ハムとは?

ハム【hum】

ラジオ・テレビなどの受信機で、電源交流を用いた場合に出る、ブーンという雑音ハム音ハムノイズ


ハム【ham】

豚肉塩水漬けてから燻製(くんせい)にした加工食品もも肉骨付きが本来であるが、ボンレスハム・ロースハム・生ハムや、他の畜肉魚肉などを使ったプレスハムもある。

太もも後ろ。→ハムストリング

メタ構文変数で用いられる、意味をもたない文字列の一。

ハムの画像

ハム【HAM】


ハム【ham】


は・む【塡む】

[動マ下二「はめる」の文語形


は・む【食む】

[動マ五(四)

食物をかんで食う。また、飲み込む。「を—・む牛の群れ

そこなう。害する

「吾心を—・み尽し」〈紅葉金色夜叉

俸給などを受ける。「高禄を—・む」


はむ【×鱧】


アマチュア無線

アマチュア無線とは?

 

金銭上の利益のためではなく無線技術対す個人的興味から自己訓練通信技術的研究のために開設される無線局アマチュア無線局といい、「ハム」という通称親しまれています。

世界中に約230局、また国内でも約56局が開設されており、活発な無線交信が行われています。また無線科学進歩国際親善等にも寄与してきており、更に非常災害時には人命救助等にも活躍するなど社会的にも大きく貢献しています。

現在アマチュア無線局運用許可されている周波数帯は、 1.9MHz帯から249GHz帯までの間に23バンドあり、各々電波伝搬特徴を生かした交信が行われています。通信手段は、モールス音声通信主流で、数の上では、V/UHF帯のFMによる音声通信が一番多くなっています。またそのほかに文字通信画像通信コンピュータ通信などがあり、衛星月面利用した通信を行っている無線局あります

使い方によってもいろいろな楽しみ方ができ、 自宅等から電波出して、近くの局や国内遠くの局、海外の局と交信する固定運用自動車等に無線機積み込み運用するモービル移動体)運用などがあります


アマチュア無線を始めにあたって

 

○ アマチュア無線を始めるには、無線従事者の資格無線局免許が必要です。 国家試験合格するか総務大臣認定した養成課程講習会修了し、無線従事者免許証取得後、アマチュア無線局免許申請行い無線局免許状取得してください。第4級アマチュア無線技士資格取得するための講習会は、全国行われており、土曜日曜など2日間で資格取得できるコース設置している養成課程あります

○ アマチュア無線局免許有効期間5年です。再免許希望する場合には、有効期間満了1か月以上1年超えない期間に申請を行う必要がありますこの期間内申請を行わない場合には、再免許することができず、新たにアマチュア無線局開設することになりますので、十分注意をしてください

○ アマチュア無線は、業務用として使用することはできません。業務使用する場合には、アマチュア無線以外の業務用無線局の免許を受け、使用することとなります。


図:アマチュア無線の楽しみ方

写真:アマチュア無線を楽しむ子供たち

読み方:ハム(hamu)

ハモ古名


ハム 【Ham】

人名聖書によれば、ノア末子南方民族の祖とされる。②地名。「黒色の地」を意味しエジプトをいう。

ハム

名前 HamHammChamḤāmHumm

ハム

読み方:はむ

  1. 監獄ニ入ルヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・岐阜県

分類 岐阜県


ハム

読み方:はむ

  1. 汽車ノコトヲ云フ。〔第七類 家屋其他建造物之部・京都府

分類 京都府

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

水鮦

読み方:ハム(hamu)

梅雨時にとれたはものこと

季節

分類 人事


ハム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/16 04:34 UTC 版)

ハム: ham)は、豚肉猪肉のもも肉を塊のまま塩漬けした加工食品。または、その類似品。英語の ham とは元々は「豚のもも肉」の意味であるが、「豚のもも肉を塩漬けにした加工食品」を指す場合が多い。さらに米国日本においては豚のもも肉以外を用いた加工食品を指すことがしばしばある。本項目においても、加工食品としてのハムについて記述する。燻製したものが多いが、しないものもある。


  1. ^ ハム・ソーセージなんでも相談室”. 有限会社播州ハム工業所. 2015年11月14日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年6月12日閲覧。
  2. ^ 発色剤(亜硝酸・硝酸)についての考察”. 自家製ハム・ソーセージの歩人ほびっと. 2016年5月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2016年6月12日閲覧。
  3. ^ Harold McGee 2008, pp. 169-172.
  4. ^ 近藤, 合田 & 正戸 2013, p. 80。語義の2.より。一般的には脂身や脂肪のこと。部位も背脂に限定されない。
  5. ^ 国際がん研究機関 (2015-10-26). IARC Monographs evaluate consumption of red meat and processed meat (Report). http://www.iarc.fr/en/media-centre/pr/2015/pdfs/pr240_E.pdf.  WHO report says eating processed meat is carcinogenic: Understanding the findings”. ハーバード公衆衛生大学院英語版 (2015年11月13日). 2017年5月6日閲覧。



ハム

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 22:12 UTC 版)

名詞:音

ハム

  1. テレビラジオなどの受信機電源において交流使用した際の、ブーンと出る雑音

発音

は↘む

翻訳

名詞:職業

ハム

  1. アマチュア無線家

発音

は↘む

翻訳

名詞:食品

  1. 豚や腿肉ももにく塩漬けまたは燻製にした食品

発音

は↘む

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハム」の関連用語

ハムのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ハムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
総務省総務省
Copyright(C)Telecommunications Bureau of the Ministry of Internal Affairs and Communications All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのハム (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS