学齢とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 人生 > 年齢 > 学齢の意味・解説 

がく れい [0] 【学齢】

義務教育を受けるべき年齢。現在では満六歳から満一五歳まで。
小学校入学する義務生ず年齢。現在は満六歳。

学齢

学校静態統計 1では、学校就学生徒 2の数と出席生徒 3の数を区別している。これら二つ数字比較することにより、出席率 4が得られる。義務教育 5とは、ある定まった年齢階級人口に対して学校への出席法律義務づけられていることを意味する。これにより、法律上学齢 6の子供の数、または学齢人口 7特定することができる。


学齢

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/27 22:52 UTC 版)

学齢(がくれい)とは学校就学して教育を受けることが適切とされる年齢のことである。日本では、満6歳の誕生日以後の最初の4月1日から9年間(満15歳に達した日以後の最初の3月31日まで)が該当する。第二次世界大戦後の日本においては義務教育の対象年齢にあたる者のことを「学齢○○」と称するため、日本国籍者についての学齢期と義務教育期は同一のものを指している。このため、あえて義務教育と学齢の概念を区別して解説する意味は薄いが、かつては学齢期と義務教育期間は明確に異なる概念であった。学齢は、義務教育と関係が深い概念なので、より深く理解するには「義務教育」の記事も参照。




  1. ^ 小学校特別支援学校小学部
  2. ^ 中学校、中等教育学校前期課程、特別支援学校中学部
  3. ^ なお、保護者が日本国民である子が、学齢期にこれらの学校に在籍しつつ、専修学校一般課程や各種学校にも在学することは問題ない。
  4. ^ 学校教育法第17条第1項
  5. ^ 学校教育法第第17条第2項
  6. ^ a b c 学校教育法第18条。なお、定義上は就学していなくても「学齢児童」「学齢生徒」と呼ぶ。
  7. ^ 学校教育法施行規則第26条 第2項「懲戒のうち、退学、停学及び訓告の処分は、校長が行う。」、第4項「第二項の停学は、学齢児童又は学齢生徒に対しては、行うことができない。」
  8. ^ 学校教育法第35条又は第49条に基づく出席停止は可能。
  9. ^ ただし住民基本台帳のシステム上、学齢簿に載るかどうかは子の国籍によって決まる。
  10. ^ 学校教育法第17条第1項本文「保護者は、子の満六歳に達した日の翌日(注:誕生日のこと)以後(注:基準日を含む)における最初の学年の初めから、満十二歳に達した日の属する学年の終わりまで、これを小学校又は特別支援学校の小学部に就学させる義務を負う。」
  11. ^ 学校教育法施行規則第59条「小学校の学年は、四月一日に始まり、翌年三月三十一日に終わる。」
  12. ^ a b 1.4月1日生まれの児童生徒の学年について:文部科学省”. www.mext.go.jp. 2019年2月5日閲覧。
  13. ^ 日本経済新聞社・日経BP社. “同学年では遅い生まれなのに 「早生まれ」の理由|ライフコラム|NIKKEI STYLE” (日本語). NIKKEI STYLE. 2019年2月5日閲覧。
  14. ^ ただし「学童保育」には「おおむね10歳未満」が対象との条文が存在するが、10歳以上も対象にする施設も多い。
  15. ^ この統計の時点では、盲学校・聾学校・養護学校である。
  16. ^ 日本国籍のない学齢期の人の場合はこの限りではないが、日本国籍がない人はかなり少ないため、統計上現れにくい。
  17. ^ ただし、学制によって強固な義務教育制度が開始されたわけではなく、1886年小学校令までの間は過渡期と見なしうる。
  18. ^ この部分は国民学校令本体には明記がない。別の勅令によって定められている可能性がある。





学齢と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「学齢」の関連用語

学齢のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



学齢のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの学齢 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS