バベルの塔とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 建物・施設 > 施設 > > > バベルの塔の意味・解説 

バベル‐の‐とう〔‐タフ〕【バベルの塔】

読み方:ばべるのとう

Babel聖書地名シナル古都旧約聖書創世記にある伝説上の塔。ノアの大洪水ののち、人類バビロンに天に達するほどの高塔建てようとしたのを神が怒りそれまで一つであった人間言葉混乱させて互いに通じないようにした。そのため人々工事中止し各地に散ったという。転じて傲慢に対す戒めや、実現不可能な計画の意にも用いられる

[補説] 作品名別項。→バベルの塔


バベルのとう〔‐のタフ〕【バベルの塔】


バベルのとう 【バベル(Babel)の塔】

①『旧約聖書創世記第一一章記されている伝説の塔。ノアの洪水後、人間が天にも届くような高い塔を築き始めたのを神が見てそのおごりをいかり、人々言葉混乱させ建設中止させたという。②古代バビロニア建てられた聖塔。③転じて自己の限界をも省みない、実現不可能なくわだてにもいう。

バベルの塔

作者橋本治

収載図書BA-BAHその他
出版社筑摩書房
刊行年月2006.12


バベルの塔

作者ロジャー・パルバース

収載図書新バイブル・ストーリーズ
出版社集英社
刊行年月2007.12


バベルの塔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/22 09:49 UTC 版)

バベルの塔(バベルのとう、ヘブライ語: מִּגְדָּ֑ל בָּבֶ֔ל‎、ラテン文字:Migdal Babel)は、旧約聖書の「創世記」中に登場する巨大な。神話とする説が支配的だが、一部の研究者は紀元前6世紀バビロンのマルドゥク神殿に築かれたエ・テメン・アン・キジッグラト(聖塔)の遺跡と関連づけた説を提唱する[1][2]


  1. ^ 宇田進 『新キリスト教辞典』いのちのことば社、1991年9月。ISBN 4264012589 
  2. ^ アンドレ・パロ 『聖書の考古学 ノアの箱舟とバベルの塔』みすず書房、1958年5月。 NCID BA69690817 
  3. ^ 岩波書店発刊 広辞苑-第四版-2095頁、項目「バベルの塔」より。
  4. ^ シュメールと音が似ていることが、よく指摘される。
  5. ^ フェデリコ・バルバロ「創世記」『聖書』、講談社、p.24、2007年第16刷(1980年第1刷)
  6. ^ ヘブライ語、慣習で「名」と訳されている。名誉・名声の意味も有る。
  7. ^ 日本聖書学研究所 (1975). 聖書外典偽典 第4巻 -旧約聖書偽典Ⅱ-. 教文館. pp. 55. ISBN 978-4-7642-1904-5 
  8. ^ フラウィウス・ヨセフス 秦剛平訳 (1982). ユダヤ古代誌〈1~2〉. 山本書店. pp. 72-75. ASIN B000J7JBWM 
  9. ^ 「バベルの塔」現代日本に出現したら 芸大チーム試算朝日新聞デジタル(2017年4月21日)
  10. ^ 紀伊國屋書店刊 タロット大全-歴史から図像まで(著:伊泉龍一)


「バベルの塔」の続きの解説一覧

バベルの塔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 14:00 UTC 版)

賭博黙示録カイジ」の記事における「バベルの塔」の解説

スタッフピストル合図ゲームスタートし同時に目的地となるビルの場所が垂れ幕によって伝えられる。いち早く該当ビル屋上到着し高さ約8mの棒の頂上に貼られたカード最初に触れた参加者勝者となるカード表面人生逆転カード呼ばれ電卓のように数字打ち込むことでその分お金獲得できる上限は9億9999万円)。裏面魔法キーで、人生変える極秘情報得られる勝者カードの表か裏のどちらか1つ選択することが出来る

※この「バベルの塔」の解説は、「賭博黙示録カイジ」の解説の一部です。
「バベルの塔」を含む「賭博黙示録カイジ」の記事については、「賭博黙示録カイジ」の概要を参照ください。


バベルの塔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 04:07 UTC 版)

ソードアート・オンラインのコンピュータゲーム作品」の記事における「バベルの塔」の解説

ペルソナ・ヴァベルによってニーベルハイムに建てられ巨大な塔

※この「バベルの塔」の解説は、「ソードアート・オンラインのコンピュータゲーム作品」の解説の一部です。
「バベルの塔」を含む「ソードアート・オンラインのコンピュータゲーム作品」の記事については、「ソードアート・オンラインのコンピュータゲーム作品」の概要を参照ください。


バベルの塔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/02 14:41 UTC 版)

ガイア幻想紀」の記事における「バベルの塔」の解説

旧約聖書登場するバベルの塔がモデル

※この「バベルの塔」の解説は、「ガイア幻想紀」の解説の一部です。
「バベルの塔」を含む「ガイア幻想紀」の記事については、「ガイア幻想紀」の概要を参照ください。


バベルの塔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/24 09:48 UTC 版)

ナムコアンソロジー」の記事における「バベルの塔」の解説

アクションパズルゲーム。

※この「バベルの塔」の解説は、「ナムコアンソロジー」の解説の一部です。
「バベルの塔」を含む「ナムコアンソロジー」の記事については、「ナムコアンソロジー」の概要を参照ください。


バベルの塔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/29 01:06 UTC 版)

反射衛星砲」の記事における「バベルの塔」の解説

テレビアニメ『ふしぎの海のナディア』登場。「ルシファー」や「ミカエル」など、計12個の「しもべの星」と呼ばれる反射衛星介し地球各地Ν-ノーチラス号攻撃した

※この「バベルの塔」の解説は、「反射衛星砲」の解説の一部です。
「バベルの塔」を含む「反射衛星砲」の記事については、「反射衛星砲」の概要を参照ください。


バベルの塔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 08:09 UTC 版)

バビル2世」の記事における「バベルの塔」の解説

超高性能コンピュータ管理しており、5000年間地球上の様々な出来事記録している。人工砂嵐起こしてその所在隠し催眠ライト・レーザー砲・ミサイルなどで武装侵入者は塔内に仕掛けられ数々の罠で撃退する。そして破壊されても自動修復する機能持ちバビル2世超能力者としての教育を施す装置傷ついたバビル2世癒す治療装置完備しているアニメ第1作のみ「バビルの塔」と呼ばれる。 『バビル2世 ザ・リターナー』では、オーバーテクノロジー固まりであるコンピューター本体から情報読み出し一部管理するのに、現代既存コンピューターなど機材アラブ系ペーパーカンパニー利用して購入した)を利用しているとされている。 なお、第1作において声を担当した声優数人おり、初期井上真樹夫第6話)なども演じていたが、中盤以降山田俊司(現 キートン山田)と矢田耕司による、独特のカン高い声による「コンピュータ音声」に固定された。

※この「バベルの塔」の解説は、「バビル2世」の解説の一部です。
「バベルの塔」を含む「バビル2世」の記事については、「バビル2世」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「バベルの塔」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

バベルの塔

出典:『Wiktionary』 (2021/06/13 13:59 UTC 版)

固有名詞

バベル

  1. (キリスト教, ユダヤ教) 旧約聖書創世記」に記されている巨大な塔。

翻訳


「バベルの塔」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「バベルの塔」の関連用語

バベルの塔のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



バベルの塔のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバベルの塔 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの賭博黙示録カイジ (改訂履歴)、ソードアート・オンラインのコンピュータゲーム作品 (改訂履歴)、ガイア幻想紀 (改訂履歴)、ナムコアンソロジー (改訂履歴)、反射衛星砲 (改訂履歴)、バビル2世 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのバベルの塔 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS