コードネームとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 情報 > 記号 > 記号 > コードネームの意味・解説 

コード‐ネーム【chord name】

読み方:こーどねーむ

軽音楽で使う和音記号Cm, C7など。

「コード‐ネーム」に似た言葉

コード‐ネーム【code name】

読み方:こーどねーむ

軍事作戦開発中の製品などの秘密を守るために、当事者間だけで用いる名。→開発コード


コード・ネーム[chord name]


コードネーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/20 08:02 UTC 版)

コードネーム英語: code name)は、ある事物や人物などを指す、一般にごく短い別名であるが、関係者だけなどといった特に限定された範囲でのみ、そのことを知っているような運用を目的としたものを特に指すこともある。すなわち、暗号の分類のひとつである「コード (暗号) 」の意図があり、それを明示して暗号名(あんごうめい)、秘匿名(ひとくめい)などとも言う。




「コードネーム」の続きの解説一覧

和音

(コードネーム から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/05 06:43 UTC 版)

和音(わおん、英語: chord(コード)、: Akkord)は、高さが異なる複数のピッチクラス楽音が同時にひびく音のことである。三つのピッチクラスからなる和音を「三和音」、四つのピッチクラスからなる和音を「四和音」などと呼ぶが、同時に8つの高さの音が鳴っても、ピッチクラスが3または4であれば、それは基本的には三和音または四和音とみなされる。つまり、「○和音」と「○」とは示す意味が異なっており、かつては携帯電話機着信メロディにおける同時発音可能数の表示などで、異なる16音で構成される和音を「16和音」とするような間違った用法もしばしば見られた。


  1. ^ 幡野 2008, p. 120.
  2. ^ 幡野 2008, p. 120,121.
  3. ^ 幡野 2008, p. 123.
  4. ^ 幡野 2008, p. 122.
  5. ^ 春畑 2009, p. 115.
  6. ^ 春畑 2009, p. 114.
  7. ^ 春畑 2009, p. 106.
  8. ^ 春畑 2009, p. 107.
  9. ^ 春畑 2009, p. 108.
  10. ^ Gates, Jerry (2011年2月16日). “Chord Symbols As We Know Them Today – Where Did They Come From?” (英語). バークリー音楽大学. 2013年10月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年10月13日閲覧。



コードネーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 07:12 UTC 版)

Microsoft Windows 10 Mobile」の記事における「コードネーム」の解説

コードネームは「Thresholdスレッショルド)」(ビルド 10586まで)および「Redstoneレッドストーン)」(ビルド 14267から)。

※この「コードネーム」の解説は、「Microsoft Windows 10 Mobile」の解説の一部です。
「コードネーム」を含む「Microsoft Windows 10 Mobile」の記事については、「Microsoft Windows 10 Mobile」の概要を参照ください。


コードネーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 20:31 UTC 版)

VARDIA」の記事における「コードネーム」の解説

XDシリーズAシリーズにはコードネームがついている詳細RD-Style#コードネームを参照の事(経緯考慮して一まとめにしているため)。

※この「コードネーム」の解説は、「VARDIA」の解説の一部です。
「コードネーム」を含む「VARDIA」の記事については、「VARDIA」の概要を参照ください。


コードネーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/17 01:17 UTC 版)

ケロロRPG 騎士と武者と伝説の海賊」の記事における「コードネーム」の解説

テイルズ オブシリーズにおける「称号」に相当する付け替えることにより、ステータス変化する

※この「コードネーム」の解説は、「ケロロRPG 騎士と武者と伝説の海賊」の解説の一部です。
「コードネーム」を含む「ケロロRPG 騎士と武者と伝説の海賊」の記事については、「ケロロRPG 騎士と武者と伝説の海賊」の概要を参照ください。


コードネーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/28 13:59 UTC 版)

RD-Style」の記事における「コードネーム」の解説

2004年から2006年にかけて発売されエントリー系を除く製品2007年発売されRD-Aシリーズのコードネームは『機動戦士ガンダムSEED』などコズミック・イラガンダムシリーズ登場するモビルスーツまたは戦艦の名前から取られている節がある。ただし、この件に関して東芝担当者たちは肯定否定していない

※この「コードネーム」の解説は、「RD-Style」の解説の一部です。
「コードネーム」を含む「RD-Style」の記事については、「RD-Style」の概要を参照ください。


コードネーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/05 06:43 UTC 版)

和音」の記事における「コードネーム」の解説

コードネーム(英: chord symbol)は和音を表す記号である。バークリー音楽大学教授 Jerry Gates は「コードネームはファーディ・グローフェ(1892 – 1972)とジェリー・ロール・モートン(1890-1941)により発案されたと聞いている」と述べている。ジャズ演奏において、リード・シートというメロディとコードネームが記されただけの楽譜用いてメロディフェイクしたり、アドリブ演奏したりするのに非常に役に立つまた、ポピュラー音楽や、ギター和音演奏するときに多用される基本的に英語が使われる。コードネーム単体ではリズムを表すことができないので、旋律楽譜の上に添えて書かれることが多い。 コードネームは、英語音名で根音ルート)を表し、それに和音種類を表す記号添える。すなわち、上記のコードネームの例でCをルートの英語音名に書き換えればコードネームとなる(長三和音の場合には、種類を表す記号不要である)。例えば、変ホE♭)音上の短七の和音E♭m7 と書き表される転回和音などで、コードルート以外の音がバスベース)に来るときには、そのベース音を斜線(/)またはonのあとに加えて書くことができる(省略することも多い)。たとえば、コードがCでベースがE(第1転回形の場合にはC/EまたはConEのように書く。斜線横にしてCをEの上に置くこともあるが、それが分数コード後述を示すことがあるので避けるべきである。 コードネームの読み方次のようであるルート部分は、英語で読む。♯はシャープ、♭はフラットである。 和音種類部分次のように読む。M、mamajMajは、メイジャー日本ではメジャー読むことが多い。 m、mimin、(ルート直後に置かれる短三和音を表す)-は、マイナーaugルート直後に置かれる増三和音を表す)、♯5、+5、+は、オーグメンテッド(augmented)。日本ではオーギュメント読むことも多いが、「ギュ」という発音他の英語発音カタカナ表記照らしても訛が強い(ュに対峙する英語の発音存在しない)。 dim、oは、ディミニッシュト(diminished)。※以下、日本では過去分詞の-ed省略することが多い。 △はトライアド triad三和音)。またはメイジャー・トライアド。例外として△7は特にメイジャー・セブンスを表す。-△はマイナー・トライアド。 o△はディミニッシュト・トライアド。 +△はオーグメンテッド・トライアド。 øはハーフ・ディミニッシュト(マイナー・セブンス・フラッティド・フィフス)。 susは、サスペンデッド日本ではサスとも読まれるaddは、アディショナル。日本ではアドとも読まれる数字序数で読む。7はセブンスである。ただし、日本では基数読むことも多い。 数字前の♯、+はシャープト(sharped)。 数字前の♭、-はフラッティド(flatted)。 ベースを表す斜線(/)、onは「オン」。 ()読まない(「カッコと言わない)。 例えば、D♯7 -5(♭13)/Gは、「ディー・シャープ・セブンス・フラッティド・フィフス・フラッティド・サーティーンス・オン・ジー」と読む。(注:一般的には「ディー・シャープ・セブン・フラット・ファイブ・フラット・サーティーン・オン・ジー」と読まれる

※この「コードネーム」の解説は、「和音」の解説の一部です。
「コードネーム」を含む「和音」の記事については、「和音」の概要を参照ください。


コードネーム

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/09 15:32 UTC 版)

Microsoft Windows 7」の記事における「コードネーム」の解説

初期の開発コードネームは「Blackcombであったが、のちに「Vienna」となり、さらに「Windows 7」に改められた。本来次期クライアントWindows社内開発コードネームだったものが、そのまま製品版名称として採用された

※この「コードネーム」の解説は、「Microsoft Windows 7」の解説の一部です。
「コードネーム」を含む「Microsoft Windows 7」の記事については、「Microsoft Windows 7」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「コードネーム」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「コードネーム」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



コードネームと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コードネーム」の関連用語

コードネームのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コードネームのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ヤマハミュージックメディアヤマハミュージックメディア
Copyright(C) 2000-2023 YAMAHA MUSIC MEDIA CORPORATION. All Rights Reserved.
ヤマハミュージックメディア音楽用語ダス
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコードネーム (改訂履歴)、和音 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのMicrosoft Windows 10 Mobile (改訂履歴)、VARDIA (改訂履歴)、ケロロRPG 騎士と武者と伝説の海賊 (改訂履歴)、RD-Style (改訂履歴)、和音 (改訂履歴)、Microsoft Windows 7 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS