neとは? わかりやすく解説

NE

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

ネオン


NE

分子式C27H38O3
その他の名称Norlutin enanthate、ZK-5410、SH-80393、Norigest、Norethisterone enanthate、Norethindrone enanthate、NE、NEE、ノルエチステロンエナンタート、ノルエチンドロンエナンタート、ノルルチンエナンタート、ノリゲスト、ノレチステロンエナンタート、ノレチンドロンエナンタート、(17R)-17-Heptanoyloxy-19-norpregn-4-en-20-yn-3-one
体系名:(17R)-17-ヘプタノイルオキシ-19-ノルプレグナ-4-エン-20-イン-3-オン


物質名
ネオン
英語名
Neon
元素記号
Ne
原子番号
10
分子量
20.1797
発見
1898年
原子半径(Å)
1.59
融点(℃)
-248.67
沸点(℃)
-246.1
密度(g/cm3
0.9
イオン化エネルギー(eV)
21.564
電子親和力(eV)
0


Ne

名前 ネ; ネー

.ne

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 15:45 UTC 版)

.ne国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、ニジェールに割り当てられている[1]日本韓国などの「.ne.jp」「.ne.kr」等で使用される第二レベルのネットワーク関連ドメインとは関係がない。


  1. ^ IANA .ne whois information(英語),2011-02-09閲覧。


「.ne」の続きの解説一覧

NE

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/29 15:24 UTC 版)

NE, Ne, ne




「NE」の続きの解説一覧

ne

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/22 16:54 UTC 版)

フランス語の否定文」の記事における「ne」の解説

文語では ne と否定語とを同時に用いるが、口語はしばしば ne が脱落する。ただし主語否定語なら、口語でも必ず ne を用いる。口語での ne の使用は、格調教養の高さと結び付けられ話者年齢が高いほど使用率高くなる。 ne は主語代名詞の直後に置かれ、ne の後に母音または無音の h始まる語が続くときは、エリジオン起きて n' /n/ になる。接語の語順についてはフランス語の人称代名詞#後接語の語順を参照すること。 否定を表すのは否定語のほうであり、ne の有無で意味は変わらない。ne 単独で否定の意味を持つのは一部文語表現だけである。 しかし ne が否定担っていたなごりで、pas を除く否定語をいくつ用いて肯定はならず否定文のままである例え次の文には否定語が 2 個あるが、否定文である。 Personne n'a rien dit. /pɛʁ.sɔn.na.ʁjɛ̃.di/ (誰も何も言わなかった。)

※この「ne」の解説は、「フランス語の否定文」の解説の一部です。
「ne」を含む「フランス語の否定文」の記事については、「フランス語の否定文」の概要を参照ください。


-ne

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/07 03:56 UTC 版)

グアラニー語」の記事における「-ne」の解説

おそらく起こであろうこと、またはそうであろう話者考えていることを指す。ある意味ではスペイン語接続法関連する形態素である。ここに強勢が置かれることはない

※この「-ne」の解説は、「グアラニー語」の解説の一部です。
「-ne」を含む「グアラニー語」の記事については、「グアラニー語」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ne」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ne」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



neと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

neのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



neのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.ne (改訂履歴)、NE (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフランス語の否定文 (改訂履歴)、グアラニー語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS