べからずとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 連語 > 連語(叙述) > べからずの意味・解説 

べから◦ず

連語推量の助動詞「べし」の未然形打消し助動詞「ず」》

文末用いて禁止を表す。…してはいけない。…するな。「展示品に手を触れる—◦ず」

乙若殿も泣く—◦ず。我も泣くまじきなり」〈平治・下〉

(「ざるべからず」の形で)指示命令強調する意を表す。…せよ。「人の危難見て救助せざる—◦ず」

不可能を表す。…できない。「許す—◦ざる行為

「羽なければ、空をも飛ぶ—◦ず」〈方丈記

当然の意の打消しを表す。…するはずがない

珍しからぬ事のままに心得たらん、よろづ違ふ—◦ず」〈徒然七三

[補説] 「べからず」は、平安時代では多く漢文訓読に使われた。現代では、やや改まった場合文章語表現用いられ、3は「べからざる」の形をとることが多い。動詞助動詞接続するとき、文語活用終止形に付くこともある。


べから‐・ず

推量の助動詞「べし」の補助活用未然形「べから」に打消の助動詞「ず」の付いたもの

① 適当でないとして禁止する意を表わす。…してはならない。…すべきではない。

地蔵十輪経元慶七年点(883)四「軽慢し讁罰を加ふベカラズ

源氏100114頃)手習人の命久しかるまじきものなれど、残りの命一二日をも惜しまずはあるべからず」

意志をもたないこと、しない意志をもつことを表わす

今昔1120頃か)一〇「我、他の女に不可娶(とつぐべから)ず、汝、亦、他の男に不可近付(ちかづくべから)ず」

事態のおこらないことを、確信をもって予定することを表わす

栂尾明恵上人物語室町頃か)「此七字を心にかけてたもたば敢て悪き事有へからす」

不可能の意を表わす。…できない。…できるはずがない。…できそうもない

西大寺本金光明最勝王経平安初期点(830頃)五「無量の劫を経て如来を讚したてまつるとも、世尊功徳思議すべからず

(10C終)二七八「めでたし見たてまつりつる御ありさまには、これはた、くらぶべからざりけり

[語誌](1)平安時代には、主として漢文訓読用いられ、和文での例は、ほとんど男性の手になる作品男性会話部分などに限られる。
(2)現代語では、文語表現として、「立ち入るべからず」のように禁止の意に用い、また「云ふべからざる孤独感じた」 〔永日小品(1909)〈夏目漱石印象〕のように「べからざる」の形で不可能の意に用いことがあるまた、ざるべからず」など二重否定の形で強い義務命令の意を表わす。→ざるべからず




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「べからず」の関連用語

べからずのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



べからずのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS