紅葉とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > 草木 > 木の葉 > 紅葉の意味・解説 

こう‐よう〔‐エフ〕【紅葉】

[名](スル)秋になって紅色に変わること。また、その葉緑素がなくなり、アントシアンなどの色素蓄積して起こる。黄葉含めていうこともある。もみじ。「全山みごとに紅葉する」《 秋》「—の色きはまりて風を絶つ/宋淵」


もみじ‐ば〔もみぢ‐〕【紅葉/黄葉】

上代は「もみちば」》紅または黄に色づいた木の葉。もみじ。《 秋》


もみじ〔もみぢ〕【紅葉/黄葉】

[名](スル)動詞「もみ(紅葉)ず」の連用形から。上代は「もみち」》

晩秋草木が赤や黄色色づくこと。また、そのこうよう。「美しく—した山」《 秋》「山くれて—の(あけ)をうばひけり/蕪村

カエデの別名。また、その

襲(かさね)の色目の名。表は紅、裏は青。一説に、表は赤、裏は濃い赤とも。もみじがさね

紋所の名。カエデの葉図案化したもの

鹿の肉。鹿には紅葉が取り合わせであるところからいう。

紅葉/黄葉の画像
紅葉(5)

こう‐よう ‥エフ 【紅葉】

〔名〕 植物の緑葉秋に紅色に変わる現象また、その紅色になったにできるアントシアンなどの色素が、離層形成によって移動妨げられ蓄積して起こると考えられる。紅葉と黄葉が同じに生じることもあり、秋季以外にも色素一時的蓄積して紅葉することもある。紅葉化。もみじ。《季・秋

和漢朗詠(1018頃)上「文峯(ぶんほう)に轡を案ず白駒の景(かげ)、詞海に舟を艤(よそ)ふ紅葉の声〈大江以言〉」

浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉二「(もみぢ)は既に紅葉したのも有り、まだしないのも有る」〔白居易‐送王十八帰山寄題仙遊寺詩〕


もみじ もみぢ 【紅葉・黄葉・栬】

〔名〕 (動詞「もみず(紅葉)」の連用形名詞化古くは「もみち」)

① (━する) 秋に草木が赤や黄に変わること。紅葉(こうよう)すること。また、その。《季・秋

万葉(8C後)一五・三七〇七「秋山の毛美知(モミチ)をかざしわが居れば浦潮満ち来いまだ飽かなくに

(かえで)、またはをいう。

小学読本(1874)〈榊原那珂稲垣〉三「紅葉を愛するは蝦手(かへて)を最とす、故に特に紅葉(モミチ)の名を擅にす」

紋所の名。図柄したもの。丸に紅葉、杏葉紅葉など。

丸に紅葉@杏葉紅葉の画像

④ 「もみじがさね紅葉襲)」の略。

讚岐典侍(1108頃)下「五節のをり著たりしきなるより紅までにほひたりし紅葉どもに」

(5) 恥ずかしさ怒りのために顔が赤くなることのたとえ。→もみじを散らす

浮世草子傾城禁短気(1711)一「くっと気をあげ、時ならぬ紅葉(モミヂ)面にあらはし」

(6) 花札で一〇月を表わす紅葉に鹿図柄の一〇点、紅葉に短冊の五点札と、一点二枚がある。

(7) 料理で、秋の紅した木の葉の色を表わしたものにいう語。

(8) 鹿の肉。鹿には紅葉が取り合わせであるところからいう。また、(いのしし)の肉をいうこともある。

洒落本蚊不喰呪咀曾我(1779)「さればさ、もみぢのすいものをくっているおりすけをみるようでござる

随筆皇都午睡(1850)三「猪鹿の肉を〈略〉牡丹紅葉など呼ぶ事とはなりぬ」

(9) 俗に牛肉をいう。

いやな感じ196063)〈高見順〉一「丸万のおごりで、久しぶりモミジ牛肉)にありついた」

(10) 小麦の挽きかす。ふすま。もと、女房詞また、大坂でいった語。〔男重宝記元祿六年)(1693)〕

(11) 茄子(なすび)をいう女房詞。〔女中詞元祿五年)(1692)〕

(12) 立てるときに、「紅葉」を音読した「こうよう」を「濃う善う」に通わせていうしゃれ。

咄本醒睡笑(1628)五「お茶をもみぢにたてよ〈略〉ただこうようにといふ事なり」

(13) 魚の鰭(ひれ)の部分の名。背鰭中央あたりをいう。

(14) 囲(かこい)女郎異称

浪花聞書頭注)(1819頃)「鹿古伊六字とも唱ふ、もみじとも云よし」

(15)もみじがさ紅葉笠)」の略。

洒落本当世風俗通(1773)極上息子風「傘。蛇の目賤し紅葉のしら張、爪折したてがよし」

(16)もみじぶくろ紅葉袋)」の略。

雑俳川柳万句合安永四(1775)仁五「彌三良もみぢをとほしとほしうり


もみじ‐ば もみぢ‥ 【紅葉・黄葉】

1古くは「もみちば」) 秋の末、紅、または黄色に色づいた草木。特に、紅葉(こうよう)した(かえで)の。《季・秋

万葉(8C後)一五・三〇〇あしひきの山した光る毛美知(モミチば)の散りの乱(まが)ひは今日にもあるかも」

2歌い出しが「紅葉ば」であるところからいう) 長唄。「高尾懺悔(たかおさんげ)」の一部分独立させて、初心者用の入門曲にしたもの


もみた・す【紅葉・黄葉】

〔他サ四〕 (自動詞「もみつ(紅葉)」に対す他動詞形) 木の葉を、紅や黄に色づかせる。紅葉させる。

後撰(951‐953頃)秋下・三七七「雁なきて寒き朝の露ならし龍田の山をもみたすものは〈よみ人しらず〉」


もみ・つ【紅葉・黄葉】

〔自タ四〕 =もみず(紅葉)(二)

万葉(8C後)一四・三四九四「子持山若かへるての毛美都(モミツ)まで寝もと吾(あ)は思(も)ふ汝は何(あ)どか思(も)ふ」


もみ・ず もみづ 【紅葉・黄葉】

古くは「もみつ」)

1 〔自ダ四〕 ⇒もみつ(紅葉)

2 〔自ダ上二〕 (四段活用動詞「もみつ」が平安初期以後上二段化し、語尾濁音したもの秋になり、木の葉が紅や黄に色づく。紅葉(こうよう)する。《季・秋

古今(905‐914)冬・三四〇「ふりてとしのくれぬる時にこそつひにもみぢぬもみえけれ〈よみ人しらず〉」


紅葉

読み方:モミジmomiji

秋の終わりごろ、木の葉が赤や黄などに変わること


紅葉

作者芥川龍之介

収載図書芥川龍之介全集 第7巻 秋山図 奇怪な再会
出版社岩波書店
刊行年月1996.5


紅葉

作者芹沢光治良

収載図書短篇集 死者との対話
出版社新潮社
刊行年月1997.4
シリーズ名芹沢光治良文学館


紅葉

作者吉村昭

収載図書天に遊ぶ
出版社新潮社
刊行年月1999.5

収載図書天に遊ぶ
出版社新潮社
刊行年月2003.5
シリーズ名新潮文庫


紅葉

作者東めぐみ

収載図書花ごよみ
出版社健友館
刊行年月2002.5


紅葉

作者たちばな太郎

収載図書とわに愛す
出版社新風舎
刊行年月2004.5


紅葉

作者小檜山博

収載図書小檜山博全集 第2巻(小説2)
出版社艪舎
刊行年月2006.10


紅葉

作者心公也

収載図書人間倦怠
出版社講談社出版サービスセンター
刊行年月2006.11


紅葉

読み方:もみじ

  1. 戸締り箇所施してある錠前或は看守を云ふ。
  2. 茄子。②戸締り箇所施してある錠前或いは看守をいう。

紅葉

読み方:もみじ

  1. 茄子(なすび)をいふ、女詞。
  2. 茄子を云ふ。

分類 女ことば、女詞


紅葉

読み方:もみじ

  1. 牛肉のことをいふ。馬肉の事をといふ。共に紅いから。
  2. 牛肉のことをいふ。牛肉の色は紅いから。
  3. 牛肉のことをいふ。
  4. 牛肉。色の連想。〔香〕

分類 俗語、香

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

紅葉

読み方:コウヨウ(kouyou)

晩秋気温が下がると、落葉木は、が赤く色を染めたり、種類によって黄色に変わることの総称

季節

分類 植物


紅葉

読み方:コウヨウ(kouyou)

作者 芹沢光治良

初出 昭和31年

ジャンル 小説


紅葉

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

紅葉

読み方
紅葉もみじ

紅葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/08 09:54 UTC 版)

紅葉(こうよう)、もみじ(紅葉、黄葉)とは、主に落葉広葉樹落葉の前にが変わる現象のこと。ただし、単に赤変することを紅葉(こうよう)と呼ぶ場合もある。





紅葉

出典:『Wiktionary』 (2017/09/29 00:31 UTC 版)

名詞

こうよう

  1. に、植物の色が赤色黄色変化する現象
  2. 赤色黄色に色づいた

発音

こ↗ーよー

関連語

備考

黄色変化すること、また変化した黄葉呼び区別することもある。

動詞

活用

サ行変格活用
紅葉-す

和語の漢字表記

(もみじ)

  1. もみじ 参照



紅葉と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「紅葉」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
98% |||||

5
98% |||||

6
98% |||||

7
98% |||||

8
98% |||||

9
98% |||||

10
98% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



紅葉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの紅葉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの紅葉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS