退学とは? わかりやすく解説

たい‐がく【退学】

読み方:たいがく

[名](スル)

学生・生徒在学中に、特別の理由で自発的に学校をやめること。また、学校側から強制的にやめさせられること。退校。「中途—」「—処分

規定の課程修得して、学校をやめること。

在学三年を期とし、期満つれば則—し」〈大槻修二日本教育史略〉


退学

教育進展に関するその他の統計もある。個人通常小学校一番下学年から卒業まで学年追って進む。義務教育制度の下では、学齢期間中の退学 1病気死亡の場合を除いて非常に珍しい。中退率 2とは学年途中または終りに、卒業資格を取ることなく学校中退する確率をいい、生命表における死亡確率と同じように計算される。その補数継続率 3である。これらの率を用いて就学生命表 4計算でき、その表から平均就学期間 5を出すことができる。学年終りに、学業終えていない生徒学生は、志望変更 6をするにせよしないにせよ、留年するか、さもなければ次の学年に進むことになる。


退学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/30 02:24 UTC 版)

退学(たいがく)とは、児童生徒学生が、在学中に卒業修了を待たずに学校を途中でやめること、またはやめさせられること[1]。なお、英語圏のexpulsionは日本語では「退学」と訳されているが、アメリカ合衆国の教育制度におけるexpulsionは必ずしも学校を完全にやめさせる場合に限らない概念である(後述)[2]


  1. ^ 退学(たいがく)の意味”. goo国語辞書. 2020年11月21日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g 宇田光「米国における学校安全への対応 (3) : ゼロトレランスと停学・「隔離」の抑制」『南山大学 教職センター紀要』第4号、南山大学教職センター、2019年3月、 17-30頁、 doi:10.15119/00002648ISSN 2433-4839NAID 1200066004252021年10月13日閲覧。
  3. ^ 原級留置を許容する度合いは学校によって差異があるが、高等学校の場合、在学中に1度だけ認める場合もあれば、1学年につき1度認める場合もある(この場合、各学年を1度ずつ繰り返して、最大で6年間在学出来る)。
  4. ^ 学校教育法施行規則(昭和22年文部省令第11号)第26条第2項
    懲戒のうち、退学、停学及び訓告の処分は、校長(大学にあつては、学長の委任を受けた学部長を含む。)が行う。
  5. ^
    学校教育法 第11条
    校長及び教員は、教育上必要があると認めるときは、文部科学大臣の定めるところにより、児童、生徒及び学生に懲戒を加えることができる。ただし、体罰を加えることはできない。
  6. ^ 博士の学位の授与が妥当とされると、学位請求論文は博士論文となる
  7. ^ 大学院設置基準第17条第1項
  8. ^ 文部科学省 中央教育審議会 2005年平成17年)9月5日 答申 新時代の大学院教育 -国際的に魅力ある大学院教育の構築に向けて- 第2章-1-(1)-② 円滑な博士の学位授与の促進
  9. ^
    課程の修了に必要な単位は修得したが、標準修業年限内に博士論文を提出せずに退学したことを、いわゆる「満期退学」又は「単位取得後退学」と呼称し、制度的裏付けがあるかのような取扱いは、課程制大学院の本来の趣旨にかんがみると適切ではない。 — 3 課程制大学院の制度的定着の促進(1)課程制大学院の制度に沿った博士学位授与の確立 中央教育審議会大学分科会
  10. ^ ただし、大学院のケースを含め、卒業・修了要件の単位を充足を以って、「単位取得」として看做される場合もある。よって、卒業・修了要件の単位数(必修科目はすべて履修済みとして、これらの単位数に含まれているのが前提。例えば、学部であれば「卒業試験(卒業論文)」が必修の単位とされる場合は、当然なされている必要がある。なお、大学学部の一般的な課程については、修業年限以上の期間を在学した後に自主退学しても「満期退学」の表現はあまり使われず、「中途退学」(「中退」)あるいは、単に「退学」と表記される(多くは、可能年数上限(標準年数の2倍)まで在籍し続けても卒業所要単位取得の目処が立たないため。上皇明仁が公務との両立が出来ずに学習院大学を中退した例が典型)。中途退学は、自主退学・懲戒退学のいずれの場合でも用いられるが、満期退学は、通例、自主退学の場合のみ用いられる(在籍可能年数を超えた場合は、除籍となる)。この他、事例として、教育職員免許状の授与を受けている学部卒業者が、小学校教諭ないしは特別支援学校教諭免許状の授与を受けるために、(通信制を含む)大学に編入し、(障害者)教育実習は受けるものの、学部卒業に必要な単位を揃えることは、一般的にはゼミに包括される形を含めて卒業論文なども必修単位にカウントされるため通常は「単位取得(満期)退学」は不可能であるため、中途退学ないしは満期退学はあっても、単位取得退学としては対象外である。大学院であれば「修士論文博士論文」の合格のみを満たしていない状況を、通常は指す)を充足していない場合は、「満期退学」あるいは「満期」としか表現できないケースもある。
  11. ^ 職業高校 ある決断 やる気のないものは去れ 三年間で百人退学『朝日新聞』1978年(昭和53年)1月29日朝刊、13版、23面
  12. ^ 小杉礼子 (2004年12月). “若者無業者増加の背景”. 日本労働研究雑誌. p. 4-5. 2021年9月14日閲覧。
  13. ^ 平成16年版労働経済白書. (2004) 
  14. ^ 『出産理由の退学処分を禁止=既婚学生の権利認める』2007年平成19年)8月4日付配信 時事通信
  15. ^ a b c 下条美智彦『ヨーロッパの教育現場から』2003年(平成15年)、86頁
  16. ^ a b 村上嘉津子「変革期の大学と学生、学生相談担当者の視点 : 退学勧告制度と関係性の醸成」『京都大学カウンセリングセンター紀要』第36号、京都大学カウンセリングセンター、2007年3月、 17-27頁、 doi:10.14989/156337NAID 120004184984
  17. ^ a b c d e 成績不振者への対応(米国州立大学)のまとめ”. 信州大学. 2021年10月12日閲覧。


「退学」の続きの解説一覧

退学

出典:『Wiktionary』 (2021/08/21 09:30 UTC 版)

発音(?)

た↗いがく

名詞

退 たいがく

  1. 生徒学生卒業前に学校辞めること。
  2. 学校側生徒・学生学校辞めさせる処分をすること。
  3. 規定課程修了し、学校辞めること。

動詞

活用

サ行変格活用
退学-する

「退学」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

退学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



退学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの退学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの退学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS