骨子とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 事柄 > 骨子の意味・解説 

骨子


こっ‐し【骨子】

読み方:こっし

全体構成するうえでの重要な部分要点眼目。「提案の—」


骨子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 00:07 UTC 版)

柳生一族の陰謀」の記事における「骨子」の解説

高岩淡深作欣二日下部五朗松平乗道加わり企画会議開かれた。彼らは岡田茂の言う忍者映画今更やるのはおもしろくない考え日下部から時代劇で『仁義なき戦いのような陰謀と裏切り錯綜する抗争繰り広げる松平からは徳川三代将軍兄弟争いそれぞれ提案された。家光将軍するために暗躍する柳生但馬守宗矩悪の主人公に、父の下で働きながらその非情さに怒って最後には裏切柳生十兵衛三厳を善の主人公しながらその頃歴史上の人物入り乱れる構成にしようと決定ラストどうするか紛糾したが、日下部は「悪い奴には死んでもらうしかない」、「父に怒った十兵衛が、将軍となった家光の首を飛ばす」とアイデア出した。こうして前代未聞の大どんでん返し結末出来上がり本作骨格固まる。『ゴッドファーザー』の「マフィア言うことを聞かない相手愛馬の首を斬り、彼が起床するベッドにその首が血まみれで包まれてる」という内容が日下部大好きで前年の『日本の首領』で取り入れていたものの、そのシーン物足りなく思っていた。「(宗矩にとって)最も大切なもの(家光)の首が飛ぶからおもしろい。これくらいのことをやらないと、今の客は驚かない」と日下部主張し言われた深作も「あれだけ魑魅魍魎出てくると、それぐらいエンディングでないと収まりつかない」と述べている。 本作乗り気満々深作欣二劇画『ドーベルマン刑事』映画化中、千葉真一同作主演)と深作表敬訪問した作者平松伸二に「『ドーベルマン刑事』もいいんだが、この後に撮る『柳生一族の陰謀』ってのが、これまた面白くなりそうでねえ~!」と話しており、平松は「『ドーベルマン刑事』より、(本作ばかりを)熱く語っていた」と証言している。一緒に脚本手掛けた野上龍雄松田寛夫とも、「スムーズに執筆進んだ」と深作回想していた。徳川家光吃音というキャラクターにしたのは、「自身吃音である野上アイデア」と井上淳一紹介しているが、松方弘樹は「弟の徳川忠長いい男で、家光人望がなく、風貌よくないという設定なので、『顔に痣があり、吃音やりたい』と深作欣二監督言うと、『おお、いいな』と乗ってくれた」と語っている。本作タイトル岡田がつけた。

※この「骨子」の解説は、「柳生一族の陰謀」の解説の一部です。
「骨子」を含む「柳生一族の陰謀」の記事については、「柳生一族の陰謀」の概要を参照ください。


骨子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/09/12 12:08 UTC 版)

原始民主制」の記事における「骨子」の解説

彼の主張によれば神話現れるメソポタミア最初期政治体制原始民主制)では、究極権威主権はウンキン(Unkin)と呼ばれる市民集会属した。この集会一人指導者によって指揮され集会の決定構成員による賛成意思表示(ヘアム he am 「そうしておけ!」)によってなされ、7人のより少数グループ承認経て正式のとなった。特に「年長者達」の意見集会では重きをなした。 こうした集会共同体危機及んだ時に召集され二つ主要な目的果たした。まずこの集会によって参加者の持つ経験意見を集約することができたのであり、そして決定事項参加者強制する機能果たした集会召集されるような典型的な危機とは、個々人による重大犯罪犯された場合や、行政的危機の場合、そして戦争であったこうした時に集会法廷としての機能果たし行政上の問題解決する主人」(エン En)を選出した戦争に際してはより強大な指導者である「王」ルガル Lugal)が高貴な身分若者から選出され戦争指揮当たったこうした主人」や「王」有事の際強大な権力与えられ共同体指揮するが、危機去った時には彼の役目終わって共同体結束させていた集会の強制力消滅する。そして共同体より小さな単位である家族大家族所領村落などに帰るそしてこうした集会が行われた場所はニップル市である。ニップル市こそはシュメール(そしてアッカド)における最高神エンリル都市であった後世メソポタミア君主達がニップル市のエンリル神によって召集され神々によって王権授けられ国土統治権認められたとするイデオロギーを持っていたこと。そして王の支配権失われた理由をやはりエンリル神中心とした神々意志であるとしたのは、まさに原始民主制段階においてニップル市で行われた集会によって「主人」や「王」任命され罷免されていた証拠である。 政治単位としてのシュメールを表す語として唯一知られているシュメール語、ケンギル(キエンギル)は元来ニップル自体現す語であり、原始民主制形態化にあるシュメール全体まとめていた推定上の組織は「ケンギル同盟と呼ぶべきものであった。これはその緩やかな纏まり故に国家state または nation)とは呼び得ないものであった。 このケンギル同盟現実に存在していた期間は不明瞭だが、ニップル市が大都市として現れるのがシュメール初期王朝時代初期であることから、その時期にこのような政体存在したと考えられる。しかし一時的に強大な権力与えられた主人」、「王」は、当然の帰結として一度手に入れた権力永久の物として確保しようとするようになったこの結果一時的な指導者はやがて永続的なとなってり発的な政治形態である「原始王制」(primitive monarchy)へと移行したのであるジェイコブセン以上のような論説を持ってシュメール専制王権当初より存在したものではないことを主張し原始民主制存在想定した。この原始民主制都市国家次第に「主人」(エン En)、「王」ルガル Lugal)の地位恒久化進み原始王政国家生み出したこと。それがさらに領域国家となり、遂にメソポタミア統一するアッカド帝国原始帝国)を経てウル第3王朝段階へと発展していくという過程主張したのである

※この「骨子」の解説は、「原始民主制」の解説の一部です。
「骨子」を含む「原始民主制」の記事については、「原始民主制」の概要を参照ください。


骨子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/25 06:51 UTC 版)

27年テーゼ」の記事における「骨子」の解説

日本は半封建的国家であり、近代国家として熟成しているとは言いがたい 君主制廃止天皇制という用語が使われるのは32年テーゼ日本共産党は当分の目標としてブルジョワ革命目指すものとする ただしその際ヘゲモニープロレタリアート農民がとるものとする

※この「骨子」の解説は、「27年テーゼ」の解説の一部です。
「骨子」を含む「27年テーゼ」の記事については、「27年テーゼ」の概要を参照ください。


骨子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/03 20:57 UTC 版)

平成二十三年三月十一日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故により放出された放射性物質による環境の汚染への対処に関する特別措置法」の記事における「骨子」の解説

1.目的 この法律は、平成二十三年三月十一日発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所事故により放出され放射性物質事故由来放射性物質)による環境汚染生じていることに鑑み事故由来放射性物質による環境汚染への対処に関し、国、地方公共団体原子力事業者及び国民責務明らかにするとともに、国、地方公共団体、関係原子力事業者等が講ずべき措置について定めること等により、事故由来放射性物質による環境汚染が人の健康又は生活環境及ぼ影響速やかに低減することを目的とする(第1条)。2.責務 (1) 国は、これまで原子力政策推進してきたことに伴う社会的な責任負っていることに鑑み事故由来放射性物質による環境汚染への対処に関し必要な措置講ずるものとする第3条)。 (2) 地方公共団体は、事故由来放射性物質による環境汚染への対処に関し、国の施策への協力を通じて当該地域自然的社会的条件応じ適切な役割を果たすものとする第4条)。 (3) 関係原子力事業者事故由来放射性物質放出した原子力事業者)は、事故由来放射性物質による環境汚染への対処に関し誠意をもって必要な措置講ずるとともに、国又は地方公共団体実施する事故由来放射性物質による環境汚染への対処に関する施策協力しなければならない第5条第1項)。 (4) 関係原子力事業者以外の原子力事業者は、国又は地方公共団体実施する事故由来放射性物質による環境汚染への対処に関する施策協力するよう努めなければない(第5条第2項)。 (5) 国民は、国又は地方公共団体実施する事故由来放射性物質による環境汚染への対処に関する施策協力するよう努めなければならない第6条)。

※この「骨子」の解説は、「平成二十三年三月十一日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故により放出された放射性物質による環境の汚染への対処に関する特別措置法」の解説の一部です。
「骨子」を含む「平成二十三年三月十一日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故により放出された放射性物質による環境の汚染への対処に関する特別措置法」の記事については、「平成二十三年三月十一日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故により放出された放射性物質による環境の汚染への対処に関する特別措置法」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「骨子」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「骨子」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



骨子と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

骨子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



骨子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの柳生一族の陰謀 (改訂履歴)、原始民主制 (改訂履歴)、27年テーゼ (改訂履歴)、平成二十三年三月十一日に発生した東北地方太平洋沖地震に伴う原子力発電所の事故により放出された放射性物質による環境の汚染への対処に関する特別措置法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS