助動詞とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 文法 > 動詞 > 助動詞の意味・解説 

じょ どうし [2] 【助動詞】

国語品詞の一。付属語活用のあるもの。用言や他の助動詞に付いて、これにいろいろな意味を加えて叙述助けたり名詞その他の語について、これに叙述はたらき与えたりする。その表す意味によって、受け身自発・可能・尊敬使役打ち消し過去・完了推量意志希望伝聞様態断定比況・丁寧などに分類する。動辞。はたらくてにをは
ヨーロッパ諸語で、もと独立動詞であった語が、他の動詞補助してムードテンスなどを表すはたらきなすようになった語。たとえば、英語の shall, will などの類。

助動詞

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/04/14 08:30 UTC 版)

助動詞(じょどうし)




「助動詞」の続きの解説一覧

助動詞

出典:『Wiktionary』 (2020/04/08 01:15 UTC 版)

名詞

  じょどうし、稀:たすけことば】

  1. 品詞一つ
    1. (言語学) 動詞と同じような形態を持つが、他の動詞と結びついてなどの文法機能を表す語。日本語文法においては補助動詞呼称されるものがこれにあたる
    2. (日本語文法) 付属語助辞)のうち、活用があるもの。用言体言といった自立語)に付いて、意味を加える。「ます」「させる」「ようだ」など。旧称「たすけことば」。

翻訳

語義1-1




助動詞と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「助動詞」の関連用語

助動詞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



助動詞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの助動詞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの助動詞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS