桂とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 地域 > の意味・解説 

かつら【×桂】

読み方:かつら

カツラ科落葉高木山地自生広卵形裏面が白い。雌雄異株5月ごろ、紅色の雄花、淡紅色雌花をつけ、花びらはない。材を建築・家具や碁盤将棋盤などに用いる。おかつら。かもかつら。

中国の伝説で、月の世界にあるという木。


かつら【桂】

読み方:かつら

京都市西京区桂川西岸地名桂離宮がある。[歌枕

[補説] 書名別項。→桂


かつら【桂】


かつら【桂】


けい【×桂】

読み方:けい

人名用漢字] [音]ケイ(漢) [訓]かつら

ニッケイ・モクセイなどの香木総称。「桂冠桂皮肉桂

の別名。「桂月

将棋の駒の一。「桂馬

名のり]かつ・よし


けい【×桂】

読み方:けい

ニッケイ慣用漢名また、トンキンニッケイカシア)の漢名

カツラの別名。中国ではモクセイをいう。

将棋で、「桂馬(けいま)」の略。


かつら‐りきゅう【桂離宮】


カツラ

別名:桂
【英】:Cercidiphyllum japonicum
(カツラ科)


北海道本州四国九州などに分布していますが、蓄積の多いのは北海道です。しかし、最近では生産量少なくなってきています。

木材
心材と辺材の色の差ははっきりしてます。前者褐色で、後者黄白色です。カツラの木の中で、色の濃いものをヒカツラ、淡いものをアオカツラと呼んで区別することもあります。前者のほうがよいとされています。年輪わかります。肌目は精です気乾比重は0.40-0.50(平均値)-0.66でやや軽軟な木材いえます保存性低い木材です。切削などの加工容易で表面はよく仕上ります。

用途
軽軟で、加工し易いので、家具用材、とくに引き出し側板としては定評あります。しかし、最近では生産量減り需要追い付かなくなってきため、ずっと値段の易い南洋材中から材質比較似ているようなものを探しだしナンヨウカツラというような商品名をつけて代用品にしていることが多くなっていますしたがって、よほどでないと、カツラを引き出し側板使ったような家具出会うことはないようです。かっては、洗濯用の張り板和裁裁ち板などのような用途があり、われわれには馴染みの深い木材だったのですが。碁・将棋などの盤、彫刻器具などにも使われます。


読み方:かつら

  1. 私の今の心は永遠に変りませぬ。といふ意を含ませる。〔花言葉

分類 花言葉

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ









地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

駅名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
かつら
けい
さち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/25 04:24 UTC 版)

(かつら、けい)




「桂」の続きの解説一覧

桂(かつら)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/28 08:28 UTC 版)

暗夜鬼譚」の記事における「桂(かつら)」の解説

夏樹深雪乳母年のせいもあって、目があまりよくない夏樹出世夢見ている。陰陽師嫌っており、夏樹一条仲良くするのも、あまり良く思っていない。

※この「桂(かつら)」の解説は、「暗夜鬼譚」の解説の一部です。
「桂(かつら)」を含む「暗夜鬼譚」の記事については、「暗夜鬼譚」の概要を参照ください。


桂(かつら)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/02 20:15 UTC 版)

輝夜姫」の記事における「桂(かつら)」の解説

キム・ソギョンドナー双子の兄弟子供っぽい支えしっかり者失い道具として生かされる自らの境遇絶望し、度々自殺図ったため、臓器保存するために脳を取り除かれる

※この「桂(かつら)」の解説は、「輝夜姫」の解説の一部です。
「桂(かつら)」を含む「輝夜姫」の記事については、「輝夜姫」の概要を参照ください。


桂(けい / 桂馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/07 23:04 UTC 版)

闇狩人」の記事における「桂(けい / 桂馬)」の解説

ブーメランの手鎌を用い投擲によって目標を殺す闇狩人。パーマヘアの女性手鎌工事現場クレーンワイヤーが切れるよう細工してオッサンと傍にいた子供巻き添えにした。間と1対1対決では首を狙おうとしたが、定規左手持ち替えたことで手鎌弾かれ一撃受けた

※この「桂(けい / 桂馬)」の解説は、「闇狩人」の解説の一部です。
「桂(けい / 桂馬)」を含む「闇狩人」の記事については、「闇狩人」の概要を参照ください。


桂(かつら)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 05:58 UTC 版)

二月の勝者-絶対合格の教室-」の記事における「桂(かつら)」の解説

佐倉先輩女性講師ボブヘアで、メガネをつけている。塾事情詳しく佐倉教えたり助言したりする。喫煙者だったが、現在は禁煙している。

※この「桂(かつら)」の解説は、「二月の勝者-絶対合格の教室-」の解説の一部です。
「桂(かつら)」を含む「二月の勝者-絶対合格の教室-」の記事については、「二月の勝者-絶対合格の教室-」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/17 04:15 UTC 版)

パパと踊ろう」の記事における「桂」の解説

カツラ屋の息子カツラ被っている。鼻が特徴的

※この「桂」の解説は、「パパと踊ろう」の解説の一部です。
「桂」を含む「パパと踊ろう」の記事については、「パパと踊ろう」の概要を参照ください。


桂(かつら)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/06 17:15 UTC 版)

少女七竈と七人の可愛そうな大人」の記事における「桂(かつら)」の解説

雪風父親。てこでも働かない昔は美男子女たらしだった。多岐妊娠し渋々結婚した

※この「桂(かつら)」の解説は、「少女七竈と七人の可愛そうな大人」の解説の一部です。
「桂(かつら)」を含む「少女七竈と七人の可愛そうな大人」の記事については、「少女七竈と七人の可愛そうな大人」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/01/24 02:42 UTC 版)

黒田さんと片桐さん」の記事における「桂」の解説

コーエーテクモゲームス広報爽やかな男性片桐黒田がコーテクの社内見学ツアー来訪した際に案内した

※この「桂」の解説は、「黒田さんと片桐さん」の解説の一部です。
「桂」を含む「黒田さんと片桐さん」の記事については、「黒田さんと片桐さん」の概要を参照ください。


桂(かつら)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/01 00:04 UTC 版)

谷仮面」の記事における「桂(かつら)」の解説

大和工業リーダー格ヒゲ面巨漢河川敷での鳥山VS大和乱闘最中ついでに」と谷に殴り飛ばされた。

※この「桂(かつら)」の解説は、「谷仮面」の解説の一部です。
「桂(かつら)」を含む「谷仮面」の記事については、「谷仮面」の概要を参照ください。


桂(かつら)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/10 01:34 UTC 版)

イティハーサ」の記事における「桂(かつら)」の解説

亞神律尊の戒士。威神襲撃から生き延びた透祜達を助ける。己を省みず世界の謎希求する青比古衝撃を受け、慕うようになる

※この「桂(かつら)」の解説は、「イティハーサ」の解説の一部です。
「桂(かつら)」を含む「イティハーサ」の記事については、「イティハーサ」の概要を参照ください。


桂(かつら)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/01 07:13 UTC 版)

包丁」の記事における「桂(かつら)」の解説

刀における「鎺/鈨(はばき)」に相当する中子/茎(なかご)を差し込む側の割れを防ぐために取付けた輪っか口輪)。英語でいうところの "bolsterボルスター)"。ステンレス鋼真鍮など金属製のものを口金くちがね英語名 "ferruleフェルール〉")、水牛角で作られたものを角巻(つのまき)と呼ぶ特注高級品は銀や真珠貝使用する場合もある一方廉価な普及品では合成樹脂エボナイト製が多く、「PC桂」「プラスチック桂」などと呼ぶ。なお、「桂」は当て字である。【図説2】のF。

※この「桂(かつら)」の解説は、「包丁」の解説の一部です。
「桂(かつら)」を含む「包丁」の記事については、「包丁」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 17:00 UTC 版)

青春甘辛煮」の記事における「桂」の解説

はるさめ高校剣道部顧問髪形怪しく高杉(兄)には「ヅラ先生」と呼ばれている。名前のモチーフ桂小五郎

※この「桂」の解説は、「青春甘辛煮」の解説の一部です。
「桂」を含む「青春甘辛煮」の記事については、「青春甘辛煮」の概要を参照ください。


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/04 07:18 UTC 版)

無限の玄/風下の朱」の記事における「桂」の解説

玄の次男語り手

※この「桂」の解説は、「無限の玄/風下の朱」の解説の一部です。
「桂」を含む「無限の玄/風下の朱」の記事については、「無限の玄/風下の朱」の概要を参照ください。


桂(ケイ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/20 00:06 UTC 版)

マジンガー乙女」の記事における「桂(ケイ)」の解説

婆土須(ばーどす)高校校長作られた3悪人こと機械獣軍団長女ガラダK7を基にして作られたアンドロイド色々と問題のある2人に対するツッコミでもある

※この「桂(ケイ)」の解説は、「マジンガー乙女」の解説の一部です。
「桂(ケイ)」を含む「マジンガー乙女」の記事については、「マジンガー乙女」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「桂」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 01:20 UTC 版)

発音(?)


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「桂」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



桂と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「桂」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
96% |||||

6
78% |||||

7
78% |||||

8
78% |||||



検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



桂のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本木材総合情報センター日本木材総合情報センター
©Japan Wood-Products Information and Research Center 2022 All Rights Reserved, Copyright
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2022 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの桂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの暗夜鬼譚 (改訂履歴)、輝夜姫 (改訂履歴)、闇狩人 (改訂履歴)、二月の勝者-絶対合格の教室- (改訂履歴)、パパと踊ろう (改訂履歴)、少女七竈と七人の可愛そうな大人 (改訂履歴)、黒田さんと片桐さん (改訂履歴)、谷仮面 (改訂履歴)、イティハーサ (改訂履歴)、包丁 (改訂履歴)、青春甘辛煮 (改訂履歴)、無限の玄/風下の朱 (改訂履歴)、マジンガー乙女 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS