密度とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 計測 > 密度 > 密度の意味・解説 

みつ‐ど【密度】

読み方:みつど

粗密度合い単位体積面積長さあたりに、ある量が分布する割合。「人口の―が高い」

物事充実している度合い。「―の高い仕事

各種物理量単位体積あたりの量。ふつう、質量についての密度を指す。単位キログラム毎立方メートル(kg/m3)、グラム毎リットル(g/l)など。体積密度

「密度」に似た言葉

密度


密度

ある部材質量体積割った値。標準単位は(g/cm3)だが発泡プラスチックは軽いため(g/L)あるいは(kg/m3)が使用される

密度

セメントの密度は、一般にシリカ鉄分が多いほど大きい。また、風化が進むと密度は小さくなる試験方法は、ルシャテリエフラスコと完全に脱水した鉱油用い一定質量試料入れ体積測定して求める。

密度 density

質量がとれだけ密に詰まっているということで密度の高いものは、大きさの割に重く感じる。例えば、1kgの岩とは、質量は等しいが、密度は岩の方が高い。同様に岩石でできている地球型惑星は、ガスと氷でできている木星型惑星よりも密度は高い。

密度

読み方:みつど

粒子どのくらい密集しているかをあらわす。質量密度は,単位体積あたりの質量あらわし数密度は,単位体積あたりの粒子数を表す。

密度、目付け DENSITY


密度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/31 10:11 UTC 版)

密度(みつど)は、一般には、対象とする何かの混み合いの程度を示す語である。ただし、科学において、単に密度といえば、単位体積あたりの質量(質量の空間微分[注 1])を指すことが多い。


  1. ^ 直観的には、各点における物質の量(質量)という意味
  2. ^ 異なる物理量どうしの演算で得られた新しい量であるため、組立単位で表されるものであり、正確に比ではない。
  3. ^ より正確には、この微小部分は微分で考える微分小と同じであるが、物理量が異なる場合、純粋な幾何学のようなで表す事ができないため、各点における物理単位辺りの大きさで表している。
  4. ^ 比重の定義は計量単位規則(平成四年通商産業省令第八十号)の別表第1で示されており、この表中の計量単位の欄に「(計量単位を付さない)」と記されていて、比重が無次元量であることが明示されている。
  5. ^ 理科年表でもg/cm3単位による数値を挙げている。理科年表2020、pp.392-393
  6. ^ このような直感的な密度の感じ方について、科学史家・板倉聖宣は、「鉄1 kgと綿1 kgはどちらが重いか」という問題に、多くの人は「鉄の方が重い」と感じることを指摘している[6]
  7. ^ アルキメデスがヒエロン2世から、金の王冠に混じりものが入ってないか調べるように言われた故事。その発見はアルキメデスの原理と呼ばれる浮力の原理である。(詳細はアルキメデスを参照のこと。)
  8. ^ 「液体中にあるものに関するアルキメデスの書」Moody & Clagett:The Medieval Science of Weightsの41-51頁ラテン原文(英文併記)より板倉聖宣が訳出したもの[8]
  9. ^ この手稿本で重さの最小単位としているもの[9]
  10. ^ 古代ギリシャデモクリトスレウキッポスに始まり、エピクロスが重さの概念を基盤にすることで一応の完成を見た理論。共和制ローマ時代の詩人ルクレチウスはエピクロスを称えて原子論を詳しく紹介する詩を残し[12]、その詩は中世から近代科学が立ち上がる時代のヨーロッパに大きな影響を与えた[13]
  11. ^ 従来は享保の改革で漢訳西洋科学書の禁書緩和が行われたとされていたが、実際には17-18世紀に中国から輸入されたイエズス会士がかかわって書かれた漢文科学書の影響がほとんどまったく日本の書物に表れていないことから、実際には吉宗の学問の奨励は「儒学の奨励」であり、「禁書の緩和」とは「特別に許可を得た学者に幕府の書庫内で閲覧を許されただけ」であり、実態は「禁書と出版の統制の制度化」が享保の改革で行われたのだろうと考えられている[34]
  12. ^ 宅間流からは天文学、暦算家の主要な人物が輩出しており、寛政の改暦にも従事している[20]
  13. ^ 中村邦光の論文では水の密度の単位に寸が用いられているが、それでは7貫=約27 kgと計算が合わないので単位を尺に訂正した。尺3なら(30 cm)327000 cm3=27 kgであるから、水の密度の値と合う。
  14. ^ これについては板倉聖宣『歴史の見方考え方』で詳しく論じている[42]
  15. ^ 称水とは「水中にて物の重さを称(はか)る」からきた言葉。のちに「水称法」と呼ばれるようになった[44]
  1. ^ 計量単位令 別表第一 項番19、「密度」の欄
  2. ^ 数値は理科年表2020、p.392 単体の密度
  3. ^ [1] Density maximum and molecular volume at the temperature of maximum density のaの欄 
  4. ^ a b 板倉・中村 1990a, p. 138.
  5. ^ a b 板倉・中村 1990a, p. 139.
  6. ^ 板倉聖宣 1978, pp. 69–83.
  7. ^ 中村邦光 2007, pp. 35–36.
  8. ^ a b 板倉聖宣 1958, p. 196.
  9. ^ a b c 板倉聖宣 1958, p. 197.
  10. ^ 板倉聖宣 1958, p. 198.
  11. ^ a b 板倉聖宣 1961, p. 29.
  12. ^ 板倉聖宣 2004.
  13. ^ スティーブン・グリーンブラッド 2012.
  14. ^ 板倉聖宣 1961, p. 30.
  15. ^ ニュートン 1977, p. 15.
  16. ^ 板倉・中村 1990a, p. 140.
  17. ^ a b 板倉・中村 1990a, p. 141.
  18. ^ 板倉・中村 1990a, pp. 143–144.
  19. ^ 中村邦光 2007, pp. 38–39.
  20. ^ a b c d 中村邦光 2016, p. 46.
  21. ^ 中村邦光 2007, pp. 40‐41.
  22. ^ 板倉・中村 1990a, p. 147.
  23. ^ 板倉・中村 1990a, p. 146-147.
  24. ^ 板倉・中村 1990b, p. 162.
  25. ^ a b 板倉・中村 1990b, p. 163.
  26. ^ 中村邦光 2007, p. 42.
  27. ^ 板倉・中村 1990b, pp. 164–165.
  28. ^ a b c 板倉・中村 1990b, p. 165.
  29. ^ 板倉・中村 1990b, p. 65.
  30. ^ a b 板倉・中村 1990b, p. 170.
  31. ^ a b 中村邦光 2007, pp. 44–45.
  32. ^ 板倉・中村 1990b, p. 171.
  33. ^ 板倉・中村 1990b, p. 172.
  34. ^ 中村邦光 2007b, pp. 81–84.
  35. ^ a b 板倉・中村 1990b, p. 173.
  36. ^ 中村邦光 2016, p. 47.
  37. ^ 板倉・中村 1990b, p. 174.
  38. ^ a b 板倉・中村 1990b, p. 175.
  39. ^ 板倉・中村 1990b, p. 179.
  40. ^ 板倉・中村 1990b, p. 181.
  41. ^ 板倉・中村 1990b, p. 182.
  42. ^ 板倉聖宣 1986, pp. 103–120.
  43. ^ 板倉・中村 1990b, p. 183.
  44. ^ a b 中村邦光 2007, p. 47.
  45. ^ 中村邦光 2007, p. 48.


「密度」の続きの解説一覧

密度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/07 14:56 UTC 版)

高密度ポリエチレン」の記事における「密度」の解説

一般に、密度すなわち結晶化度が高いものは硬すぎて脆くなる。そのため、HDPEにはホモポリマー単一重合体)だけではなく、主に1-ブテンなどのα‐オレフィン共重合させ短い分岐(SCB)構造持たせて結晶化度意図的に下げたコポリマー共重合体)も商品化されているHDPEコポリマーは、通常ではエチレンモノマー1000に対し1~5の分岐を持つ。これが1030になると密度は0.910~0.925程度まで下がり、これは別な種類樹脂リニアポリエチレン直鎖状低密度ポリエチレンL-LDPE)としてJIS K6899-1:2000にて区別されるL-LDPEよりもSCB数が多く密度が0.900~0.909程度のものは超低密度ポリエチレン(V-LDPE)、逆にL-LDPEよりSCB少なく密度が0.925~0.940程度のものは中密度ポリエチレン(M-DPE)とそれぞれ呼称される。これらは共通して長鎖分岐(LCB)を持っていない直鎖状綿状構造である。そのため、これらは密度で区分する低密度ポリエチレン(LDPE)の一種として取り扱われるが、分子構造区分するHDPEグループ分類される

※この「密度」の解説は、「高密度ポリエチレン」の解説の一部です。
「密度」を含む「高密度ポリエチレン」の記事については、「高密度ポリエチレン」の概要を参照ください。


密度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/24 23:43 UTC 版)

クレリチ溶液」の記事における「密度」の解説

クレリチ溶液の密度はスピネルガーネットダイアモンドコランダム浮遊するほどに高く、さらに飽和溶液の密度は20 から90 加熱することによって4.25 g/cm3から5.00 g/cm3に増大させることができる(同じ温度範囲において溶媒である水の密度が1.00 g/cm3から0.96 g/cm3へ減少することに留意)。また、クレリチ溶液希釈することによって密度を1 g/cm3まで減少させることができる。屈折率はかなり大きく線形である。また、密度と屈折率連動しておりその再現性が高い。密度が2 g/cm3のときの屈折率は1.44、4.28 g/cm3のときで1.70となる。これを利用することで、クレリチ溶液の密度は光学的手法により簡単に測定することができる。

※この「密度」の解説は、「クレリチ溶液」の解説の一部です。
「密度」を含む「クレリチ溶液」の記事については、「クレリチ溶液」の概要を参照ください。


密度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/06/13 16:54 UTC 版)

爆速」の記事における「密度」の解説

爆薬には、密度が高いほど爆速大きくなるタイプと、ある値で最大となりそれ以外の密度では低下するタイプ存在する

※この「密度」の解説は、「爆速」の解説の一部です。
「密度」を含む「爆速」の記事については、「爆速」の概要を参照ください。


密度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 09:39 UTC 版)

深海」の記事における「密度」の解説

海水塩分をはじめさまざまな物質溶け込んでおり、純水より密度は高く1.024 - 1.028 g/cm3程度になっている海水密度は塩分濃度などとともに温度にも影響を受ける。密度も水温同様に緯度深度異なっており、低緯度海域では水深300 - 1,000メートル付近で密度が急激に変化する密度躍層英語版)(pycnocline)が存在し中緯度海域では夏だけ生まれる。高緯度海域では存在しない水深300メートル付近まで混合層と呼ばれる海水上下に移動できる領域があり、ここでは低緯度海域では1.024 g/cm3付近高緯度海域表層から深海まで1.028 g/cm3強で一定となっていて、中緯度海域両者中間となる。いずれの海域でも2,000メートルより深い深海は1.028 g/cm3強の一定となる。

※この「密度」の解説は、「深海」の解説の一部です。
「密度」を含む「深海」の記事については、「深海」の概要を参照ください。


密度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 21:33 UTC 版)

土壌」の記事における「密度」の解説

土壌仮比重の例。間隙率土粒子密度 2.7 g/cm3 として計算した。ただし泥炭土の土粒子密度は推定した土壌とその状態仮比重 (g/cm3)間隙率 (%)綿畑耕起された表土1.3 51 トラクター車輪通過した畝間1.67 37 深さ 25 cm の硬盤1.7 36 硬盤の下の撹乱土壌粘土ローム1.5 43 ポプラ下の礫質のシルトローム土壌1.62 40 表層ローム砂質1.5 43 分解され泥炭土0.55 65 黒ボク土0.5 - 0.8 70 - 80 典型的な土壌土粒子密度は 2.60 から 2.75 g/cm3 であり、土粒子密度は通常変化しない土粒子密度は有機物量が多い土壌では小さく酸化鉄量が多い土壌では大きい。土壌仮比重乾燥密度)は土壌乾燥質量体積割った値である。すなわち、その土壌体積中の空気有機物を含む。したがっ土壌仮比重は常に土粒子密度よりも小さく土壌締め固め程度を示す良い指標となる。土壌仮比重耕起されたロームでは 1.1 から 1.4 g/cm3 である(1.0 g/cm3)。土粒子密度とは異なり、ある土壌仮比重極めてばらつき大きく土壌生物活動および土壌管理と強い関係がある。しかし、団粒種類大きさによっては、ミミズ土壌仮比重増加あるいは減少させる可能性があることが示されている。仮比重小さからといって、必ずしも植物の生育適していることを示しているわけではない土性土壌構造による影響考え必要があるめである仮比重大きいことは土壌締固められているか、砂、シルト粘土混ざることによって小さな粒子大きな粒子間隙入り込んでいることを示しているそのため土壌多孔質としてのフラクタル次元仮比重間に正の相関があり、土壌動物作った構造存在しないシルト粘土ローム透水係数が低いことが説明される

※この「密度」の解説は、「土壌」の解説の一部です。
「密度」を含む「土壌」の記事については、「土壌」の概要を参照ください。


密度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/28 05:21 UTC 版)

溶媒」の記事における「密度」の解説

多くの有機溶媒よりも密度が小さく水の上に浮かぶものが多い。例外的に塩化メチレンクロロホルムなどハロゲン溶媒一部酢酸などはよりも比重が大きい

※この「密度」の解説は、「溶媒」の解説の一部です。
「密度」を含む「溶媒」の記事については、「溶媒」の概要を参照ください。


密度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/26 21:07 UTC 版)

木材」の記事における「密度」の解説

金属・ガラス合成樹脂などの密度は温度一定ならばおのおのの固定値取り木材細胞壁だけを計測した密度は「実密度」と呼ばれ、これは樹木の種類などに関わらず1.5という値となる。しかし実際の木材密度には水分影響を及ぼすため、含水率の状態毎に密度は定義される質量を M {\displaystyle \mathrm {M} } 、体積を V {\displaystyle \mathrm {V} } 、添え字それぞれ a {\displaystyle \mathrm {a} } : 気乾 (air-dry)、 g {\displaystyle \mathrm {g} } : 生材 (green)、 o {\displaystyle \mathrm {o} } :全乾 (over-dry) を表すと、 気乾密度: r a = M a V a {\displaystyle {\mathrm {r} _{a}}={\frac {\mathrm {M} _{a}}{\mathrm {V} _{a}}}} 生材密度: r g = M g V g {\displaystyle {\mathrm {r} _{g}}={\frac {\mathrm {M} _{g}}{\mathrm {V} _{g}}}} 全乾密度: r o = M o V o {\displaystyle {\mathrm {r} _{o}}={\frac {\mathrm {M} _{o}}{\mathrm {V} _{o}}}} となり、容積密度 R {\displaystyle \mathrm {R} } は、 R = M o V g {\displaystyle {\mathrm {R} }={\frac {\mathrm {M} _{o}}{\mathrm {V} _{g}}}} (g/cm3) さらに含水率 u {\displaystyle \mathrm {u} } (%) 状態の木材の密度 r u {\displaystyle {\mathrm {r} _{u}}} は、 r u = r o ( 100 + u ) ( 100 + 0.84 r o u ) {\displaystyle {\mathrm {r} _{u}}={\frac {{\mathrm {r} _{o}}(100+\mathrm {u} )}{(100+0.84{\mathrm {r} _{o}}\mathrm {u} )}}} となる。 樹木の種類によって密度は異なり、最も軽いバルサ気乾密度0.17g/cm3、重いリグナムバイタは1.23g/cm3程度となり水に沈む。同じ木でも部位によって異なり針葉樹では早材晩材では1.5 - 3倍差がある広葉樹のうち環孔材に当たるケヤキミズナラなどは、年輪幅が広い部分は全乾密度が重くなる

※この「密度」の解説は、「木材」の解説の一部です。
「密度」を含む「木材」の記事については、「木材」の概要を参照ください。


密度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 13:08 UTC 版)

気体」の記事における「密度」の解説

詳細は「密度」を参照 密度は記号 "ρ"(ロー)で表されSI単位はkg/m3 である。これは、比体積逆数である。 気体粒子容器内を自由に動けるため、その質量一般に密度によって特徴付けられる。密度は質量体積割った値である。気体圧力または体積一方一定としたとき、密度は広範囲にわたって変化する。この密度の変化度合い圧縮率と呼ぶ圧力温度と同様、密度は気体状態変数1つであり、任意の過程における密度の変化熱力学の法則に従う静止気体においては、密度は容器全体で均一である。つまり密度はスカラー量であり、大きさはあるが方向のない単純な物理量である。気体分子運動論によれば気体質量一定のとき密度は容器大きさすなわち体積反比例する。すなわち、質量一定であれば密度の減少とともに体積増大する

※この「密度」の解説は、「気体」の解説の一部です。
「密度」を含む「気体」の記事については、「気体」の概要を参照ください。


密度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 09:19 UTC 版)

「月空洞説」の記事における「密度」の解説

月が地球より低密度であるという事実は、月が空洞になるための支持として進められている。月の平均密度は3.3 g/cm3であるが、地球のは5.5 g/cm3である。この不一致説明1つは、月は、初期の地球の上地殻一部軌道放出した巨大な衝撃によって形成されたのかもしれないということである。地球の上マントル地殻は、そのコアよりも低密度である。

※この「密度」の解説は、「月空洞説」の解説の一部です。
「密度」を含む「月空洞説」の記事については、「月空洞説」の概要を参照ください。


密度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/18 14:38 UTC 版)

水の性質」の記事における「密度」の解説

3.984 °Cのとき最大密度999.97495 kg/m3である。氷は液体の水よりも密度が小さく異常液体)、0 °Cかつ標準気圧(101.325 kPa)において、氷の密度は916.72 kg/m3 である。したがって、固体である氷は液体の水浮き、氷に圧力をかける融ける。これは多くの他の分子とは異な水の特性であり、氷の結晶構造水分子間での水素結合によって嵩高いことによる詳細について氷の項も参照

※この「密度」の解説は、「水の性質」の解説の一部です。
「密度」を含む「水の性質」の記事については、「水の性質」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「密度」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

密度

出典:『Wiktionary』 (2021/06/20 23:13 UTC 版)

名詞

(みつど)

  1. 単位体積あたりの質量
  2. 一定範囲内に分布する割合
  3. 内容充実している度合

発音(?)

み↘つど

関連語

翻訳


「密度」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



密度と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「密度」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



密度のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
鐵鋼スラグ協会鐵鋼スラグ協会
Copyright (C) 2023 Nippon Slag Association All Rights Reserved.
発泡スチロール協会発泡スチロール協会
Copyright (c) 2023 Japan Expanded Polystyrene Association All rights reserved.
住友大阪セメント住友大阪セメント
Copyright (C) 2023 住友大阪セメント All rights reserved.
日本惑星協会日本惑星協会
All rights reserved. The Planetary Society of Japan 2023.
核融合エネルギーフォーラム核融合エネルギーフォーラム
Copyright(C) Japan Atomic Energy Agency, All rights reserved.
ニッシンニッシン
Copyright (C) 2023 NISSIN CARPET CO., LTD. All Rights Reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの密度 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの高密度ポリエチレン (改訂履歴)、クレリチ溶液 (改訂履歴)、爆速 (改訂履歴)、深海 (改訂履歴)、土壌 (改訂履歴)、溶媒 (改訂履歴)、木材 (改訂履歴)、気体 (改訂履歴)、月空洞説 (改訂履歴)、水の性質 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの密度 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS