茄子とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > 一年草 > 茄子の意味・解説 

なす【茄子/×茄】

読み方:なす

ナス科多年草栽培上は一年草大きな楕円形夏から秋紫色の花を開く。実を食用とし、果皮はふつう紫黒色光沢があり、形は品種によって丸いものや細長いものなどさまざま。インド原産といわれる。なすび。《 夏》「採る—の手籠(てかご)にきゅアとなきにけり/蛇笏

[補説] ナス科双子葉植物は、約2000種が熱帯から温帯分布し中南米多く、ナス・トマト・ジャガイモ・タバコやチョウセンアサガオ・ハシリドコロなども含まれる

茶の湯用い茶入れの一。丸形で口もとがすぼみ、中央ふくらんだ形のもの。

茄子/茄の画像
茄子を模した紋所一つ付き茄子」
茄子の画像
茄子/茄の画像
茄子の画像
茄子(2)

なすび【茄子/×茄】

読み方:なすび

ナスの別名。《 夏》

紋所の名。ナスの実・花・葉組み合わせて図案化したもの


茄子


ナス

ナス
科名 ナス科
別名: ナスビ
生薬名: カシ(茄子)
漢字表記 茄子
原産 インド中国日本
用途 熱帯では多年草日本では一年草民間薬として、花をクズ花と一緒煎じて二日酔いに、ヘタ黒焼きは、はれものしもやけなどに外用ます。
学名: Solanum melongena L.
   

なす (茄子)

Solanum melongena

Solanum melongena

Solanum melongena

Solanum melongena

Solanum melongena

Solanum melongena

Solanum melongena

Solanum melongena

Solanum melongena

Solanum melongena

インド東部東ガーツ山脈Eastern Ghats Mountains)が原産考えられています。わが国へは、奈良時代中国から渡来しました。したがって名前も、漢名の「」、「茄子」に由来してます。いろいろな果形があり、ふつうには「中長なす」や「長なす」ですが、きわめて長い博多長」や丸型の「丸なす」、「賀茂なす」などもあります生育期は6月から9月ごろ、ちょうど原産地雨季にあたります。
ナス科ナス属多年草で、学名Solanum melongena。英名は Eggplant, Aubergine
ナスのほかの用語一覧
ナス:  瑠璃色蔓茄子  白茄子  羅紗茄子  茄子  蔓花茄子  角茄子  鵯上戸

茄子

読み方:なす

  1. 腰に提げたる蟇口のことをいふ。又巾着のことをなすともいふ。〔犯罪語〕
  2. ぼけなす略語犯罪語では腰に提げてゐる蟇口のことをいふ。
  3. 財布巾着或は時計の鎖。
  4. 財布蟇口或いは時計の鎖。

分類 俗語犯罪語、犯罪


茄子

読み方:なすび

  1. 病気にて子宮陰部の外に表はれ出でたるをいふ。
  2. 茄子。陰核異常に長きもの。或は子宮陰門外に脱出して形状茄子の如きものをいふ。俗語。なすびぼぼ。「色道禁秘抄」に「茄子は和漢同名にて産せし時児頭にて陰肉をすり破り外へ翻出して乾枯したる形を以て名くる也」とあり。「女才学絵抄」に「玉中の袋はりいでたる病ものにて玉門冷たく道具ととのはざる故なれば味ひ到つてあしし」。又「阥阦手事巻」に「なすびぼぼといふものにて開中のふくろはりいで行ふの邪魔になりてへのこ出入するにさはりあり」。「植えぬのにひよんな所へ茄子はえ」「かはらけと茄子夜陽に誘ひ合ひ」。
  3. 子宮脱
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

茄子

読み方:ナスビnasubi), ナスnasu

ナス科作物で、最も一般的な夏野菜一つ

季節

分類 植物


茄子

読み方:ナスnasu

作者 西脇順三郎

初出 昭和38年

ジャンル


茄子

読み方
茄子なす

ナス

(茄子 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/03/25 07:47 UTC 版)

ナス(茄子[2]、茄、ナスビ、学名Solanum melongena)は、ナス科ナス属の植物。また、その果実のこと。別名ナスビともよばれる[3]。インド原産で、淡色野菜として世界中で栽培されている。果実は黒紫色が多いが、色や形は様々で多数の品種がある。


注釈

  1. ^ 卵型の白い果実が一般的だった地域の英語名が“eggplant”となっている。

出典

  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Solanum melongena L. ナス(標準)”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2023年8月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j k 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 86.
  3. ^ a b c d e 貝津好孝 1995, p. 146.
  4. ^ a b c d e f g h i 主婦の友社編 2011, p. 24.
  5. ^ a b c d e f g h i j 小川正 (2016年7月20日). “湖国の食 ナス 多様な料理を楽しむ”. 中日新聞 (中日新聞社): p. 朝刊 びわこ版 17 
  6. ^ a b ナスのヘタに含まれる天然化合物、子宮頸がん細胞に抗腫瘍効果 名大”. 科学技術振興機構 (2024年1月5日). 2024年1月15日閲覧。
  7. ^ 【抗がん成分を発見?】なすのへたで「長生きスープ」つくってみた!”. がん情報チャンネル・外科医 佐藤のりひろ. 2024年1月15日閲覧。
  8. ^ 加納喜光『動植物の漢字がわかる本』山海堂、2007年、182頁。ISBN 4-381-02200-9 
  9. ^ a b 石尾員浩『野菜と果物 ポケット図鑑』主婦の友社、1995年、118頁。ISBN 4-07-216639-1 
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 講談社編 2013, p. 67.
  11. ^ 講談社編 2013, p. 64.
  12. ^ a b c d e f g 田中孝治 1995, p. 198.
  13. ^ a b c d e f g h i j 田中孝治 1995, p. 199.
  14. ^ 学研・たまねぎ舎編 2015, pp. 36–37.
  15. ^ 大久保 1995, p. 148.
  16. ^ a b c d e f g h i j k l m n 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 87.
  17. ^ a b c d 学研・たまねぎ舎編 2015, p. 31.
  18. ^ a b c d e 竹下大学 2022, p. 80.
  19. ^ 武光誠『歴史からうまれた日常語用語辞典』東京堂出版、1998年、230-231頁。ISBN 4-490-10486-3 
  20. ^ a b 竹下大学 2022, p. 81.
  21. ^ 大竹大学 2022, p. 81.
  22. ^ a b c d e f g h 主婦の友社編 2011, p. 28.
  23. ^ a b c d e f g h i 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, p. 241.
  24. ^ a b c d e f g 板木利隆 2020, p. 22.
  25. ^ 学研・たまねぎ舎編 2015, p. 36.
  26. ^ 板木利隆 2020, p. 23.
  27. ^ 板木利隆 2020, p. 26.
  28. ^ a b c d e f 主婦の友社編 2011, p. 29.
  29. ^ 学研・たまねぎ舎編 2015, p. 38.
  30. ^ a b c 主婦の友社編 2011, p. 30.
  31. ^ a b 学研・たまねぎ舎編 2015, p. 39.
  32. ^ a b c d e 学研・たまねぎ舎編 2015, p. 40.
  33. ^ a b 板木利隆 2020, p. 24.
  34. ^ 学研・たまねぎ舎編 2015, p. 30.
  35. ^ 金沢市中央卸売市場>豆知識>青果雑学>なす
  36. ^ a b c d e f g h i j k l m 主婦の友社編 2011, p. 25.
  37. ^ a b c d e f g h i 竹下大学 2022, p. 84.
  38. ^ a b c d e f g 講談社編 2013, p. 66.
  39. ^ a b c 竹下大学 2022, p. 82.
  40. ^ a b c 竹下大学 2022, p. 83.
  41. ^ 学研・たまねぎ舎編 2015, p. 34.
  42. ^ 竹下種苗 2022, p. 84.
  43. ^ a b c d 竹下大学 2022, p. 85.
  44. ^ しみずの農産物・ナス JAしみずホームページ
  45. ^ 萩たまげなす | ぶちうま!やまぐち.net~やまぐちの農林水産物~”. www.buchiuma-y.net. 2019年9月1日閲覧。
  46. ^ 学研・たまねぎ舎編 2015, p. 32.
  47. ^ 学研・たまねぎ舎編 2015, p. 35.
  48. ^ 猪股慶子監修 成美堂出版編集部編 2012, pp. 87, 98.
  49. ^ a b 文部科学省 「日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  50. ^ 厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2015年版)
  51. ^ 日本食品標準成分表2015年版(七訂)第2章 日本食品標準成分表 6.野菜類”. 文部科学省. p. 9. 2020年6月24日閲覧。
  52. ^ a b 講談社編 2013, p. 69.
  53. ^ a b 世界初!ナス由来の成分による血圧改善、気分改善効果を実証|What's New”. www.adeka.co.jp. ADEKA. 2020年6月24日閲覧。
  54. ^ 学研・たまねぎ舎編 2015, p. 41.
  55. ^ 第3章 調理室における衛生管理&調理技術マニュアル”. 文部科学省. 2020年6月5日閲覧。
  56. ^ 講談社編 2013, pp. 68–69.
  57. ^ 地球の歩き方編集室 編『世界のグルメ図鑑』学研プラス地球の歩き方BOOKS 旅の図鑑シリーズ〉、2021年7月26日、133頁。ISBN 978-4-05801659-6 
  58. ^ Çiğdem TEZ(チーダム・テズ)(著)、天野かよ 訳(編)「トルコの暮らしと食文化」『食品と容器』第57巻第1号、缶詰技術研究会、2016年、52-58頁。 
  59. ^ 服部幸應『世界の六大料理基本事典』東京堂出版、2015年2月20日、208頁。ISBN 978-4-490-10858-3 
  60. ^ Uses of Tropical Grain Legumes: Proceedings of a Consultants Meeting, 27-30 Mar 1989, ICRISAT Center, India. ICRISAT. (1991). pp. 108, 335. ISBN 978-92-9066-180-1. https://books.google.com/books?id=GNKzAAAAIAAJ 
  61. ^ 主婦の友社編 2011, p. 11.
  62. ^ 根田仁、毒きのこ類 森林科学 Vol.54 (2008) p.39-42, doi:10.11519/jjsk.54.0_39



茄子(なすび)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/15 14:35 UTC 版)

茶入」の記事における「茄子(なすび)」の解説

上にすぼまる形の小型茶入。本来は肩衝よりも格式上であり、古くは必ず漆塗りの盆に乗せて用いることを倣いとした。微妙な形の相違によって、「文琳」(ぶんりん)や「尻膨」(しりふくら)などと区別される歴史上特に有名なものを天下三茄子称することがある

※この「茄子(なすび)」の解説は、「茶入」の解説の一部です。
「茄子(なすび)」を含む「茶入」の記事については、「茶入」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「茄子」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

茄子

出典:『Wiktionary』 (2021/08/15 12:06 UTC 版)

この単語漢字
なす
人名 第一学年
熟字訓
この単語漢字
なすび
人名 第一学年
熟字訓

和語の漢字表記

(なす または なすび)

  1. なす漢字表記
  2. なすび漢字表記

関連語



「茄子」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



茄子と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「茄子」の関連用語

茄子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



茄子のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2024, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2024 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2024 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのナス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの茶入 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの茄子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS