海王星探査とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 計測 > 探査 > 海王星探査の意味・解説 

海王星探査

太陽から45億kmもはなれた海王星は、とても寒い星

海王星は、主にガスでできています。表面強い風が吹き、とても寒い星です。太陽からは45kmもはなれたところにあり、大きさ地球の4倍ほどです。公転軌道の1部が冥王星交差(こうさ)しているので、1999年までは、冥王星より遠いところにありました。海王星表面には、青黒いたまご型のもよう大暗斑(だいあんはん)が大小2つあり、白いメタンが浮いています。細い輪が4本、衛星は8個あります

ボイジャー2号が撮影した海王星。中央左側の薄暗い部分が大暗斑です。
ボイジャー2号撮影した海王星中央左側の薄暗い部分大暗斑です。

海王星の大気85%は水素だった

天王星と同じ水素メタンヘリウムなどが主成分考えられていましたが、あまりに距離が遠いため地球からの観測ではよくわかりませんでした。ボイジャー2号海王星に4,900kmまで接近し、大気成分水素85%、ヘリウム13%、メタン2%であることを観測しました。また、海王星全体に青く見え表面には激し大気活動を示すような地球ほどもある巨大な暗い斑点があり、メタンが凍ったものと思われる白い雲があることも観測しました。

海王星に接近して数々の観測をおこなった「ボイジャー2号」
海王星接近して数々観測をおこなった「ボイジャー2号

海王星にも4本の輪を確認。自転周期は16時間

ボイジャー2号観測により、木星土星天王星と同じように、海王星のまわりにも淡い4本の輪がはっきりと確認されました。また、海王星磁気軸は自転軸から50度もずれていることもわかりましたそのほか海王星大気オーロラ発光確認するとともにこれまで1718時間観測されていた自転周期16時間であることもわかりました

ボイジャー2号がとらえた海王星の4本の輪。色の濃い2本の輪と、うすい2本の輪が見えます。
ボイジャー2号がとらえた海王星の4本の輪。色の濃い2本の輪と、うすい2本の輪が見えます。

トリトン、ネレイドをはじめ海王星の衛星は全部で11個

地球からの観測海王星には2つ衛星があることがわかっており、トリトンネレイド名づけられています。ボイジャー観測トリトン直径地球からの観測考えられていたものよりもはるかに小さく2,720kmであること、表面温度これまでの予想よりも低いマイナス200度であり、現在も活動中と思われる窒素(ちっそ)を吹き上げる「氷火山」があることなどがわかりましたまた、ボイジャー2号によって、海王星のまわりを回る新たな6つの衛星発見されました。
さらに2002年新たに3つの衛星がアメリカハーバード・スミソニアン宇宙物理学センターにより発見されました。これにより、海王星の衛星合計11個あることがわかりました

ボイジャー2号によって撮影された海王星の衛星「トリトン」の半球
ボイジャー2号によって撮影された海王星の衛星トリトン」の半球


海王星探査

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/21 03:14 UTC 版)

海王星探査の項目においては、海王星探査の歴史と未来について述べる。現在まで海王星を探査した探査機は1989年8月25日に海王星に接近したボイジャー2号のみである。NASAはネプチューン・オービターの計画を議論していたが、まだそれ以外に大規模な計画は行われていない。海王星は木星型惑星であり、固体の表面を持たないと考えられており、海王星面への着陸機あるいはローバーなどの計画も存在していない。






「海王星探査」の続きの解説一覧



海王星探査と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「海王星探査」の関連用語

海王星探査のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



海王星探査のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JAXAJAXA
Copyright 2019 Japan Aerospace Exploration Agency
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの海王星探査 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS