営みとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 営みの意味・解説 

いとなみ【営み】

物事をすること。行為作業。「自然の営み」

従来教育と其—の性質(しな)によりて」〈逍遥小説神髄

生活のためにする仕事生業。「日々の営みに追われる

特に、性行為。「愛の営み」「夫婦の営み」

したく。準備。「春を迎える営みに余念がない

神事仏事を行うこと。

三月二十四日には初七日の—があった」〈鴎外阿部一族


いとなみ【営】

〔名〕 (動詞「いとなむ(営)」の連用形名詞化

忙しく物事をすること。いとなむこと。仕事。つとめ。

源氏100114頃)帚木「暇なき折り菊の露をかこち寄せなどやうのつきなきいとなみに逢はせ」

② 生活のためにする仕事生業商売なりわい

源氏100114頃)夕顔いとあはれなるおのがじしいとなみに、起き出でて、そそめきさわぐも、程なきを」

随筆北越雪譜(1836‐42)初「手を空くせざるのみの活業(イトナミ)なり」

物事実施すること。施行

(10C終)九八「いとなみいつしかと待つ事の、さはりあり、俄かにとまりぬる」

④ 特に、神事仏事行なうこと。

天理本金般若経集験記平安初期点(850頃)「常に波若を以て務(イトナミ)と為し

阿部一族(1913)〈森鴎外〉「三月二十四日には初七日の営(イトナ)みがあった」

(5) 男女関係、性生活などにいう。「愛の営み


営み

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「営み」の関連用語

営みのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



営みの意味のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS