有罪判決とは? わかりやすく解説

有罪判決

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/24 22:20 UTC 版)

冨田尚弥」の記事における「有罪判決」の解説

2015年5月28日仁川地裁検察求刑通り窃盗罪認定し有罪罰金100万ウォン支払い判決した第三者存在訴えた冨田主張は、「第三者防犯カメラ映っていないと認められる」「盗品入手経緯入手後の行動奇妙で信じがたい」として退けられた。冨田は、判決後に「悔しいです私は絶対に盗んでいません」と主張したが、6月4日名古屋市内で「これだけ映像出て裁判官も僕ではないと言ってくれたのに、有罪判決が出て悲しかったこれ以上やっても意味はないです控訴はせず有罪のまま終わろう思いました」と控訴しないことを会見発表し5月28日出た罰金刑確定する有罪判決を、落合洋司5月29日ブログで「裁判所の判断には合理性がある」、若狭勝夕刊フジに対して客観的事実弁解内容不可解さ大きなポイントになった」、といずれも仁川地裁判断を妥当とした。

※この「有罪判決」の解説は、「冨田尚弥」の解説の一部です。
「有罪判決」を含む「冨田尚弥」の記事については、「冨田尚弥」の概要を参照ください。


有罪判決

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 07:31 UTC 版)

マーティン・シュクレリ」の記事における「有罪判決」の解説

2017年8月証券取引法規の違反で有罪判決を受けた2018年3月懲役7年実刑判決言い渡された。

※この「有罪判決」の解説は、「マーティン・シュクレリ」の解説の一部です。
「有罪判決」を含む「マーティン・シュクレリ」の記事については、「マーティン・シュクレリ」の概要を参照ください。


有罪判決

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/20 06:38 UTC 版)

チャールズ・クシュナー」の記事における「有罪判決」の解説

2004年6月30日クシュナー自分にその権限が無い時にパートナーシップ名の下民主党の政治キャンペーン寄付をしたとして連邦選挙委員会から508900ドル罰金科せられた。2005年捜査後にニュージャージー州連邦地区検事英語版)のクリス・クリスティとの答弁取引合意達し彼は18件の違法な政治献金脱税証人買収英語版)で有罪認めた証人買収罪は連邦捜査官協力していたエスター夫のウィリアム・シュルダーに対するクシュナー報復行為から生じたクシュナー知人売春婦雇って義理の兄弟を誘惑させ、2人密会記録するように手配し、そのテープエスター送った彼は2年間の収監宣告されアラバマ州モンゴメリー連邦刑務所収容所英語版)で14ヶ月服役しその後ニュージャージー州ニューアーク社会復帰訓練所英語版)に送られ刑期終えた2006年8月25日彼は釈放された。 有罪判決を受けた結果クシュナーニュージャージー州ニューヨーク州ペンシルベニア州での法律家活動禁止された

※この「有罪判決」の解説は、「チャールズ・クシュナー」の解説の一部です。
「有罪判決」を含む「チャールズ・クシュナー」の記事については、「チャールズ・クシュナー」の概要を参照ください。


有罪判決

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 04:05 UTC 版)

桂銀淑」の記事における「有罪判決」の解説

上記2件について11月20日水原地方裁判所詐欺容疑覚せい剤使用容疑についていずれも有罪認め懲役1年6ヶ月罰金80ウォン(約85千円)の実刑判決言い渡し日本で有罪判決を受けた5年もしないうちに再び麻薬繰り返し使用していたことを指摘また、詐欺疑惑に対して否認しているものの、「さまざまな状況におされて消極的に加担したものと認められる」とし、「詐欺による詐取額が被害金額よりはるかに少ないことを勘案した」と明らかにしているが、高級車リースに関しては、ただの保証人だと思って署名しただけだと主張しており、関係者控訴意向表明していたが、2016年8月10日大法院最高裁)は上告棄却し、二審判決において麻薬管理に関する法律違反詐欺罪で、懲役1年2ヶ月追徴金80ウォン確定同年8月末に満期出所した。なお、4月桂の母老人ホーム死去し、2泊3日の特別外出許可を受けて喪主務めている。

※この「有罪判決」の解説は、「桂銀淑」の解説の一部です。
「有罪判決」を含む「桂銀淑」の記事については、「桂銀淑」の概要を参照ください。


有罪判決

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/31 08:00 UTC 版)

ロバート・ベン・ローズ」の記事における「有罪判決」の解説

1994年ローズはレジーナ・ケイ・ウォルターズに対する第一級殺人罪で有罪判決を受け、イリノイ州チェスターメナード矯正センター仮釈放なしの終身刑言い渡された。2005年には2005年ユタ州引き渡され、キャンディス・ウォルシュとダグラス・ジスコウスキーの殺害容疑裁判にかけるためにユタ州送還されたが、被害者遺族要望により[要説明]、 2006年起訴取り下げられ刑務所戻された。その後ローズは、ウォルターズジョーンズ殺害容疑テキサス送還されたが、ローズ死刑取り下げる代わりに、彼ら2人殺害認め2度目の終身刑言い渡された。ローズは、イリノイ州チェスターにある重警備メナード矯正センター仮釈放なしの終身刑収監されている。

※この「有罪判決」の解説は、「ロバート・ベン・ローズ」の解説の一部です。
「有罪判決」を含む「ロバート・ベン・ローズ」の記事については、「ロバート・ベン・ローズ」の概要を参照ください。


有罪判決

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/05 23:51 UTC 版)

ブリッジウォーター・フォー」の記事における「有罪判決」の解説

ブリッジウォーター・フォー呼ばれたのは、パトリック・モロイ (Patrick Molloy)、ジェームズ・ロビンソン (James Robinson)、そして従兄弟同士であるマイケル・ヒッキー (Michael Hickey) とヴィンセント・ヒッキー (Vincent Hickey) の4人であった最初に逮捕されモロイは、1978年11月に、ヘイルズオーエン (Halesowen) に近いウスターシャー州ロムズリー (Romsley) で農家盗み入ったため捕まった現場ブリッジウォーター少年殺害現場から10マイルほど離れた場所であった警察追及されモロイは、自分2階寝室にあがって物色中に1階銃声聞こえた、と証言した。この自供直後に残り3人逮捕された。 4人は全員謀殺 (murder) を否認したが、3人には有罪判決が下された謀殺罪で有罪とならなかったモロイ故殺罪 (manslaughter) で有罪とされた。当時45歳だったジェームズ・ロビンソンと、当時25歳だったヴィンセント・ヒッキーには、最低でも25年以上の無期刑下されたが、これは最短で2004年それぞれ70歳50歳にならなければ出所叶わないことを意味していた。当時17歳だったマイケル・ヒッキーは、有罪となった他の2人より短い刑になるもの予想されていたが、無期留置女王陛下お許しがあるまでの留置)の判決受けた当時51歳だったパトリック・モロイは、故殺罪により懲役12年判決を受け服役したが、1981年心筋梗塞発作見舞われ獄中死した[要出典]。

※この「有罪判決」の解説は、「ブリッジウォーター・フォー」の解説の一部です。
「有罪判決」を含む「ブリッジウォーター・フォー」の記事については、「ブリッジウォーター・フォー」の概要を参照ください。


有罪判決

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/13 01:41 UTC 版)

ハロルド・ジョーンズ (犯罪者)」の記事における「有罪判決」の解説

1921年11月1日モンマスシャー巡回裁判フローレンス殺害事件裁判開始された。ブレイ (英: Bray) 判事の下での裁判で、検察は、ハロルドフレダ殺害無罪になった後に注目されたことで衆目集めたことを楽しみ、それを主な理由として殺人犯した主張したフローレンス殺害後に家の中犯行証拠隠そうとしたとも述べた裁判1時間終了しハロルドには不定期刑判決下った事件当時ハロルド16歳未満であり、どんな形であれ死刑対象にはなり得なかった。 ハロルド刑罰のため刑務所へ連行されてからまもなく、2つ目の書状公表された。その書状裁判前に書かれたもので、ハロルドフレダ・バーネル殺害告白する内容だった。フレダ殺害動機殺したいという欲求があったためだと記していた。

※この「有罪判決」の解説は、「ハロルド・ジョーンズ (犯罪者)」の解説の一部です。
「有罪判決」を含む「ハロルド・ジョーンズ (犯罪者)」の記事については、「ハロルド・ジョーンズ (犯罪者)」の概要を参照ください。


有罪判決

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 04:00 UTC 版)

アルレム・デジール」の記事における「有罪判決」の解説

SOS人種差別の代表を1992年まで務めていたデジールは、1986年11月から1987年10月までの一年間リール市に拠点を置く「移民訓練教育地域圏協会」の教官という架空の職について月給8900フラン受け取っていたことが発覚した彼は1998年12月7日、「団体資産の不正隠匿」として、執行猶予18ヶ月罰金3フランの有罪判決を受けたデジールSOS人種差別代表であった時の駐車違反で、1992年5月判決下り罰金8フラン財務省納めるよう求められていたが、フランソワ・ミッテラン恩赦恩恵を受けている。

※この「有罪判決」の解説は、「アルレム・デジール」の解説の一部です。
「有罪判決」を含む「アルレム・デジール」の記事については、「アルレム・デジール」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「有罪判決」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「有罪判決」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「有罪判決」の関連用語

有罪判決のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



有罪判決のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの冨田尚弥 (改訂履歴)、マーティン・シュクレリ (改訂履歴)、チャールズ・クシュナー (改訂履歴)、桂銀淑 (改訂履歴)、ロバート・ベン・ローズ (改訂履歴)、ブリッジウォーター・フォー (改訂履歴)、ハロルド・ジョーンズ (犯罪者) (改訂履歴)、アルレム・デジール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS