探査とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 計測 > 探査 > 探査の意味・解説 

たん‐さ【探査】

読み方:たんさ

[名](スル)未知の物事について、さぐり調べること。「鉱脈有無を—する」

「探査」に似た言葉

探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/13 04:00 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「探査」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「探査」を含むページの一覧/「探査」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「探査」が役に立つかも知れません。

関連項目



探査(たんさ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/31 14:14 UTC 版)

トリックスターズ」の記事における「探査(たんさ)」の解説

直筆文書髪の毛など、相手体の一部などを媒介として、相手居場所突き止める魔術

※この「探査(たんさ)」の解説は、「トリックスターズ」の解説の一部です。
「探査(たんさ)」を含む「トリックスターズ」の記事については、「トリックスターズ」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/01 15:34 UTC 版)

リゲイア海」の記事における「探査」の解説

NASA2009年提案したTiMEミッションでは、探査機リゲイア海着水させ、探査を行うことが計画された。しかし予算的・技術的問題から計画2016年現在実現至っていない。 スペイン提案されたTALISE(英語版ミッションも、TiME同様に探査機リゲイア海着水させ、探査を行う構想となっている。

※この「探査」の解説は、「リゲイア海」の解説の一部です。
「探査」を含む「リゲイア海」の記事については、「リゲイア海」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/23 07:25 UTC 版)

月の溶岩洞」の記事における「探査」の解説

いくつかのグループにより、月・火星の溶岩洞無人探査構想されている

※この「探査」の解説は、「月の溶岩洞」の解説の一部です。
「探査」を含む「月の溶岩洞」の記事については、「月の溶岩洞」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/30 14:06 UTC 版)

クラーケン海」の記事における「探査」の解説

2016年現在提案されているタイタン・サターン・システム・ミッションでは、探査機クラーケン海着水させ、その組成水深、その他多くの情報観測する計画もある。

※この「探査」の解説は、「クラーケン海」の解説の一部です。
「探査」を含む「クラーケン海」の記事については、「クラーケン海」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/29 05:31 UTC 版)

ベスタ (小惑星)」の記事における「探査」の解説

ドーン (探査機)」も参照 2011年7月アメリカ合衆国探査機ドーンベスタ接近して画像撮影しており、7月16日ベスタ周回軌道投入された。ドーン2012年9月まで一年にわたりベスタ観測行ったベスタには多数クレーターと共に赤道周辺の溝状の地形などが発見されており、現在画像解析進められている。 2014年7月発表された解析結果によればベスタモホロビチッチ不連続面は80kmよりも深いと報告している。(これまで深さ30km程度考えられていた) 2014年11月には、ベスタ詳細な地質マップNASAから公開された

※この「探査」の解説は、「ベスタ (小惑星)」の解説の一部です。
「探査」を含む「ベスタ (小惑星)」の記事については、「ベスタ (小惑星)」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/26 06:11 UTC 版)

パトロクロス (小惑星)」の記事における「探査」の解説

パトロクロスは、2021年打ち上げ予定NASA木星トロヤ群小惑星探査ミッションルーシーにおいて探査候補として挙げられている。

※この「探査」の解説は、「パトロクロス (小惑星)」の解説の一部です。
「探査」を含む「パトロクロス (小惑星)」の記事については、「パトロクロス (小惑星)」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 03:55 UTC 版)

惑星系」の記事における「探査」の解説

地球型惑星直径小さいために暗いので、現在の天体望遠鏡観測装置空間分解能測光精度では直接撮像あるいはトランジット法による発見困難であるまた、地球型惑星質量恒星に比べ非常に小さいので、ドップラーシフト法による検出もまだ成果挙げていない。ただし、巨大地球型惑星スーパー・アース)と呼ばれる地球質量比較して数倍程度惑星発見されつつある。また2006年末に打ち上げられCOROTケプラーを始めとする系外地球型惑星大気圏外観測計画進行中であることから、近い将来に発見可能性高くなってきた。 太陽主系列星であり、主系列星銀河系内のに限っておびただしい数が存在するしたがって、その数多く主系列星中に、その周り惑星公転している恒星多数あること予想される惑星恒星大きさ同程度であるという惑星系発見されている。

※この「探査」の解説は、「惑星系」の解説の一部です。
「探査」を含む「惑星系」の記事については、「惑星系」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/13 23:20 UTC 版)

ナイアド (衛星)」の記事における「探査」の解説

ボイジャー2号接近観測して以降海王星系は地上望遠鏡ハッブル宇宙望遠鏡によって広く観測された。2002年から2003年にかけてケック望遠鏡での補償光学用いた海王星系の観測では、内側4つ大きな衛星容易に検出された。その際タラッサいくらかの画像処理を行うことで発見されたが、ナイアド予想される位置発見されなかった。ハッブル宇宙望遠鏡全ての発見済み海王星の衛星検出する能力を持っており、ボイジャー2号でさえ見つけられない新し衛星見つけることも可能であったが、ナイアド見つからなかった。そのため、ナイアド天体暦がかなり間違っているではないか疑われていた。 2013年になってSETI協会のマーク・ショーウォルター(英語版)らは、ハッブル宇宙望遠鏡2004年撮影した画像からナイアド発見した発表したナイアド予想されていた位置から80度もずれた位置発見されことから天体暦誤りがあるとの疑い証明された

※この「探査」の解説は、「ナイアド (衛星)」の解説の一部です。
「探査」を含む「ナイアド (衛星)」の記事については、「ナイアド (衛星)」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/01 23:55 UTC 版)

ディオネ (衛星)」の記事における「探査」の解説

ディオネ初めての接近観測ボイジャー1号によって行われた。また土星探査機カッシーニによる接近観測合計5回にわたって行われたディオネ目標とした近接フライバイでは、2005年10月11日500 km の距離からの観測が行われ、その他に2010年4月7日にも同じく 500 km の距離からの観測が行われている。3回目フライバイ2011年12月12日行われ99 km の距離にまで接近している。その後2015年6月16日には 516 km同年8月17日には最後のフライバイ474 km の距離で行われている。

※この「探査」の解説は、「ディオネ (衛星)」の解説の一部です。
「探査」を含む「ディオネ (衛星)」の記事については、「ディオネ (衛星)」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/05 04:30 UTC 版)

エリシウム平原」の記事における「探査」の解説

エリシウム平原南端位置するゲール・クレーターには、2012年火星探査機キュリオシティ着陸している。 また、2018年11月には探査機インサイトが、エリシウム平原内に着陸搭載している地震計により、火星地震火震)などを観測している。

※この「探査」の解説は、「エリシウム平原」の解説の一部です。
「探査」を含む「エリシウム平原」の記事については、「エリシウム平原」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/05 04:32 UTC 版)

ゲール (クレーター)」の記事における「探査」の解説

侵食され中央丘側面から地層研究が可能と考えられており、ゲールクレーターはNASA火星探査計画マーズ・サイエンス・ラボラトリー (MSL) の着陸地点として選定された。同計画探査車キュリオシティは、2012年8月6日中央丘アイオリス山隣にあるアイオリス・パルスの "Yellowknife" Quad 51着陸した9月27日には、過去にこの地域に広範囲に渡って流れていたことを示す証拠発見されている。2014年12月に、NASAはゲールクレーターはかって何千万年にもわたって湖だったと考えられ長年風化によってアイオリス山浸食され地形出来がったと考えられる発表した。 ゲールクレーターはMSL以前に2003年マーズ・エクスプロレーション・ローバーで候補地として選ばれているほか、ESAExoMarsでも候補地一つとして挙げられている。

※この「探査」の解説は、「ゲール (クレーター)」の解説の一部です。
「探査」を含む「ゲール (クレーター)」の記事については、「ゲール (クレーター)」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 22:43 UTC 版)

ケレス (準惑星)」の記事における「探査」の解説

1981年小惑星探査機に関する提案欧州宇宙機関ESA)に提出された。この探査機はAsteroidal Gravity Optical and Radar AnalysisAGORA)と命名され1990年から1994年間に打ち上げて大きな小惑星を2回フライバイ接近飛行)する予定だった。このミッションではベスタ好ましい探査対象とされた。AGORA火星通過する際のスイングバイもしくは小型のイオンエンジン小惑星帯到達する。しかし、この提案取り下げられた。その後NASAESA合同小惑星探査ミッションとしてMultiple Asteroid Orbiter with Solar Electric Propulsion(MAOSEP)が提案されそのうちの1つにはベスタ周回軌道投入するミッションプロフィールが含まれていた。他の小惑星帯探査ミッションフランスドイツイタリア、そしてアメリカによって1980年代提案されたが、いずれも承認はされなかった。ソビエト連邦主導のThe multiaimed Soviet mission第2計画第2目標としてケレスへのフライバイおよび衝突ペネトレーターによる探査が欧州諸国との協力1991年から1994年にかけて開発が行われたが、ソビエト連邦解体により中止された。 1990年代初頭NASA一連の低コスト科学的ミッションであることを意図したディスカバリー計画開始した1996年計画研究チームは、イオンエンジン搭載した探査機使って小惑星帯探査することを最優先課題として推薦した数年間に渡ってこの計画のための資金について問題残っていたが、2004年までドーンDawn計画がそのデザインレビュー審査に合格した。 そしてドーンは、2007年9月27日ベスタケレスを初め探査する探査ミッションとして打ち上げられた。2011年5月3日ドーン最初の対象画像ベスタから120 km離れた位置撮影した13ヶ月間に渡ってベスタ周回し続けた後、イオンエンジン用いてニュー・ホライズンズ冥王星フライバイする約4ヶ月前の2015年3月6日ケレスから61,000 km離れた位置ケレス重力捕獲され周回軌道投入された。 ドーンミッションでは、連続してより低高度で一連の円軌道からケレス研究することが要求された。2015年4月23日ドーンは高度13,500 kmケレス周辺の最初の観測軌道(RC3)に投入されたが、軌道1周分(約15日間)しか滞在しなかった。それに続いて、3週間に渡って2つ目の観測軌道Survey orbit)に移動した際、高度4,400 kmにまで下降し続いて2ヶ月間は高度1,470 km軌道HAMOHigh altitude mapping orbit)を飛行しその後少なくとも3ヶ月間に渡って高度375 km最終軌道(LAMO、Low altitude mapping orbit)を飛行する予定だった。探査機搭載された機器にはフレーミングカメラ、可視赤外マッピング分光計があり、これらの機器ケレス形状元素組成について調査した2015年1月13日ドーンハッブル宇宙望遠鏡同等の解像度初めケレス画像撮影し以前から知られていたのとほぼ同じ領域クレーター高アルベド地形あること明らかにした。1月25日2月4日12日19日25日3月1日4月10日15日により高い解像度でのイメージングセッションが行われた。 元々予定されていたドーンケレスへの周回軌道投入は、到着直前探査機宇宙線浴びたことにより不可能になり、ケレス周りでより長い軌道描いて周回軌道投入されることになった中国国家航天局2020年代間にケレスからのサンプルリターンを行うことを構想している。

※この「探査」の解説は、「ケレス (準惑星)」の解説の一部です。
「探査」を含む「ケレス (準惑星)」の記事については、「ケレス (準惑星)」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/05 09:13 UTC 版)

ネレイド (衛星)」の記事における「探査」の解説

ネレイド接近観測した探査機ボイジャー2号のみである。1989年4月20日から8月19日間に 4,700,000 km の距離にまで接近したボイジャー2号この間83ネレイド画像取得し、その観測精度70 km から 800 km であったボイジャー2号到達以前ネレイド観測地上からに限られており、その明るさ軌道要素しか明らかになっていなかった。ボイジャー2号観測得られ画像表面の特徴識別できるほどの十分な解像度ではなかったものの、ネレイド大きさ測定することには成功し灰色表面持ち海王星他の小さ衛星よりも高いアルベドを持つことも明らかになった。

※この「探査」の解説は、「ネレイド (衛星)」の解説の一部です。
「探査」を含む「ネレイド (衛星)」の記事については、「ネレイド (衛星)」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/13 05:40 UTC 版)

ルテティア (小惑星)」の記事における「探査」の解説

ヨーロッパ彗星探査機ロゼッタチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星へと向か途中2010年7月10日18時10分CEST)に、ルテティアまで3162 km接近した。このフライバイ際にルテティア撮影した。これがM型小惑星に対して人類初めて近接探査を行った事例である。

※この「探査」の解説は、「ルテティア (小惑星)」の解説の一部です。
「探査」を含む「ルテティア (小惑星)」の記事については、「ルテティア (小惑星)」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/02 12:30 UTC 版)

ニクス (衛星)」の記事における「探査」の解説

LORRIとMVIC(Multispectral Visible Imaging Camera)によるニクスカラー合成画像ニュー・ホライズンズ撮影したニクスの「半月」。 2015年7月14日ニュー・ホライズンズ探査機冥王星系を訪れフライバイしながら冥王星とその衛星写真撮影した冥王星の小衛星の中でニクスとヒドラだけが表面の特徴観察するのに十分な高い解像度撮影された。冥王星系のフライバイに先立ちニクス大きさ測定ニュー・ホライズンズ搭載されLong Range Reconnaissance Imager英語版)(LORRI)によって実施され当初はニクス直径が約35 km (22 mi)であると見積もられた。ニクスから231,000 km (144,000 mi)の距離からニュー・ホライズンズ撮影した最初のニクス詳細な画像は、2015年7月18日ニュー・ホライズンズからダウンリンク受信)され、2015年7月21日公開された画像解像度は1ピクセルあたり3 km (1.9 mi)であり、ニクス形状はしばしば「ゼリービーンズ」の形に例えられた。ニュー・ホライズンズ観測機器Ralph MVIC(英語版)からのカラー強調画像には、ニクス表面赤みがかった地域写されている。これらの画像からニクス大きさについて別途正確な測定実施されおおよそ42 km × 36 km (26 mi × 22 mi)の大きさであることがわかった

※この「探査」の解説は、「ニクス (衛星)」の解説の一部です。
「探査」を含む「ニクス (衛星)」の記事については、「ニクス (衛星)」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/29 01:13 UTC 版)

エリス (準惑星)」の記事における「探査」の解説

探査機ニュー・ホライズンズによる冥王星への接近探査の成功続いて2010年代太陽系外縁天体の探査を行う後続ミッションに関する複数研究発表されその中でエリスが探査候補として評価された。2032年4月3日または2044年4月7日探査機打ち上げて木星へのスイングバイを行うとすると、24.66年かけてエリス到達できる計算されている。この日打ちあげ探査機エリス到達したときのエリスの太陽からの距離は、それぞれ92.03 auと90.19 auとなる。

※この「探査」の解説は、「エリス (準惑星)」の解説の一部です。
「探査」を含む「エリス (準惑星)」の記事については、「エリス (準惑星)」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 15:44 UTC 版)

「冥王星」記事における「探査」の解説

詳細は「ニュー・ホライズンズを参照 冥王星質量小さく地球からの距離が非常に遠いため、探査機を送るには到達までの時間がかかる点、数多く惑星衛星避けなければならない点、地球から遠ざかることによる操縦関連の遅延がある点、質量小さいために地上降りて観察するが難しい点、経費高額になる点などの困難さがある。1983年火星を除く外惑星冥王星を含む)が地球から見てほぼ同じ方向になることを利用してこれらの惑星探査するグランドツアー計画立案されたが、経費莫大になることから中止され計画縮小してボイジャー計画となった1977年打ち上げられボイジャー1号方向姿勢を変えることで冥王星訪れることもできたが、当時制御チーム冥王星の探査よりも土星の衛星タイタンへの接近飛行の方選んだため、冥王星への接近飛行できない軌道になったボイジャー2号はもともと冥王星接近するような軌道ではなかった。その後NASAはプルート・カイパー・エクスプレス (Pluto Kuiper Express) ミッション計画していたが、経費増大打ち上げロケット開発の遅れなどのため、2000年中止された。 初め冥王星訪れた探査機は、2006年1月19日14時00分EST)に打ち上げられNASAニュー・ホライズンズである。探査機木星重力によりスイングバイ行い2015年7月14日冥王星最接近した。冥王星観測最接近の5か月前から始まり冥王星すれ違い通り過ぎたあとは、冥王星同じく太陽系外縁天体のひとつである2014 MU69への軌道入ったニュー・ホライズンズは、冥王星とその衛星カロン全体的な地質と地形特徴明らかにし、表面組成地図作成し冥王星の薄い大気とそれが流出する割合明らかにするための画像撮影装置無線科学調査ツール、さらに分光器その他の実験装置含んだ遠隔操作機器使用したそれだけでなく、冥王星とカロン表面写真撮影行った打ち上げられまもないころ、ニクスとヒドラ脱出速度比較小さいため、外縁天体との衝突で薄い塵の環生じている可能性団体関係者から指摘され、もしニュー・ホライズンズ飛行中にこのような環の中を通過すれば探査機損傷与えたり機能停止させるような微小隕石によるダメージを受ける可能性高まるという懸念示されていた。

※この「探査」の解説は、「冥王星」の解説の一部です。
「探査」を含む「冥王星」の記事については、「冥王星」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 02:59 UTC 版)

海王星」の記事における「探査」の解説

詳細は「海王星探査を参照 ボイジャー2号海王星訪れた唯一の宇宙探査機で、海王星に最も接近したのは1989年8月25日だった。海王星ボイジャー2号訪れ最後の主要天体で、今後の探査機の軌道への影響考慮する必要が無かったため、ボイジャー1号土星の衛星タイタン接近したように、衛星トリトンへの接近飛行が行われた。ボイジャー2号から地球中継され画像は、1989年公共放送サービス終夜番組Neptune All Night基礎となった海王星接近中探査機からの信号地球到達するには246分を要したしたがって、ボイジャー2号任務ほとんどは海王星接近のためにあらかじめ組み込まれていたコマンド頼っていた。8月25日ボイジャー2号海王星大気上空4,400 km以内接近する前に衛星ネレイド近接接近し、そして同日遅く最大の衛星トリトン近く通過したボイジャー2号海王星取り巻磁場存在確認し磁場中心からずれており、天王星磁場と同じように傾いていることが判明した海王星自転周期電波放射測定値用いて求められ、また海王星には驚くほど活発な大気活動あること示されたまた、海王星の衛星新たに6個発見し複数本の環が存在していることも確認された海王星フライバイまた、以前に計算されいたものよりも0.5%少な初めての正確な海王星質量推定値もたらした。この新たな数値は、未発見惑星X海王星天王星軌道作用したという仮説反証することとなった2008年10月16日冥王星探査のために打ち上げられ探査機ニュー・ホライズンズが、約37億5,000 km 離れた位置から海王星トリトン画像撮影したボイジャー2号のフライバイミッション後、海王星系の科学的探査における次のステップは、フラッグシップ計画での軌道ミッションFlagship orbital mission)であると考えられている。このような仮説的ミッション2020年代後半または2030年代初頭可能だ予想されている。しかし、海王星への探査ミッション早く実施するための議論が行われたことがある2003年には、土星探査機カッシーニ似たNASAによる「Neptune Orbiter with Probes」ミッション提案された。もう1つ最近提案され計画として、2020年打ち上げ予定フライバイ探査機Argo英語版)があった。Argo木星土星海王星カイパーベルト訪問することが予定されており、焦点となる海王星トリトンの探査は2029年になるとされているまた、ニュー・ホライズンズミッション内容海王星接近探査が含まれる可能性もあったものの、最終的には断念された。

※この「探査」の解説は、「海王星」の解説の一部です。
「探査」を含む「海王星」の記事については、「海王星」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 17:16 UTC 版)

カリスト (衛星)」の記事における「探査」の解説

1970年代パイオニア10号およびパイオニア11号木星への接近により、地上からの観測で既に分かっていたことに比べいくらかのカリスト新しい情報を得ることが出来た実際のブレイクスルー1979年ボイジャー1号ボイジャー2号フライバイ後にもたらされた。このフライバイにより、1〜2 km分解能カリスト半分以上表面撮影され、また温度質量形状精密に測定された。その次の探査は、ガリレオ探査機による1994年から2003年にかけての探査である。この際ガリレオカリストと8回にわたって近接遭遇し2001年C30 軌道での最後のフライバイでは表面から 138 km にまで接近したガリレオカリストの全表面撮影し最も良いものでは 15 メートル解像度多数画像地球送信した2000年には土星探査機カッシーニ土星に向かう途上でカリストを含むガリレオ衛星高品質赤外線スペクトル取得した2007年2月から3月にかけてニュー・ホライズンズ冥王星に向かう途中カリスト新し画像スペクトル得ている。 木星系への次の探査ミッションとしては、ジュノーJUICEがある。ジュノー木星観測主眼をおいているものの、欧州宇宙機関 (ESA) による JUICE ではミッション期間中数回カリストへのフライバイ予定されている。JUICE2022年打ち上げ予定されている。

※この「探査」の解説は、「カリスト (衛星)」の解説の一部です。
「探査」を含む「カリスト (衛星)」の記事については、「カリスト (衛星)」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/02 08:44 UTC 版)

(98943) 2001 CC21」の記事における「探査」の解説

詳細は「はやぶさ2#地球帰還後の運用を参照 2020年7月日本の宇宙航空研究開発機構 (JAXA) は小惑星探査機はやぶさ2」がカプセル地球へ分離した後に行う「拡張ミッション」の内容について2001 CC21をフライバイした後に小惑星1998 KY26向か計画発表し同年9月にこの計画運用することを正式に選定された。はやぶさ2による2001 CC21の近接探査2026年7月行われ、まだ研究の進んでいないL型小惑星を高度約100 kmまで接近して近接探査することで、炭素隕石見られる白色包有物 (CAI) との類似性判定生かす予定である

※この「探査」の解説は、「(98943) 2001 CC21」の解説の一部です。
「探査」を含む「(98943) 2001 CC21」の記事については、「(98943) 2001 CC21」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/18 23:49 UTC 版)

シュテインス (小惑星)」の記事における「探査」の解説

2005年8月ヨーロッパ南天天文台行われた観測によればシュテインス直径4.6 kmE型小惑星である。このE型小惑星珍しく2010年現在太陽系の中で数十個しか知られていないまた、2006年3月無人探査機ロゼッタによって撮影された。この際ロゼッタシュテインスの距離は、約1.59 × 108 kmであった。この撮影によって得られシュテインス光度曲線分析結果により、シュテインス自転周期はおよそ6時間で、不規則な形状しており衛星持たない推定された。さらにロゼッタ2008年9月5日に、シュテインスに803 kmまで接近しフライバイによる科学調査実施した。なお、この際シュテインスとの相対速度は8.6 (km/秒)であったこれによってシュテインス表面の約6割の詳細画像得られた。この際撮影され画像によって、シュテインスには尖った箇所存在した上にアルベド比較的高いため、その形状ブリリアントカット施したダイヤモンド喩えられた。なお、シュテインス表面には、そのサイズ比して大きな直径2.1 kmクレーターや、一直線状に並んだ7個のクレーターなどが発見された。さらに、その後画像分析などから、ラブルパイル構造である事、YORP効果によって現在の形状形成された事、シュテインス逆行自転している事などが発表された。 なお、ロゼッタチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星へと向か途中接近した2つ小惑星のうちの1つ目がシュテインスである。参考までに、もう1つ2010年接近したルテティアである。

※この「探査」の解説は、「シュテインス (小惑星)」の解説の一部です。
「探査」を含む「シュテインス (小惑星)」の記事については、「シュテインス (小惑星)」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 07:12 UTC 版)

虹の入江」の記事における「探査」の解説

中国月探査計画嫦娥計画における、着陸候補地点とされており、2013年12月打ち上げられ嫦娥3号当初虹の入江着陸する予定であった。探査機同月14日軟着陸成功したが、着陸地点予定より東にずれた結果外側雨の海北西部着陸する形となり、虹の入江の探査には至らなかった

※この「探査」の解説は、「虹の入江」の解説の一部です。
「探査」を含む「虹の入江」の記事については、「虹の入江」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 02:59 UTC 版)

水星」の記事における「探査」の解説

詳細は「水星探査を参照 水星向けられた初の探査機は、1973年打ち上げたアメリカ航空宇宙局 (NASA) のマリナー10号であった同機1974年から1975年にかけて3回にわたって水星接近写真撮影表面温度観測行い惑星表面の特徴的な地形数多く知らしめた。しかし探査可能時間が短いことから惑星夜の部分は撮影ができず、情報全球45%以下に止まった2004年8月3日アメリカ航空宇宙局メッセンジャー打ち上げられ地球金星スイングバイフライバイしながら水星向かって航行し2008年1月には水星での最初のスイングバイ行った2011年3月18日水星周回軌道入ったその結果クレーターの縁や中心に穴があること、太陽系内側にが、ほぼ存在しなかったこと、南北磁場非対称なので、水星内部には薄い液体しかないことが推測できるという。2015年5月1日水星表面落下してそのミッション終了した

※この「探査」の解説は、「水星」の解説の一部です。
「探査」を含む「水星」の記事については、「水星」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/07/19 06:32 UTC 版)

シャクルトン (クレーター)」の記事における「探査」の解説

クレータの底に太陽の光届かないことからかつては水の氷の存在期待されており、2006年12月発表されたNASA月面基地構想では、シャクルトン基地建設有力候補地として挙げられていた。 しかし、2007年から2008年にかけて行われたJAXA月周回衛星「かぐや」の調査により、地表付近に氷が存在する証拠みられないことが確認された。氷が土に混ざっている、あるいは埋もれている可能性は依然として残されてはいるものの、あったとしてもその量は僅かなものだろうと考えられている。 さらに2008年11月15日には、インド月探査機チャンドラヤーン1号重量35kgのプローブ投下し、シャクルトンクレーターに衝突させて水の存在調査した

※この「探査」の解説は、「シャクルトン (クレーター)」の解説の一部です。
「探査」を含む「シャクルトン (クレーター)」の記事については、「シャクルトン (クレーター)」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/04 14:54 UTC 版)

プシケ (小惑星)」の記事における「探査」の解説

プシケは、鉄のコアむき出しになった珍し小惑星だと考えられているため、太陽系初期の惑星形成プロセス理解するうえで重要な知見得られると考えられるこのため2023年打ち上げ予定NASA小惑星ミッションサイキにおいて探査が計画されている。

※この「探査」の解説は、「プシケ (小惑星)」の解説の一部です。
「探査」を含む「プシケ (小惑星)」の記事については、「プシケ (小惑星)」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 07:25 UTC 版)

ヴィルト第2彗星」の記事における「探査」の解説

NASAディスカバリー計画4つ目の計画として1999年2月7日探査機スターダスト打ち上げられた。スターダスト2004年1月2日ヴィルト第2彗星接近し星間ダストとともにコマから得られ微粒子地球持ち帰った接近際に72ものヴィルト第2彗星映した画像撮影された。それらの写真により底が平らな低地切り立った崖などがあり、大きいものでは2 kmに及ぶものもあること明らかになった。 2006年1月15日午前10時10分(UTC)にスターダスト持ち帰った資料アメリカユタ州着地したNASA研究者らは微粒子採集するための容器入った彗星星間ダスト由来の粒を除去して分析行った除去した方は世界中研究者のもとへ送られた。また、NASA惑星協会協力してStardust@home英語版)と呼ばれるオンライン一般の人々にもボランティアとして参加できる星間ダスト捜索行った全世界科学者らにより研究が行われた結果これまでに輝石カンラン石ニッケル単体及び硫化物などが発見されており、その成分コンドライトに近いものであった他にアミノ酸グリシン彗星からの発見は初)が発見されており、生命誕生元となる物質一部宇宙起源であるという説の立証となると期待されている。なお、グリシンチュリュモフ・ゲラシメンコ彗星でも同様に発見された。 2008年9月19日サイエンス誌上掲載された論文ヴィルト第2彗星採集された粒からコンドルール類似する物質が確認されたことが報告された。コンドルール高温領域でしか形成されないヴィルト第2彗星を含む短周期彗星原始太陽系円盤外側比較低温領域形成される酸素同位体比小惑星帯天体似ていたことから太陽系形成初期の段階物質内側か外側に移動したということ考えられる2011年4月にはアリゾナ大学研究者らにより液体の水存在するという間接的な証拠示された。彼らは液体の水存在下で生成される硫化物確認した。しかし、これは定説汚れた雪玉モデルには合わない結果である。研究者のひとり、Eve Berger天体衝突崩壊エネルギー生じた熱による可能性言及している。 2014年8月14日には超新星爆発により生成され可能性もある太陽系外からの7つ微小な星間ダストNASA研究者らにより発見された。

※この「探査」の解説は、「ヴィルト第2彗星」の解説の一部です。
「探査」を含む「ヴィルト第2彗星」の記事については、「ヴィルト第2彗星」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 14:33 UTC 版)

ベルナーディネッリ・バーンスティーン彗星」の記事における「探査」の解説

2022年時点でベルナーディネッリ・バーンスティーン彗星への探査ミッション提案はなく、今後目標をこの彗星変更できる探査ミッション存在していない。2029年欧州宇宙機関 (ESA) によって打ち上げられ地球軌道よりも内側長周期彗星へのフライバイを行う予定コメット・インターセプターでも、近日点距離あまりに離れているため、ベルナーディネッリ・バーンスティーン彗星到達して探査を行うことはできないベルナーディネッリ・バーンスティーン彗星直接向かう低エネルギー軌道を描く将来のフライバイミッションでは、2022年から2029年までの毎年9月から10月間に最大のデルタV20 km/s になる打上げウィンドウを持つことできる計算されている。全てのシナリオにおいて、彗星太陽から約 12.0 au 離れたところで黄道面横切2033年8月までに宇宙探査機12 - 14 km/s の相対速度ベルナーディネッリ・バーンスティーン彗星到達させることができるとされている。あるいは、木星からの単一重力アシスト使用したベルナーディネッリ・バーンスティーン彗星へのフライバイ軌道を描く場合2020年から2027年、および2034年から2037年宇宙探査機打ち上げ実行できるうになる後者ウィンドウ内での打ち上げでは、地球と1:1の共鳴状態にある軌道経て木星向かうための地球フライバイを行う。これにより地球打ち上げ時の特性エネルギー英語版) (Characteristic energy) が大幅に減少し黄道上に探査機到達させることができるようになる連続的な重力アシスト内太陽系惑星からの軌道共鳴利用したフライバイ軌道到達することも可能だが、到達に最も適しているのは2028年までに打ち上げ2033年後半到着という日程である。 黄道面に対してほぼ垂直な軌道を持っているため、黄道面付近から直接的にランデブー軌道を描くことは不可能だが、ベルナーディネッリ・バーンスティーン彗星へのランデブー軌道考慮されことがある。それでもベルナーディネッリ・バーンスティーン彗星とのランデブーは、彗星黄道面通過した後に木星からの重力アシスト行えば実行することができる。この場合最適な打ち上げ日は2030年から2034年で、飛行期間は14 - 15年前後に及ぶ。

※この「探査」の解説は、「ベルナーディネッリ・バーンスティーン彗星」の解説の一部です。
「探査」を含む「ベルナーディネッリ・バーンスティーン彗星」の記事については、「ベルナーディネッリ・バーンスティーン彗星」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 07:26 UTC 版)

カラ・ホト」の記事における「探査」の解説

ロシア探検家グリゴリー・ポターニンウラジミール・オーブルチェフエジン河下流域古代都市があったとの噂を耳にした。この噂は科学アカデミー・アジア博物館刺激与えピョートル・コズロフ隊長とする探検隊結成された。1907年から1909年中央アジア探検コズロフカラ・ホト都市遺跡歴史的発見成し遂げた現地タングート領主歓待蓄音機プレゼントなどで懐柔し、遺跡発掘許可を得る1908年5月1日カラ・ホト遺跡入り、2,000以上の西夏文書を発見したコズロフ10分の古文書仏教遺物サンクトペテルブルク送り1909年残り送った6月には書物木版画が城壁から400メートル西方仏塔から発見された。 オーレル・スタイン卿は1917年第三次中央アジア探検隊でカラ・ホト8日調査し、その成果報告書中央アジア踏査記』にまとめられた。 1925年にはラングドン・ウォーナーカラ・ホト訪ねている。 フォルケ・ベリイマン1927年カラ・ホト旅し1年半現地滞在して監視塔や砦跡を調査多数木版画発見しカラ・ホトエジン河地図製作したまた、コズロフスタイン調査いい加減でありその調査文書一部誤りがあると指摘したスヴェン・ヘディン率いスウェーデン中国合同調査隊1927年から1931年の間、遺跡考古学的調査行った1935年にはジョン・デフランシス遺跡訪れている。 1983年から1984年の間、中国内蒙古考古研究所によるさらなる発掘調査が行われ、3,000を超える古文書見付かっている。この発掘調査では書籍類に加えて建材日用品生産設備宗教美術発掘された。衛星写真でもカラ・ホト遺跡が現在も良好に保存されていることが分かっている

※この「探査」の解説は、「カラ・ホト」の解説の一部です。
「探査」を含む「カラ・ホト」の記事については、「カラ・ホト」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/13 05:59 UTC 版)

ボリソフ彗星 (2I/Borisov)」の記事における「探査」の解説

ボリソフ彗星双曲線過剰速度(32.34 km/s)はオウムアムア(26.33 km/s)よりも速く宇宙探査機による接近探査をより困難にさせている。Initiative for Interstellar Studies(英語版)のチームによると、理論上では2018年7月13日重量2 tの宇宙探査機をファルコンヘビークラスのロケット使って打ち上げれば、「追跡」する形で2019年10月26日ボリソフ彗星到達させることができた可能性があったが、この打ち上げ日はボリソフ彗星発見される前である。ボリソフ彗星実際の発見日以降探査機打ち上げる場合太陽木星でのスイングバイや、スペース・ローンチ・システムSLSのような非常に大型のロケットが必要となる。2019年9月時点ではSLS用いて重量がわずか3 kgペイロードCubeSatなどが該当する)を2045年3月21日相対速度34 km/sでボリソフ彗星到達させることしかできないこの場合打ち上げ2030年1月16日となる。議会証言によると、NASAそのような探査ミッション開始するには少なくとも5年準備期間必要になる場合があるとされている

※この「探査」の解説は、「ボリソフ彗星 (2I/Borisov)」の解説の一部です。
「探査」を含む「ボリソフ彗星 (2I/Borisov)」の記事については、「ボリソフ彗星 (2I/Borisov)」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 07:23 UTC 版)

ボイジャー計画」の記事における「探査」の解説

ボイジャー1号1977年9月5日打ち上げられ木星土星とその衛星観測したボイジャー2号1977年8月20日打ち上げられ1号訪れた惑星に加えて天王星海王星とその衛星観測した結果、各惑星新し衛星発見したり、木星天王星及び海王星に環があること明らとなったまた、トリトンにおける大気発見のほか、イオ火山についても明らとなった1号の方2号よりも後に打ち上げられているが、これは本来同日に打ち上げる予定であった1号システム不良のため16日間延期されたためであるまた、当初グランドツアー計画ではボイジャー1号2号より数年早い時期に打ち上げる構想存在したという経緯もある。当時は冥王星公転角が天王星海王星よりも遅れた後方に位置していたため、木星土星公転天王星海王星追い付前の早い時期に1号打ち上げることで天王星海王星通らず冥王星向か軌道構想されていた。しかし最終的に軌道計画見直され1号2号同時期打ち上げられることになった1号土星接近時に2号よりも減速方向スイングバイする形になり、そのぶん速い初速度打ち上げられた。 ボイジャー1号2号いずれもこの時期に打ち上げられたのには理由がある1970年代後半から1980年代にかけて木星土星天王星海王星冥王星といった外惑星同じような方向に並ぶため、スイングバイ航法用いてより遠くまで到達するのに最適な時期だったのであるスイングバイ航法用いなかった場合ボイジャー地球出発した時の速度では木星あたりまでしか到達出来ない)。ちなみに、この機会を逃した場合次に並ぶのは175年後まで待たねばならなかった。天王星海王星向か予定無かった1号についても2号とは異な軌道投入されたことで土星接近後に冥王星に向かう可能性残された。ただし最終的に冥王星探査キャンセルされており、代わりにタイタンへの接近探査が行われた。しかしタイタンの大気予想外に厚く結果的にボイジャー1号ではの下までは観測できなかった。タイタン地表面本格的な探査は後年のカッシーニ・ホイヘンスまで、冥王星の探査はニュー・ホライズンズまで、どちらもお預けとなった

※この「探査」の解説は、「ボイジャー計画」の解説の一部です。
「探査」を含む「ボイジャー計画」の記事については、「ボイジャー計画」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/26 00:46 UTC 版)

ベンヌ (小惑星)」の記事における「探査」の解説

ベンヌは、アレシボ天文台天体レーダーと、ゴールドストーンディープスペースネットワークによって詳細に観測され平均直径560 メートル程度とされた。 地球近傍小惑星であるベンヌは、より小さな速度変化Delta-V)で探査機到達させることが可能なため、探査機対象の天体近くに直接送り込んで詳細な探査を行うミッションの候補に何度も挙げられてきた。2009年には、アメリカ航空宇宙局 (NASA) の探査機オサイリス・レックスの探査対象として選定され同機2018年12月3日に、ベンヌに対してランデブーした。オサイリス・レックスベンヌ周回する軌道に乗ったことで、ベンヌ宇宙機周回軌道乗った最も小さな天体となったオサイリス・レックスは、周回軌道上から搭載機器レーザー高度計などを利用して詳細な形状など調査したオサイリス・レックスによる撮像からベンヌ赤道付近膨らんだ外見明らかとなり、オサイリス・レックス同時期日本の探査機はやぶさ2によるサンプルリターン計画が行われていた小惑星リュウグウ瓜二つであると、日本話題となった。このソロバン玉やコマにもたとえられる形状は、比較高速で自転する小型の小惑星においてしばしば見られるリュウグウ比較すると、ベンヌ直径リュウグウ約半分体積は約1/8小さい。 2020年10月20日オサイリス・レックスは、4つサンプル採取候補地の中の1つNightingale地点サンプル採取試み2020年10月21日NASA採取成功した発表した。その成否は、2023年予定されている地球へ再突入カプセル投下後に明らかとなる

※この「探査」の解説は、「ベンヌ (小惑星)」の解説の一部です。
「探査」を含む「ベンヌ (小惑星)」の記事については、「ベンヌ (小惑星)」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 08:59 UTC 版)

ディディモス (小惑星)」の記事における「探査」の解説

ディディモス衛星であるディモルフォスは、2016年中止されアメリカ航空宇宙局 (NASA) と ヨーロッパ宇宙機関 (ESA) の共同ミッション Asteroid Impact and Deflection Assessment (AIDA) 計画ターゲット選定されていた。NASAはそのAIDA計画構成する2基の宇宙機の1基という枠組みであった Double Asteroid Redirection Test (DART) 計画進めており、宇宙機小惑星衝突させることでその衝撃地球へ衝突する軌道になっている小惑星上手く衝突コースから逸らすことができるかどうか検証することを目的としている。DARTは、事前に衛星を持つことが知られていた小惑星への探査を目的とした初の宇宙探査機となる(探査機ガリレオ訪れた小惑星 (243) イダ衛星ダクティル訪問時に発見され小惑星 (3548) エウリュバテス衛星ルーシー打ち上げに際して行われた観測から発見された)。ディディモスその大きさの中では最も地球から到達しやすい小惑星であり、月に探査機到達するのに必要なデルタV6.0 km/s であるのに対しディディモスランデブーする探査機には 5.1 km/s で十分となる。 DART2021年11月24日打ちあげられ、2022年9月後半から10月前半にディモルフォスへの衝突予定されている。DARTには、小惑星DART衝突の様子観測するためにイタリア宇宙機関 (ASI) が提供した小型の6U CubeSat、LICIACubeが搭載されており、衝突の10日前に分離される衝突により、ディディモス公転するディモルフォスの公転周期少なくとも73短くなる予想されている。 2019年11月承認されESAHera計画では、2024年探査機打ち上げられ2027年1月ディディモス到着する予定であるDART衝突生じたディモルフォスの軌道動的変化表面形成されクレーター特性測定することが予定されている。

※この「探査」の解説は、「ディディモス (小惑星)」の解説の一部です。
「探査」を含む「ディディモス (小惑星)」の記事については、「ディディモス (小惑星)」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/18 13:50 UTC 版)

太陽系外縁天体」の記事における「探査」の解説

2020年時点では太陽系外縁天体主要な対象とした探査ミッションNASAニュー・ホライズンズのみである。ニュー・ホライズンズ2006年1月打ち上げられ2015年7月冥王星接近して観測し2019年1月にはアロコス接近して観測した2011年には、クワオアーセドナマケマケハウメアエリスを探査対象として想定した探査機の設計検討が行われた。また2019年には、軌道捕獲複数の探査対象を含む太陽系外縁天体の探査シナリオ提案された。設計検討論文検討され外縁天体は、(55637) 2002 UX251998 WW31レンポである。 カイパーベルト天体オールトの雲観測され特徴もしくは予測されているいくつかの特徴説明するための様々な理論的な理由に基づき地球質量未満から褐色矮星質量範囲にわたる海王星以遠天体存在予測されている。最近になって探査機ニュー・ホライズンズによる測距データ用いてそのような仮説上の天体位置制約与えることが提案されている。 NASAは "Interstellar Precursor" として21世紀中の専用星間探査に向けて取り組んでおり、ある構想では星間物質到達するように意図的に設計し、その計画一部としてセドナのような天体フライバイを行うことも考慮されている。全体としてこれらのタイプ探査機の設計研究では2020年代打ち上げ提案されており、現在の技術用いてボイジャーよりもやや高速で飛行させることとしている。Interstellar Precursor に向けて2018年行われた設計検討では、2030年代クワオアー経由する計画含まれた。

※この「探査」の解説は、「太陽系外縁天体」の解説の一部です。
「探査」を含む「太陽系外縁天体」の記事については、「太陽系外縁天体」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/02/23 14:44 UTC 版)

タイタンの生命」の記事における「探査」の解説

タイタン (衛星)#探査の歴史」も参照 2016年現在提案されているTiMEミッションでは、探査機タイタン液体の湖に着水させることが計画されている。アリゾナ大学天文学者クリス・インピー(英語版)は「このミッション生命発見できる可能性があるものである」と語っている。

※この「探査」の解説は、「タイタンの生命」の解説の一部です。
「探査」を含む「タイタンの生命」の記事については、「タイタンの生命」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/02 06:00 UTC 版)

ボストーク湖」の記事における「探査」の解説

1960年代後半から70年代初頭にかけて行われた上空よりの氷透過レーダーによる調査によって存在確認された1998年ボストーク基地研究行っていたロシアフランス米国共同チームが、世界で最も深い場所である深度3,628メートル地点までコア掘削分析行なった。湖の頂上付近採取されコアから得られ氷のサンプル分析した所、その氷は約42万年前にできたと分かったその事は、湖が50万年から100万年にわたって氷に封印されいた事暗示している当時コア掘削湖水汚染防止するために、氷床湖水境界面まで120メートル地点停止されていた。 2005年4月ドイツロシア日本の研究者によって、湖に潮汐あることわかった太陽と月位置によって、湖の表面1、2センチメートル上昇する。湖の表面変動には微生物生存必要な循環させ続けポンプ効果がある推測される2005年5月、湖の中央に島があることわかった2006年1月コロンビア大学研究者ボストーク湖よりも小さい湖を氷の下2つ見つけた発表した2013年2月南極の氷床の下にあるボストーク湖調査目指すロシア北極南極科学調査研究所サンクトペテルブルク)は8日同国調査隊氷床深さ約3800メートルまで掘削し1989年掘削開始以来初めドリルが同湖に達した発表した

※この「探査」の解説は、「ボストーク湖」の解説の一部です。
「探査」を含む「ボストーク湖」の記事については、「ボストーク湖」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/06 06:50 UTC 版)

ドームA」の記事における「探査」の解説

ドームA詳細な地形1967年から1979年間に音響測深機「SPRI-NSF-TUD」により調査された。 2005年1月中華人民共和国中国南極調査隊(Chinese National Antarctic Research Expeditions)は中山基地中山站、Zhongshan station)から1228キロメートル横断してドームA到着しGPSによる測定により氷床最高地点南緯80°22’、東経77°21であることを突き止めた。ここは主要なice divide標高差メートルばかりの長い尾根末端の近くであったドームAには自動気象観測所AWS)が設置され、このドームA海岸のほぼ中央に当た南緯7625東経7701分 / 南緯76.417度 東経77.017度 / -76.417; 77.017、標高2,830メートル位置補助基地としてイーグル基地設置された。これらの自動気象観測所は、3番目の基地である自動気象観測所 (LGB69)(南緯7050東経7704分 / 南緯70.833度 東経77.067度 / -70.833; 77.067、標高1,854メートルと共に中華人民共和国オーストラリア連邦との相互協力により運営された。 ドームA観測され最低気温2005年7月の−82.5であった。しかしドームAより標高が約600メートル低いボストーク基地記録−89.2に及ぶものではなかった。2005年から2006年における地上1メートル年平均気温は−53.0であり、これもボストーク基地の−55.3、およびプラトー基地の−56.4より高い。一方表面10メートル氷床中の年平均温度は、2005年は−58.32006年は−58.2であった

※この「探査」の解説は、「ドームA」の解説の一部です。
「探査」を含む「ドームA」の記事については、「ドームA」の概要を参照ください。


探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/05/14 16:24 UTC 版)

ハズバンド・ヒル」の記事における「探査」の解説

2005年スピリットは、着陸地点の探査の一環として、ハズバンド・ヒル頂上までゆっくり上った。2005年8月22日頂上に到着し9月25日降りたこの間、約2ヶ月をかけて頂上付近表面外観観測したこの結果ハズバンド・ヒルには、通常よりもリン含有率が多い岩石がある「カンバーランド・リッジ」やアルベドの低い「エル・ドラド」等の地形見つかり命名された。 頂上からの降下中に撮影され360°パノラマ写真

※この「探査」の解説は、「ハズバンド・ヒル」の解説の一部です。
「探査」を含む「ハズバンド・ヒル」の記事については、「ハズバンド・ヒル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「探査」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

探査

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 11:36 UTC 版)

名詞

(たんさ)

  1. 未知物事について、探ること。調べること。近現代では特に地中海洋中、宇宙どの事物について科学的に調査すること。

動詞

活用

サ行変格活用
探査-する

「探査」の例文・使い方・用例・文例




探査と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



探査のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの探査 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのトリックスターズ (改訂履歴)、リゲイア海 (改訂履歴)、月の溶岩洞 (改訂履歴)、クラーケン海 (改訂履歴)、ベスタ (小惑星) (改訂履歴)、パトロクロス (小惑星) (改訂履歴)、惑星系 (改訂履歴)、ナイアド (衛星) (改訂履歴)、ディオネ (衛星) (改訂履歴)、エリシウム平原 (改訂履歴)、ゲール (クレーター) (改訂履歴)、ケレス (準惑星) (改訂履歴)、ネレイド (衛星) (改訂履歴)、ルテティア (小惑星) (改訂履歴)、ニクス (衛星) (改訂履歴)、エリス (準惑星) (改訂履歴)、冥王星 (改訂履歴)、海王星 (改訂履歴)、カリスト (衛星) (改訂履歴)、(98943) 2001 CC21 (改訂履歴)、シュテインス (小惑星) (改訂履歴)、虹の入江 (改訂履歴)、水星 (改訂履歴)、シャクルトン (クレーター) (改訂履歴)、プシケ (小惑星) (改訂履歴)、ヴィルト第2彗星 (改訂履歴)、ベルナーディネッリ・バーンスティーン彗星 (改訂履歴)、カラ・ホト (改訂履歴)、ボリソフ彗星 (2I/Borisov) (改訂履歴)、ボイジャー計画 (改訂履歴)、ベンヌ (小惑星) (改訂履歴)、ディディモス (小惑星) (改訂履歴)、太陽系外縁天体 (改訂履歴)、タイタンの生命 (改訂履歴)、ボストーク湖 (改訂履歴)、ドームA (改訂履歴)、ハズバンド・ヒル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの探査 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS