発光とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 発光 > 発光の意味・解説 

はっ‐こう〔‐クワウ〕【発光】

読み方:はっこう

[名](スル)光を発すること。「—する昆虫」「—塗料


三波長(発光)形蛍光ランプ


発光

作者殿谷みな子

収載図書飯喰わぬ女殿谷みな子短篇集
出版社れんが書房新社
刊行年月1990.4


発光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/16 01:31 UTC 版)

発光(はっこう)は、を発すること。




「発光」の続きの解説一覧

発光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/26 15:58 UTC 版)

プラズマ」の記事における「発光」の解説

プラズマ中の電子励起状態から緩和するときに、エネルギー準位の差に対応した特定波長の光を放出する発光スペクトルは、温度密度イオン種によって変化し、これを利用してプラズマの状態を測定することができる。この手法を、プラズマ分光と呼ぶイオン種ごとの発光スペクトルNIST Atomic Spectra Databaseから参照できる

※この「発光」の解説は、「プラズマ」の解説の一部です。
「発光」を含む「プラズマ」の記事については、「プラズマ」の概要を参照ください。


発光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/14 05:41 UTC 版)

深海魚」の記事における「発光」の解説

生物発光は発光基質ルシフェリン)と発光酵素ルシフェラーゼ)の化学反応によって起こ発光現象で、多くの深海生物が持つ重要な特徴のひとつである。深海魚例外ではなく大西洋北東部における調査では、500メートル以深に住む深海魚の7割、個体数にして9割以上が発光するとされる深海魚による生物発光には、発光バクテリア体内住まわせることによる共生発光と、自身が発光基質作り出す自力発光とがある。発光器官位置眼の周囲口ヒゲ末端腹部尾部肛門周囲などさまざまで、数や形態とともに重要な分類形質として利用される

※この「発光」の解説は、「深海魚」の解説の一部です。
「発光」を含む「深海魚」の記事については、「深海魚」の概要を参照ください。


発光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/25 22:24 UTC 版)

ホタル」の記事における「発光」の解説

ホタルのうち尾部などに発光器官を持つ種は、酵素ルシフェラーゼと、ルシフェリン化学反応光を発する後述発光のメカニズム参照)。日本の基礎生物学研究所中部大学ヘイケボタルの、両者米国マサチューセッツ工科大学加えた研究チーム米国ホタル「フォティヌス・ピラリス」のゲノム2018年解読発光しない生物にもある脂肪酸代謝酵素アシルCoA合成酵素)が、ホタル祖先進化する過程重複起こして1億年以上前に発光能力得た推測されるとの研究結果発表したホタルとは近縁のヒカリコメツキの発光原理同様であるが、進化の過程は別)。 ホタル発光する能力獲得したのは「敵をおどかすため」という説や「食べるとまずいことを警告する警戒色である」という説がある。事実ホタル科昆虫は毒を有しており、よく似た姿や配色ベーツ擬態ミューラー擬態)をした昆虫存在する。ただし、それらは体色に似るものであり、発光するわけではない。 卵や幼虫時代にはほとんどの種類発光する成虫発光する種は夜行性の種が大半占め昼行性の種の成虫では強く発光する種も存在するが、多くの種はまず発光しない。夜行性種類では主に配偶行動交信に発光を用いており、光を放つリズムその際飛び方などに種ごとの特徴があるこのため、「交尾のために発光能力獲得したと言う説も有力である。一般的には雄の方が運動性優れ飛び回りながら雌を探し、雌はあまり動かない成虫発光する場合発光するので、このような種は生活史全段階発光することになる。昼行性の種では、光に代わって、あるいは光と併用して性フェロモンコミュニケーションの媒体としていると考えられる変わった例では以下のような種類もいる。 一方性の発光する北米生息するen:Photurisの雌は他種の雌をまねて発光し、その雄おびき寄せて捕食してしまう。 雄が一か所集まり一斉に同調して光る。東南アジアマングローブ地帯で、一本木に集まって発光するものが有名。ゲンジボタル限定的ではある集団シンクロ発光するのが見られる

※この「発光」の解説は、「ホタル」の解説の一部です。
「発光」を含む「ホタル」の記事については、「ホタル」の概要を参照ください。


発光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 21:06 UTC 版)

おまかせアレックス」の記事における「発光」の解説

アレックス感情が昂ぶった(喜び怒り動揺した場合に、身体(主に顔面)が黄色紫色などに光る現象上記の念力放電液体化とは異なりアレックス意思関係なく発生してしまう、特に役に立たない力。

※この「発光」の解説は、「おまかせアレックス」の解説の一部です。
「発光」を含む「おまかせアレックス」の記事については、「おまかせアレックス」の概要を参照ください。


発光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/19 14:39 UTC 版)

オニアンコウ科」の記事における「発光」の解説

チョウチンアンコウ類の誘引突起が発光機能有することは19世紀末から推測されていたが、実際に発光している様子観察されたのはオニアンコウ科1種(Linophryne arcturi)が初めてで、1926年報告されている。オニアンコウ属の仲間がもつ顎ヒゲの発光は1932年最初に確認されヒゲ先端位置する多数小結節青白く光る様子観察されている。 誘引突起の発光は他のチョウチンアンコウと同様発光バクテリアによる共生発光である一方顎ヒゲにはいかなる細菌存在せず自力発光が行われているとみられているワニトカゲギス科ワニトカゲギス目魚類における顎ヒゲの発光は主に神経系によって調節されているが、オニアンコウ類の顎ヒゲには目立った神経分布認められず、代わりに血管系介した調節を受けているものと考えられている。

※この「発光」の解説は、「オニアンコウ科」の解説の一部です。
「発光」を含む「オニアンコウ科」の記事については、「オニアンコウ科」の概要を参照ください。


発光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 04:19 UTC 版)

ヨコエビ」の記事における「発光」の解説

Pseudorchestoidea gracilisハマトビムシ科)で生物発光報告されている。ただし、独自の発光器官持たずホタルエビと同様発光バクテリア由来する推測されている(Bousfield & Klawe 1963)。なお、日本では栗本丹洲記した『千譜』において、ヨコエビ一種と思われる生物発光するとの記述見られる

※この「発光」の解説は、「ヨコエビ」の解説の一部です。
「発光」を含む「ヨコエビ」の記事については、「ヨコエビ」の概要を参照ください。


発光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/27 23:09 UTC 版)

ホタルミミズ」の記事における「発光」の解説

発光能力があることで知られるが、特別に分化した発光器持たず外界からの刺激ピンセットや針などによる機械的な刺激クロロホルムなどの化学的刺激電気的刺激を受けて、口や肛門または皮膚表面から体外滲出した体腔液が光を発する体腔液が発する光を分光器測定した結果では、その波長538 nm黄色みがかった緑色であったという。 本種が生息する地域夜間に歩くと、地表面点々とホタルのそれを思わせる光が観察されるピンセットによって機械的刺激与えた例では、体の末端から体液出て、約1分間にわたりぼんやりとした光を発したという。富山県魚津市内での発見例でも、発光部位は体の後端であると報告されている。 発光の意義については確実な説明なされていないが、ケラなどの外敵が、発光しているホタルミミズに対して忌避示して摂餌しない例が観察されていることから外敵に対する威嚇ではないかとする説がある。

※この「発光」の解説は、「ホタルミミズ」の解説の一部です。
「発光」を含む「ホタルミミズ」の記事については、「ホタルミミズ」の概要を参照ください。


発光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 22:44 UTC 版)

1,2-ジオキセタン」の記事における「発光」の解説

1960年代1,2-ジオキセタンいくつかの誘導体が、ホタルグローワームその他の生物発光の原因となる反応中間体として一時的に存在することが発見された。ケミカルライトには、分解して二酸化炭素生成するジオキセタンの別誘導体である1,2-ジオキセタンジオン含まれるその他のジオキセタン誘導体化学分析にも用いられ、非常に低濃度体液組成検出を可能とする。

※この「発光」の解説は、「1,2-ジオキセタン」の解説の一部です。
「発光」を含む「1,2-ジオキセタン」の記事については、「1,2-ジオキセタン」の概要を参照ください。


発光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/13 05:48 UTC 版)

セレンテラミド」の記事における「発光」の解説

励起一重項状態(S1)から安定状態(S0)に遷移に伴い光子放出するメカニズムカルシウム受容発光蛋白質イクオリンカルシウム結合すると、イクオリン内に存在する酸素化されたセレンテラジン反応開始され生成物セレンテラミド(S1)を含む青色蛍光タンパク質(BFP)が得られセレンテラミド(S1)が青色発光するオワンクラゲ体内では緑色蛍光タンパク質(GFP)の蛍光色素部分エネルギーを渡すため緑色発光する

※この「発光」の解説は、「セレンテラミド」の解説の一部です。
「発光」を含む「セレンテラミド」の記事については、「セレンテラミド」の概要を参照ください。


発光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/28 07:39 UTC 版)

ヤコウチュウ」の記事における「発光」の解説

他の生物発光と同様、発光はルシフェリン-ルシフェラーゼ反応よる。ヤコウチュウ物理的な刺激浮けると光る特徴があるため、波打ち際で特に明るく光る様子を見る事ができる。ヤコウチュウのいる水面石を投げるボート引き波立てる、イルカなどが泳ぐといった刺激でも光る。

※この「発光」の解説は、「ヤコウチュウ」の解説の一部です。
「発光」を含む「ヤコウチュウ」の記事については、「ヤコウチュウ」の概要を参照ください。


発光

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 21:17 UTC 版)

ウミホタル」の記事における「発光」の解説

名前の由来となっている青色発光の目的外敵に対する威嚇で、刺激を受ける盛んに発光するウミホタル負の走光性光か逃げ性質を持っているため、発光は仲間に危険を知らせサインにもなっていると考えられている。また、雄は求愛ディスプレイとしても発光を用いる。この光はウミホタル分泌する発光物質ルシフェリン)が酸化される際のもので、体外放出されると同時に酵素ルシフェラーゼ)の作用を受けて海中酸素激しく反応する同様の反応発光する生物他に魚のキンメモドキやツマグロイシモチが知られるが、これらは摂食したウミホタル由来しているものと考えられている。なお、ルシフェリンおよびルシフェラーゼ生物発光関わる物質を指す一般的な名称で、ホタルの発光機構言及されるものとウミホタルのそれとは全く異な物質である。ウミホタルルシフェリンヴァルグリン英語版)であり、一般にウミホタルルシフェリン(Vargula luciferin)と呼びならわされる。 なお、この分野研究において、ウミホタル重要な役割果たした生物発光ルシフェリンルシフェラーゼ反応によることは、デュボアがヒカリコメツキやカモメガイ材料示したものだが、これらの動物多量に集めること、常時入手することなどが難しく研究を進めるには困難であった。これに対してウミホタル採集たやすく乾燥して保存するともできる上、その反応がより簡単で発光物質安定なものであることをアメリカのニュートン・ハーヴェイが見いだし研究材料として大い用いられるようになった

※この「発光」の解説は、「ウミホタル」の解説の一部です。
「発光」を含む「ウミホタル」の記事については、「ウミホタル」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「発光」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

発光

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 08:12 UTC 版)

名詞

はっこう

  1. を出すこと。

動詞

活用

サ行変格活用
発光-する

「発光」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



発光と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

発光のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



発光のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
大光電機大光電機
Copylight 2022.DAIKO ELECTRIC CO.,LTD.All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの発光 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのプラズマ (改訂履歴)、深海魚 (改訂履歴)、ホタル (改訂履歴)、おまかせアレックス (改訂履歴)、オニアンコウ科 (改訂履歴)、ヨコエビ (改訂履歴)、ホタルミミズ (改訂履歴)、1,2-ジオキセタン (改訂履歴)、セレンテラミド (改訂履歴)、ヤコウチュウ (改訂履歴)、ウミホタル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの発光 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS