クレーンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 工事 > クレーン > クレーンの意味・解説 

クレーン【crane】

読み方:くれーん

の意》重量物つり上げて、平または垂直方向移動させる荷役機械起重機

[補説] 天井クレーン・ジブクレーン・橋形クレーンなどの固定式クレーンとトラッククレーン・ホイールクレーン・クローラークレーン・鉄道クレーン浮きクレーンなどの移動式クレーンがある。

クレーンの画像
「クレーン」に似た言葉

クレーン(NYSE:CR)

住所: 100 First Stamford PlaceStamford, CT 06902United States
電話: 1- (203) 363-7300
FAX: 1- (203) 363-7295
ウェブサイト: http://www.craneco.com
業種: 原材料
業界: その他の金属

» ダウ・ジョーンズ米国企業総合情報データベースはこちら

クレーン crane


クレーン

重量物吊り上げ水平移動運搬目的とする機械造園工事では、石の据え付け樹木の多植などに利用され現代造園工事にはなくてはならないものである最近は油圧式のものが多い。

種類

積載型クレーン 造園工事では、最も使われるクレーン。普通のトラック小型のクレーンを取り付けたもの。荷の積み降ろし運搬を、非常に迅速に行うことができる。庭石などを搬入して、一旦、降ろさずにそのまま据え付けることが可能である

トラッククレーン トラックシャーシ車体)に、360度回転するクレーンを載せたもの。荷を吊ったまま移動ができる、最も機動性優れるクレーンである。

ホイールクレーン タイヤのついた走行部分の上にクレーンを載せたもの。公道も走ることができ、軽い荷物であれば吊ったまま移動できる

クローラクレーン ホイールクレーンタイヤキャタピラ代えたようなクレーン。不整地の走行優れるが、公道を走ることはできないので、現場間の移動にはトレーラーなどが必要とされる



クレーン

名前 CraneCrayneKrane

クレーン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/27 05:38 UTC 版)

クレーン: craneクレィン)あるいは起重機(きじゅうき)とは、巨大なものや重いものを吊り上げて運ぶ機械である。


  1. ^ Chisholm, Hugh, ed. (1911). "Cranes" . Encyclopædia Britannica (英語). 7 (11th ed.). Cambridge University Press. pp. 368–372.
  2. ^ 労働安全衛生法および同法施行令の施行について”. 厚生労働省. 2020年3月14日閲覧。
  3. ^ クレーン等安全規則 第一章”. 労働衛生情報センター. 2020年3月14日閲覧。
  4. ^ NHKアーカイブス NHK名作選 NHKスペシャル エジプト発掘
  5. ^ a b The genius of Archimedes-- 23 centuries of influence on mathematics, science and engineering : Proceedings of an International Conference held at Syracuse, Italy, June 8-10, 2010. Paipetis, S. A., Ceccarelli, Marco.. Dordrecht: Springer. (2010). ISBN 978-90-481-9091-1. OCLC 654398775. https://www.worldcat.org/oclc/654398775 
  6. ^ a b Chondros, Thomas G. (2010-11-01). “Archimedes life works and machines”. Mechanism and Machine Theory 45 (11): 1766–1775. doi:10.1016/j.mechmachtheory.2010.05.009. ISSN 0094-114X. http://www.sciencedirect.com/science/article/pii/S0094114X10000959. 
  7. ^ a b Sayed, Osama Sayed Osman; Attalemanan, Abusamra Awad (19 October 2016). THE STRUCTURAL PERFORMANCE OF TOWER CRANES USING COMPUTER PROGRAM SAP2000-v18. Sudan University of Science and Technology. http://repository.sustech.edu/handle/123456789/15637. "The earliest recorded version or concept of a crane was called a Shaduf and used over 4,000 years by the Egyptians to transport water." 
  8. ^ Faiella, Graham. (2006). The technology of Mesopotamia (1st ed ed.). New York: Rosen Pub. Group. ISBN 1-4042-0560-8. OCLC 60375496. https://www.worldcat.org/oclc/60375496 
  9. ^ a b c d e f g h Coulton, J. J. (1974-11). “Lifting in early Greek Architecture” (英語). The Journal of Hellenic Studies 94: 1–19. doi:10.2307/630416. ISSN 0075-4269. https://www.cambridge.org/core/product/identifier/S0075426900101818/type/journal_article. 
  10. ^ a b c Dienel & Meighorner 1997
  11. ^ a b c d e f Lancaster, Lynne (1999-07). “Building Trajan's Column”. American Journal of Archaeology 103 (3): 419. doi:10.2307/506969. https://www.jstor.org/stable/506969?origin=crossref. 
  12. ^ a b c d e f g h i j k l Europaische Technik im Mittelalter : 800 bis 1200 : Tradition und Innovation ; ein Handbuch. Lindgren, Uta.. Berlin: Mann. (1996). ISBN 3-7861-1748-9. OCLC 231682668. https://www.worldcat.org/oclc/231682668 
  13. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r Matthies, Andrea L. (1992-07). “Medieval Treadwheels: Artists' Views of Building Construction”. Technology and Culture 33 (3): 510. doi:10.2307/3106635. https://www.jstor.org/stable/3106635?origin=crossref. 
  14. ^ What the housewife used to cook meals: fireplace hangers, pot cranes, fire and cup dogs, tongs and other implements”. www.victorianweb.org. 2019年12月10日閲覧。
  15. ^ Armstrong Hydraulic Crane”. Machine-History.Com. 2014年1月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年12月10日閲覧。
  16. ^ a b Dougan, David, 1936- (1991). The great gun-maker : the story of Lord Armstrong. Northumberland: Sandhill Press. ISBN 0-946098-23-9. OCLC 59990907. https://www.worldcat.org/oclc/59990907 
  17. ^ McKenzie, Peter, 1941- (1983). W.G. Armstrong : the life and times of Sir William George Armstrong, Baron Armstrong of Cragside. [Morpeth]: Longhirst. ISBN 0-946978-00-X. OCLC 21303104. https://www.worldcat.org/oclc/21303104 
  18. ^ “Crane links Newcastle and Venice” (英語). (2010年5月20日). http://news.bbc.co.uk/local/tyne/hi/people_and_places/history/newsid_8694000/8694543.stm 2019年12月10日閲覧。 


「クレーン」の続きの解説一覧

クレーン

出典:『Wiktionary』 (2021/08/09 10:33 UTC 版)

語源

英語 crane

名詞

クレーン

  1. 巨大重量物吊り上げ水平垂直方向移動させる荷役機械起重機

発音

翻訳


「クレーン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



クレーンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「クレーン」の関連用語

クレーンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



クレーンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2022 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2022 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
日本ダム協会日本ダム協会
Copyright 2022 JAPAN DAM FOUNDATION All rights reserved.
ダム事典は、財団法人日本ダム協会によって運営されているダム便覧のコンテンツのひとつです。
社団法人日本造園組合連合会社団法人日本造園組合連合会
JAPAN FEDERATION OF LANDSCAPE CONTRACTORS 2022 All rights reserved
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのクレーン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのクレーン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS