.mvとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 記号 > 記号 > .mvの意味・解説 

エム‐ブイ【MV】


MV


mV 【milli Volt】

電圧電位差起電力単位で1/1000ボルトを表す。

ミリは1/1000のこと。

【参】単位乗じる倍数をあらわす言葉(一覧)

M-V

分類:ロケット


名称:M-V/M-5
打ち上げ国名機関:日本/宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
開発機関会社:宇宙科学研究所(現 宇宙航空研究開発機構(JAXA))
運用機関会社:宇宙航空研究開発機構(JAXA)
打ち上げ場所:日本・鹿児島宇宙空間観測所(KSC)
運用開始年:1997年

M-V型ロケットは、ハレー彗星探査機さきがけ」などを打ち上げてきたM-3SIII型ロケット後継機として開発されたロケットで、21世紀展望して月・惑星探査など、より意欲的ミッション遂行するために、1990年から開発おこなわれてきました。その1号機は、1997年2月12日打ち上げられ、地上電波望遠鏡との連携によって天体観測する科学衛星MUSES-B軌道投入しました。軌道に乗ったMUSES-Bは、「はるか」と命名されました。また、1998年7月4日には日本初火星探査機「のぞみ」の打ち上げにも成功しています。

1.どんな形をして、どんな性能持っているの?
M-V型ロケット全段固形燃料を用いた3段式のロケットで、全長は約30.7m、直径は約2.5m、重量は約139tあります地球を回る低軌道に約1.8tの衛星打ち上げる能力を持っていて、これは従来M-3SII比べて、約2.3倍の打ち上げ能力です。打ち上げ能力向上させるために、第1段の切り離しと第2段のモーター点火同時におこなうファイア・イン・ザ・ホール点火方式採用されています。オプションとしてキックモーター(第4段)を備えることもできます



2.打ち上げ飛行順序は、どうなっているの?
M-V-1号機は、ランチ設定上下角82.6度、方位角92.9度で発射されました。発射75秒に第1段の切り離しと第2段の点火同時におこなわれ発射213秒には第2段が切り離されました。発射218秒後には第3段モータ点火され、燃焼終了毎秒0.8回のスピンにより上段姿勢安定させました。第4段は発射342秒にノズル伸展し、その2秒後に高度230kmにおいて点火しました。その後、第4段は正常に燃焼し、科学衛星MUSES-B予定軌道投入しました。

3.どんなものを打ち上げたの?
M-V-1機によって、「はるか」が打ち上げられました。また、M-V-3号機は1998年7月4日に「のぞみ」を打ち上げています。
2003年5月5号機によって「はやぶさ」が打ち上げられました。2005年7月、「すざく」が6号機によって打ち上げられました。2006年8月2日、「あかり」が8号機で、2006年9月23日、「ひので」が7号機で打ち上げられ、これがM-Vロケット最後打ち上げとなりました。

4.どのくらい成功しているの?
2006年までに7回の打ち上げが行なわれています。M-V-1号機とM-V-3号機はいずれも成功していますが、2000年2月10日打ち上げられたM-V-4号機は、第1段モータの異常により、ASTRO-E衛星所定軌道投入することができませんでした
その後2003年にM-V-5号帰2005年にM-V-6号機、2006年にM-V-8号機、M-V-7号機を打ち上げ成功しています。

5.この他に、同じシリーズでどんな機種があるの?
M-4SM-3CM-3HM-3SM-3SIIあります

参考文献/大澤弘之・監修日本ロケット物語三田出版会斎藤成文・著「日本宇宙開発物語三田出版会山中龍夫的川泰宣・著「宇宙開発おはなし日本規格協会[2005.7.28 更新]


.mv

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/20 07:37 UTC 版)

.mv国別コードトップレベルドメインccTLD)の一つで、モルディブに割り当てられている。情報通信企業Dhiraagu Pvt Ltdによって運営されている。






「.mv」の続きの解説一覧

ボルト (単位)

(.mv から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/19 13:22 UTC 版)

ボルト: volt、記号:V)は、電圧電位差起電力単位である。名称は、ボルタ電池を発明した物理学者アレッサンドロ・ボルタに由来する。




  1. ^ 計量単位令(平成四年政令第三百五十七号) 別表第一
  2. ^ 国際文書 国際単位系 (SI) 第 8 版日本語版 (2006) (PDF) p. 29。
  3. ^ googleで「"ヴォルト" 電圧」と検索すると、電気測定規則草案 (上・下) - 新聞記事文庫 電気工業 (12-056) 満州日日新聞 1926.9.10 - 1926.9.11 (大正15) などがヒット。
  4. ^ CJK Compatibility” (2015年). 2016年2月21日閲覧。
  5. ^ The Unicode Standard, Version 8.0.0”. Mountain View, CA: The Unicode Consortium (2015年). 2016年2月21日閲覧。


「ボルト (単位)」の続きの解説一覧

MV

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/06 15:47 UTC 版)

MV, Mv, mV, mv




「MV」の続きの解説一覧

M-Vロケット

(.mv から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/08 13:42 UTC 版)

M-Vロケットミューファイブロケットラテン文字のM[3]ローマ数字由来のV[4])は、文部省宇宙科学研究所 (ISAS) と後継機関の独立行政法人宇宙航空研究開発機構 (JAXA) 傘下の宇宙科学研究所 (ISAS) が日産自動車宇宙航空事業部と後継企業のIHIエアロスペースと共同で開発し、ISASが運用していた、人工衛星惑星探査機打上げ用の3段式の全段固体燃料ロケット




  1. ^ 総合科学技術会議 第20回宇宙開発利用専門調査会資料 世界におけるロケットの現状 - 宇宙航空研究開発機構 / 2004年3月25日
  2. ^ 文部科学省宇宙開発委員会推進部会 次期固体ロケットプロジェクトの事前評価結果 付録2 次期固体ロケットについて - 宇宙航空研究開発機構 宇宙基幹システム本部 固体ロケット研究チーム 森田泰弘 / 2007年8月27日
  3. ^ ラムダ(Λ)ロケットの例でも「Lambda」のLが取られており、基本的にラテン文字が使われている。
  4. ^ Unicodeの互換文字において、ローマ数字は同じグリフのラテン文字と「等価」と指定されており、文字コード上はラテン文字のアルファベットで表記されていることが多い。
  5. ^ ISASニュース 1989.6 No.102
  6. ^ ISASニュース 1991.1 No.118 特集:月/惑星探査計画
  7. ^ 今後のM-Vロケット等について(JAXAプレスリリース)
  8. ^ 5号機以降の低軌道打ち上げ能力は2.3tであるとする説もある。低コスト化で岐路に立つM-Vロケット (日経BP)
  9. ^ 日本の航空宇宙工業 50年の歩み (日本航空宇宙工業会)
  10. ^ a b c d 宇宙科学研究所報告特集第47号 (ISAS)
  11. ^ Mはミューロケットを意味し、Mに続く数字は段数と開発番号を表す。例えばM-14は4番目に開発されたミューロケットの第1段モータであることを意味する。
  12. ^ M-Vロケットパンフレット (JAXA)
  13. ^ a b c 宇宙航空研究開発機構特別資料 M-V型ロケット(5号機から8号機まで) - 2008年2月 ISSN 1349-113X
  14. ^ ISASニュース 1991.9 No.126 TM-250E/EEC真空燃焼実験終了
  15. ^ KM-V1は3号機のものに異常が発生した為に交換された。搭載するLUNAR-Aのペネトレータ開発が大幅に遅れたことからM-14,M-34bをノズル周辺の改修の後、6号機に流用した。M-24は5号機以降の仕様変更で用いられなくなった為に保管されていたが、2008年3月に行われた燃焼試験に用いられ、経年劣化による特性の変化等が調べられた。
  16. ^ 当時の衛星・探査機には女児名が続いていたことから生粋の男児名として「ひりゅう(飛龍)」の名が用意されていたが、打ち上げ失敗により命名は見送られた。また愛称の公募には4000件を超える応募が寄せられていたが、応募者にはお詫びのはがきが送付された。
  17. ^ JAXAが新型固体燃料ロケットの開発へ (スラッシュドット) 消失済元記事 (MSN毎日)
  18. ^ ISASニュース No.241 小型低コストのM-V-Liteと、それによる理工学ミッション
  19. ^ ISASニュース号外 No.288e Mロケットの明日を"読む"
  20. ^ 宇宙作家クラブニュース掲示板 No.1028 午前8時35分からの記者会見その2 (松浦晋也)
  21. ^ GXロケット及びLNG推進系に係る対応について (pdf)”. 宇宙開発戦略本部事務局 (2009年12月16日). 2009年12月17日閲覧。
  22. ^ M-V廃止が、文科省不信を決定づけた
  23. ^ イプシロンロケット事業の促進について”. JAXA (2011年1月12日). 2011年1月12日閲覧。
  24. ^ a b Research on an Advanced Solid Rocket Launcher in Japan (第26回宇宙技術および科学の国際シンポジウム)
  25. ^ H-IIAロケット解説資料 (JAXA)





.mvと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「.mv」の関連用語

.mvのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



.mvのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2021. All Rights Reserved.
社団法人日本映像ソフト協会社団法人日本映像ソフト協会
Copyright © 2000-2021 Japan Video Software Association
JAXAJAXA
Copyright 2021 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの.mv (改訂履歴)、ボルト (単位) (改訂履歴)、MV (改訂履歴)、M-Vロケット (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS