退した。 新戦力としてC大阪から深川友貴梶野智G大阪から木山隆之から加藤竜二有馬賢二Jリーグ経験者獲得本田技研から村主博正バウテルらを獲得しJリーグ戦える戦力補強した1stステージ開幕戦清水戦ではいきなり1-4大敗第4節G大阪戦でJリーグ加盟初勝利をあげたが、第7節以降は試合2点以上失点し、磐田戦では中山雅史に4試合連続となるハットトリック献上1stステージ413敗の16位に低迷2ndステージ10月中旬の第11節の時点で5勝6敗と持ち直したが、フロントとの意見不一致からフェルナンデス監督が解任された。後任石井肇コーチ監督に就き12節から指揮執った10月シーズン中補強から棚田伸横浜Fから埜下荘司東京ガスから関浩二獲得2ndステージ残り試合は3勝3敗となり、2ndステージ8勝9敗の10位で、年間順位1222敗の14位(全18チームとなった1999年からJリーグ2部制に移行するため、Jリーグ下位4チームJFL優勝チームによるJ1参入決定戦参加したコンサドーレ勝利すればJ1参入決まるという状況神戸福岡ホームアウェイともに敗れ4連敗喫してJリーグ史上初J2リーグへの降格チームとなった詳細は「J1参入決定戦を参照

※この「1998年(Jリーグ)」の解説は、「北海道コンサドーレ札幌」の解説の一部です。» 「北海道コンサドーレ札幌」の概要を見る


1998年(全3タイトル)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 23:49 UTC 版)

8月tio do Picapau Amarelo(テックトイ、1Mカセット12月 Mickey's Ultimate Challenge(テックトイ、256Kカセット12月 ミッキーマウス 伝説の王国(テックトイ、512Kカセット) 「Mickey's Ultimate Challenge 」と「ミッキーマウス 伝説の王国」をもってブラジルでのセガ・マスターシステムソフトのリリース終了した

※この「1998年(全3タイトル)」の解説は、「セガ・マークIIIのゲームタイトル一覧」の解説の一部です。» 「セガ・マークIIIのゲームタイトル一覧」の概要を見る


1998年(平成10年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/26 13:51 UTC 版)

現在地本社および本社工場竣工

※この「1998年(平成10年)」の解説は、「ハラダ製茶」の解説の一部です。» 「ハラダ製茶」の概要を見る


1998年(平成10年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/14 14:26 UTC 版)

高松市公共施設利用総合情報システム稼動する行政情報計画策定される。 高松市鬼ヶ島おにの館が開館するサンネット高松連携推進協議会設立されるレインボーロード竣工する全国高等学校総合体育大会開催されるゆめタウン高松開業

※この「1998年(平成10年)」の解説は、「高松市の歴史」の解説の一部です。» 「高松市の歴史」の概要を見る


1998年(平成10年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/02 04:58 UTC 版)

1998年(平成10年9月23日第5回はだしのコンサート開催

※この「1998年(平成10年)」の解説は、「はだしのコンサート」の解説の一部です。» 「はだしのコンサート」の概要を見る


1998年(平成10年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 15:31 UTC 版)

10月15日 - エスクードV6-2500専用エアロパーツなどを装備したドレスアップ車「エスクードV6スペシャル」を設定スポーティ室内には、専用本革巻きステアリングホイール&ATシフトノブ専用ホワイトメーター、カーボン調パネルシート表皮ドアトリムなどを装備。(限定300台)

※この「1998年(平成10年)」の解説は、「スズキ・エスクード」の解説の一部です。» 「スズキ・エスクード」の概要を見る


1998年(第7版)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 15:38 UTC 版)

1998年の第7版においては次のようになった。これは1996年CIPM決定よるものである。 併用単位: 分、時、日、度、分、秒、リットルトンネーパベルネーパベル追加された。) 併用単位実験的に得られるもの): 電子ボルト原子質量単位天文単位天文単位復活した。)

※この「1998年(第7版)」の解説は、「SI併用単位」の解説の一部です。» 「SI併用単位」の概要を見る


1998年(初回)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/13 15:40 UTC 版)

KAJa!の始まりは、アカペラ好きの社会人が、インターネット上掲示板投稿したことがきっかけとなった。それに賛同する形で数人スタッフとして名乗りをあげ、ネット上さらなるスタッフ募集し、またパフォーマー集めた第一回は、5月30日に、大阪・ドーム前千代崎駅東側の「Padou」(現在は撤去)で行われた2000年ごろにゴスペラーズ人気を得てア・カペラ一般に知られるようになるその前であり、ア・カペラは現在ほどの人気はなかった。また、現在は数百人規のア・カペラサークルも少なくはないが、当時はできて数年サークル多く人数多くはなかった。そのため、アカペラ好きな同士が、大学サークル越えて集まるほとんど最初の機会となった。 プロ・アマチュア・飛び入り参加含めて全国35組のバンド参加し、約2000人を集客した。出演バンド現在のように審査決めるのではなくその場にいた者どうしで発表することもあった。

※この「1998年(初回)」の解説は、「関西アカペラジャンボリー」の解説の一部です。» 「関西アカペラジャンボリー」の概要を見る


1998年(平成10年)


1998年(平成10年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/27 16:59 UTC 版)

3月13日3月20日、『低音バッシュツアー開催8月19日ライブ・アルバム8月現状をリリース8月22日10月10日、『8月現状ツアー開催12月2日シングルゆらめき IN THE AIRをリリース12月17日12月28日、『男達の別れ』ツアー開催12月27日28日に『男達の別れ』ツアーファイナル赤坂BLITZ行われ、これを以って柏原脱退また、結果としてこれが佐藤生前最後のライブとなった

※この「1998年(平成10年)」の解説は、「フィッシュマンズ」の解説の一部です。» 「フィッシュマンズ」の概要を見る


1998年~(「細胞分裂」~2人体制)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 08:40 UTC 版)

1998年 3月14日から3月28日まで『Break the Silenceツアー最終日赤坂BLITZが、4人体制での最後の活動となった3月31日研音との契約終了この時点ではまだ移籍先は未定であった。 4月1日infix充電期間に入る。その2週間後の4月14日充電期間の間個別に活動することが決まる。大神野間口脱退までに4人が集まった最後の日である。7月発行されたファンクラブ会報INFINITY」にて、ファン大神野間口細胞分裂脱退)が報告された。 10月1日レコード会社が「徳間ジャパンコミュニケーションズ」、事務所が「ズームリパブリック」に決定、ここに2名体制での“新生infix”がスタートした

※この「1998年~(「細胞分裂」~2人体制)」の解説は、「infix」の解説の一部です。» 「infix」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「1998年」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「1998年」に関係したコラム

  • FXの通貨ペアの急騰と急落

    FX(外国為替証拠金取引)の通貨ペアの価格は、経済指標や政策金利の変更、政情不安などにより急騰したり急落したりします。過去の対円通貨での大きな下げは何度かありましたが、1998年10月7日と1998年...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

1998年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1998年のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
江戸net江戸net
Copyright (C) 2022 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1998年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの高松市の歴史 (改訂履歴)、林原めぐみのHeartful Station (改訂履歴)、北海道コンサドーレ札幌 (改訂履歴)、セガ・マークIIIのゲームタイトル一覧 (改訂履歴)、ハラダ製茶 (改訂履歴)、高松市の歴史 (改訂履歴)、はだしのコンサート (改訂履歴)、スズキ・エスクード (改訂履歴)、SI併用単位 (改訂履歴)、関西アカペラジャンボリー (改訂履歴)、日本におけるアメリカ軍機事故の一覧 (改訂履歴)、フィッシュマンズ (改訂履歴)、infix (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS