歴史上とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 歴史上の意味・解説 

歴史上

読み方:れきしじょう

歴史の上で」という意味の、たとえば「人間社会これまでの営み俯瞰してみた場合に」「現在知られている歴史に関する知見における」といった意味合い用いられる表現

歴史上

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/13 00:52 UTC 版)

SATOR AREPO TENET OPERA ROTAS」の記事における「歴史上」の解説

最も古いSATORスクエアは、西暦79年ヴェスヴィオ火山噴火によって滅亡したヘルクラネウム遺跡発見されものである。ほかに、ローマサンタ・マリア・マッジョーレ大聖堂地下、コリニウム・ドブンノルム(英語版)(現在のイングランド・サイレンセスター)、ドゥラ・エウロポス現在のシリア)の発掘でも発見された。 イタリア・アブルッツォ州のカペストラーノ近くにある聖ペテロ・アド・オラトリアムのベネディクト修道院には、SATORスクエア大理石正方形碑文がある。同じく中央イタリアのヴァルヴィシオロ修道院英語版)で発見された例では、文字が5つ同心円状の輪を形成しており、それぞれ5つセクター分割されている。シエナ大聖堂外壁記念碑にもSATORスクエアがある。 イタリア国外では、リヴィングトン教会英語版)の敷地内にある石群で見つかった例は、SATOR AREPO TENET OPERA ROTASである。フランス・リュベロン(英語版)にあるオペード(英語版)の旧市街の壁にSATORスクエア刻まれている。

※この「歴史上」の解説は、「SATOR AREPO TENET OPERA ROTAS」の解説の一部です。
「歴史上」を含む「SATOR AREPO TENET OPERA ROTAS」の記事については、「SATOR AREPO TENET OPERA ROTAS」の概要を参照ください。


歴史上

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 03:47 UTC 版)

前装式」の記事における「歴史上」の解説

マスケット銃 - 前装式滑腔小銃総称で、マズルローダーとも呼ばれる一般的に丸玉(英語版)を用いるが、より小さな複数の丸玉を組み合わせて発射するバック・アンド・ボール(英語版)と呼ばれる散弾銃バックショット相当する実包用いられていた。火縄銃 - 日本におけるマッチロック式マスケット総称和製の種子島銃がこの範疇に含まれるゲベール銃 - 幕末の日本輸入され洋式マスケット銃のうち、フリントロック式またはパーカッションロック式滑腔小銃総称和製の種子島銃管打式改造したもの(新発銃)も含まれるライフルド・マスケット英語版) - マスケット銃のうち、施条銃身を持つものの総称。マズルローダー・ライフル(英語版)とも呼ばれるミニエー銃 - 幕末の日本輸入されライフルド・マスケットのうち、ミニエー弾英語版)を用いるものの総称日本ではしばしば前装式ライフル銃そのもの総称、あるいはミニエー弾用いマスケット銃総称として捉えられがちであるが、ミニエー銃以前ライフルド・マスケットには丸玉や特殊形状弾丸用いるものが数多く存在しており、本来丸玉を用いゲベール銃ミニエー銃登場後滑腔銃身のままミニエー弾用い運用がされた例も存在する為、前述の斜体部分のような認識は必ずしも適切とは言えない。 ラッパ銃 - 船上戦闘用大口マスケットまたはピストルブランダーバスやアークバス(英語版)の事を指す用語であるが、欧米側では一般的な名称ではない。なお、銃口ラッパになっているのは船上での装填容易にするめであり散弾発射したときに通常の銃以上に拡散させるためではない。 大筒 - 和製大砲のうち、前装式滑腔砲石火矢混同される場合もあるが、こちらは本来は後装式フランキ砲を指す用語である。 四斤山砲 - 幕末の日本輸入され前装式施条砲英語版)(ライフル砲)。ナポレオン砲とも呼ばれライット・システムの砲も含まれる

※この「歴史上」の解説は、「前装式」の解説の一部です。
「歴史上」を含む「前装式」の記事については、「前装式」の概要を参照ください。


歴史上(日本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/27 23:54 UTC 版)

命名」の記事における「歴史上(日本)」の解説

中世イエズス会士ロドリゲス著書によれば近世貴人武士は「仮名けみょう、かりな)」、「実名じつみょう)」の二つを持っており、一方庶民は「仮名けみょう、かりな)」しか持つことができなかったという。以下同書述べられていることの概要を示す

※この「歴史上(日本)」の解説は、「命名」の解説の一部です。
「歴史上(日本)」を含む「命名」の記事については、「命名」の概要を参照ください。


歴史上

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/24 05:56 UTC 版)

アッティクス」の記事における「歴史上」の解説

ティトゥス・ポンポニウス・アッティクス - 共和制ローマアテナイ知識人キケロ友人ヘロデス・アッティコス - 帝政ローマアテナイ知識人大富豪政治家。 ティベリウス・クラウディウス・アッティクス・ヘロデス(英語版) - 上記ヘロデス父親同業者アッティコス (哲学者)(英語版) - 帝政ローマアテナイ哲学者中期プラトン主義者。 アッティコス (コンスタンディヌーポリ総主教)(英語版) - 406年-425年コンスタンティノープル総主教

※この「歴史上」の解説は、「アッティクス」の解説の一部です。
「歴史上」を含む「アッティクス」の記事については、「アッティクス」の概要を参照ください。


歴史上

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/21 17:27 UTC 版)

ツングース系民族」の記事における「歴史上」の解説

歴史上に登場する民族・国家のうちツングース系民族である可能性が高いとされているのは、以下の民族・国家である。 南方ツングース (Southern Tungus)満州語粛慎[独自研究?] 挹婁[独自研究?] 勿吉[独自研究?] 靺鞨[独自研究?] (靺鞨語渤海語[独自研究?]を使用し渤海建国女真女真語女真文字使用し金・東夏・後金建国) 歴史上に登場する民族・国家ツングース系民族比定る説があるのは、以下の民族・国家である。 扶余語族濊貊濊貊語使用。濊、貊) 夫余夫余語使用高句麗高句麗語使用沃沮沃沮語を使用百済王族百済語使用豆莫婁

※この「歴史上」の解説は、「ツングース系民族」の解説の一部です。
「歴史上」を含む「ツングース系民族」の記事については、「ツングース系民族」の概要を参照ください。


歴史上

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/13 09:15 UTC 版)

赤毛」の記事における「歴史上」の解説

ギリシャ作家によるいくつかの記述では、赤毛の人々について言及している。詩人クセノパネス断片には、トラキア人青い目をしていて赤毛であると記述されている。古代人々ブディノイサルマタイまた、ギリシャ作家によって青い目赤毛であると報告されており、後者はその名前の由来となっている。 アジアでは、現在中国の最北端の州であるタリム盆地占領していた古代トハラ人の間で赤毛見つかったコーカソイドタリムミイラ英語版)には、紀元前2千年紀さかのぼ赤毛発見されている。 赤褐色鳶色英語版))の髪は、ポリネシア人の間でも見られ一部部族家族グループでは特によく見られるポリネシア文化では、赤みを帯びた髪は伝統的に高位の祖先からの家系統治者の証であると見なされてきた。

※この「歴史上」の解説は、「赤毛」の解説の一部です。
「歴史上」を含む「赤毛」の記事については、「赤毛」の概要を参照ください。


歴史上

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/11 00:46 UTC 版)

アイランドホッピング」の記事における「歴史上」の解説

スペイン人カリブ海の島々次々と発見し征服していった航海アイランドホッピングよる。クリストファー・コロンブス1492年にグアナハニ島(サン・サルバドル島)に到達続いてキューバ島イスパニョーラ島ドミニカ島島伝い航海した第二次世界大戦の太平洋戦線において、連合国軍がとった戦略アイランドホッピング、またはリープフロッギング(蛙飛び)と呼ばれ日本では飛び石作戦呼ばれることが多い。これはラバウルなどの要塞化により攻略困難な日本軍拠点避けながら、日本軍戦力比較薄く、かつ日本本土に迫るには戦略上重要な位置にある島(サイパン島など)に連国軍戦力集中して攻め落としてゆくというものである。これを可能にしたものアメリカ海軍潜水艦部隊であり、アメリカ軍イギリス軍オーストラリア軍からなる圧倒的な航空戦力であった。また日本軍艦隊決戦主義採り、この戦略不可欠な補給物資増援部隊載せた輸送船への攻撃積極的ではなかったことも連合国軍の戦略遂行助ける形となった。これに対して連合国軍潜水艦部隊航空戦力は、航空機援護薄かった日本軍輸送船撃沈し物資補給部隊増強阻止するとともに日本軍多数駐留し拠点としている島を孤立化して無視できる存在にした。こうして連合国軍日本本土爆撃、または空母艦載機によって攻撃できる航続距離にある島々まで到達したが、孤立し無視され戦力温存できたニューブリテン島ウェーク島などの複数の島は主戦場とはならなかったものの、駐留する日本軍連合国軍攻撃し続けた。さらに日本軍部隊中には終戦後ジャングル篭り抵抗する者もいた。この一連の戦いからの教訓を受けてその後アメリカ海兵隊作り上げられていった

※この「歴史上」の解説は、「アイランドホッピング」の解説の一部です。
「歴史上」を含む「アイランドホッピング」の記事については、「アイランドホッピング」の概要を参照ください。


歴史上

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 15:25 UTC 版)

軍事同盟」の記事における「歴史上」の解説

歴史上で著名な軍事同盟には以下がある。一部協商など軍事以外を含む。 古代中世ラティウム同盟 ペロポネソス同盟 カッシウス条約 デロス同盟 - ペルシア戦争 コリントス同盟 十字軍 レコンキスタ ジハード 古い同盟 ウィンザー条約 カンブレー同盟 シュマルカルデン同盟 カトリック連盟 - 三十年戦争 プロテスタント同盟 神聖同盟 (1684年) ハンザ同盟 フランス革命終結までアウクスブルク同盟 (1686-1697) - 大同盟戦争対フランス同盟 露普同盟 (1764-1788) 墺露同盟 (1781-1790) 英普同盟 (1788-) 三国同盟(英普蘭同盟) (1788-1791) 英普蘭同盟 (1791-) 対仏大同盟 (1793-1815) - フランス革命対フランス同盟 第一次世界大戦終結までビスマルク体制三帝同盟三帝協商(独墺露同盟) (1873-1887) 三国同盟独墺伊同盟) (1882-1915) - 第一次世界大戦中央同盟国発展 独露再保障条約 (1887-1890) 三国協商 (1894-1917) - 第一次世界大戦連合国発展露仏同盟 英露協商 英仏協商 日英同盟 (1902-1923) 日露協約 (1907-1917) 日仏協約 (1907-1941) 第二次世界大戦終結まで防共協定 (1936-1945) 鋼鉄協約 (1939-1943) 日独伊三国軍事同盟(1940-1945) - 第二次世界大戦枢軸国発展 日泰攻守同盟条約 (1941-1945) 連合国共同宣言1942) - 第二次世界大戦連合国第二次世界大戦後国際連合発展 第二次世界大戦終結後西側諸国東南アジア条約機構 (1954-1977) 米華相互防衛条約 (1954-1979) 中央条約機構 (1955-1979) 東側諸国中ソ友好同盟相互援助条約(1950-1980) ワルシャワ条約機構(1955-1989) ソ朝友好協力相互援助条約(1961-1996) ソ蒙友好協力相互援助条約(1966-1993) 印ソ平和友好協力条約(1971-1991) ソ越友好協力条約(1978-1991)

※この「歴史上」の解説は、「軍事同盟」の解説の一部です。
「歴史上」を含む「軍事同盟」の記事については、「軍事同盟」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「歴史上」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「歴史上」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

歴史上のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



歴史上のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのSATOR AREPO TENET OPERA ROTAS (改訂履歴)、前装式 (改訂履歴)、命名 (改訂履歴)、アッティクス (改訂履歴)、ツングース系民族 (改訂履歴)、赤毛 (改訂履歴)、アイランドホッピング (改訂履歴)、軍事同盟 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS