保育とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 人生 > 保育 > 保育の意味・解説 

ほ‐いく【保育】

[名](スル)

乳幼児保護し、育てること。

乳幼児心身の正常な発達のために、幼稚園保育所などで行われる養護を含んだ教育作用。「三年保育


ほ‐いく【哺育/保育】

[名](スル)動物の親が、乳を飲ませたり食物与えたりして、子を育てること。


ほ‐いく【保育】

〔名〕

① まもりそだてること。特に、子どもが成長するまで育てること。ほういく。

米欧回覧実記(1877)〈久米邦武〉三「欧洲大陸諸国にて、樹林を保育する方法の一を察すべし」

皇室典範明治二二年)(1889)二六条天皇未た成年に達せさるときは太傅を置き保育を掌らしむ」

幼児心身の正常な発達目的として、幼稚園保育所託児所などで行なわれる養護を含んだ教育作用

東京女子師範学校付属幼稚園規則(1877)「園中に在ては保母保育の責に任す


ほ‐いく【哺育・保育】

〔名〕 動物その子育てること。動物の親が子に乳・食物などを与えて、保護育てること。人間にもいう。

経国集(827)一・和少輔鶺鴒賦〈仲雄王〉「思飲啄之未一レ習、労哺育而忘躯」

[補注]「保育」は「哺育」の書き換え


保育

 植栽終了後、育成対象となる樹木生育促すために行う下刈除伐等の作業総称

保育

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/14 20:45 UTC 版)

保育(ほいく)は、乳幼児を適切な環境のもとで健康安全で安定感をもって活動できるように養護するとともに、その心身を健全に発達するように教育することである[1]


  1. ^ ブリタニカ百科事典「保育」
  2. ^ 児童福祉法(昭和二十二年十二月十二日法律第百六十四号)第6条の3第7項
  3. ^ a b 子ども・子育て支援法(平成二十四年八月二十二日法律第六十五号)第7条第4項


「保育」の続きの解説一覧

保育

出典:『Wiktionary』 (2021/12/15 02:50 UTC 版)

この単語漢字

第五学年
いく
第三学年
音読み 音読み

名詞

保育 (ほいく)

  1. 乳幼児保護して育てること[1]
  2. 幼稚園保育所託児所などで行われる養護を含んだ教育
  3. 樹木生育促すために行う下刈除伐などの作業

関連語

動詞

活用




保育と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「保育」の関連用語

保育のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



保育のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
農林水産省農林水産省
Copyright:2022 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの保育 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの保育 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS