育児とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 暮らし > 育児 > 育児の意味・解説 

いく‐じ【育児】

読み方:いくじ

[名](スル)子を養い育てること。子育て。「—休暇


育児

作者坂口安吾

収載図書坂口安吾全集 15
出版社筑摩書房
刊行年月1999.10


育児

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 22:46 UTC 版)

育児(いくじ、英語: child care)とは、乳幼児世話養育をすることである[1][2]。乳幼児とは乳児幼児を指し、小学校入学する前の子供の総称である[3]。育児には様々な段階があるが、学齢後は子育てを参照。


注釈

  1. ^ 例えば20世紀初頭のホスピタリズムの研究や、フロイトによる研究、1950年代のボウルビーの母子関係理論でも、1970年代以後のクラウスケネルらの母子相互作用に研究でも明らかにされている。(出典:澤田啓司「育児」 『世界大百科事典』平凡社、1988年。 

出典



「育児」の続きの解説一覧

育児

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/13 02:45 UTC 版)

ディキノドン類」の記事における「育児」の解説

巣穴の中で幼体かたまって発見されこともあり、彼らは育児を行っていたと考えられている。これは、脊椎動物最古の育児の記録である。既にディキノドン類哺乳原型に当たる行動までとっていたという仮説もあるが、検証難しい。ただし、より古い時代分岐した初期のディノケファルス類皮膚化石汗腺しきもの確認されている。

※この「育児」の解説は、「ディキノドン類」の解説の一部です。
「育児」を含む「ディキノドン類」の記事については、「ディキノドン類」の概要を参照ください。


育児

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 01:33 UTC 版)

榎並大二郎」の記事における「育児」の解説

2021年9月20日から2週間育休取得し、その奮闘ぶりをSNSアップしたことが話題となり、“イクメンパパ”として注目された。それまで3万人ほどだったフォロワーが4万人以上に増えた。 妻の妊娠判明時点で出産後サポート考えており、一人暮らし経験がなかったため家事勉強一から始めた実際の育休中は赤ちゃん寝かしつけ深夜粉ミルク与えたり沐浴などに励んでいた。育休終えた現在(2022年1月)も、榎並息子沐浴担当している。

※この「育児」の解説は、「榎並大二郎」の解説の一部です。
「育児」を含む「榎並大二郎」の記事については、「榎並大二郎」の概要を参照ください。


育児

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/05 16:22 UTC 版)

マイアサウラ」の記事における「育児」の解説

マイアサウラの巣は、地面掘られ直径1m、深さ50cmほどのクレーター状の穴で、中には20 - 25個ほどの卵があった。親は体重が数トン達するため抱卵はせず、 ツカツクリのように発酵する際の熱で温めていたのではないか考えられている。 孵化後、子供生まれてから体長1mほどに成長するまで中で暮らしていたと見られている。その証拠に、巣の中にあった卵の殻全て粉々に踏み砕かれていた。また、巣から出る事も出来ない孵化後間もない子供の歯摩耗見られる事から、発見者ホーナーは親が餌を与えていたと考えた現生哺乳類鳥類のような子育てをしたはっきりとした証拠発見されマイアサウラは、トロオドンに卵〜子供襲われることもあったと考えられている。 尚、巣の中から仔竜の化石とともに腐肉食性のシデムシ化石発見された例もあり、子育て説を懐疑視する研究者もいる。また歯の摩耗に関して孵化前の胎児段階おいても観察されており、これも給餌証拠ならない指摘されている。 マイアサウラの巣 卵と孵化した仔。ロンドン自然史博物館模型子供骨格ロイヤルオンタリオ博物館全身骨格ベルギー王立自然史博物館頭骨ロイヤルオンタリオ博物館マイアサウラ群れ

※この「育児」の解説は、「マイアサウラ」の解説の一部です。
「育児」を含む「マイアサウラ」の記事については、「マイアサウラ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「育児」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

育児

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 06:04 UTC 版)

名詞

(いくじ)

  1. 子供育てること。

関連語

翻訳


「育児」の例文・使い方・用例・文例




育児と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

育児のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



育児のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの育児 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのディキノドン類 (改訂履歴)、榎並大二郎 (改訂履歴)、マイアサウラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの育児 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS