骨塩量とは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > がん用語 > 骨塩量の意味・解説 

骨塩量

【仮名】こつえんりょう
原文bone mineral density

一定量の骨の中に含まれるミネラル分大部分カルシウムリンである)の量を示す指標骨粗鬆症骨量減少特徴とする病態)の診断や、骨粗鬆症対す治療の奏功程度確認、骨の折れやすさの予測などに骨塩量の測定値が用いられる。がんに対す治療を受けている患者では、骨塩量の低下みられることがある。「bmd」、「bone density骨密度)」、「bone mass骨量)」とも呼ばれる




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

骨塩量に関連した本

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「骨塩量」の関連用語

骨塩量のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

トリチェリ

クロスケーブル

レーダー

ハコベ

白岩砂防ダム

プロバクトロサウルスの一種

スエーデン刺しゅう

カプチーノ





骨塩量のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2018 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター

©2018 Weblio RSS