争いとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 争い > 争いの意味・解説 

あらそい〔あらそひ〕【争い】

争うこと。いさかい闘争。けんか。競争。「源平の争い」「首位争い」


あらがい〔あらがひ〕【争ひ/×諍ひ】

言い争うこと。口論すること。

たれがし御使ひにてめされて候ひしは、よも御—は候はじ」〈著聞集・八〉


あらそい あらそひ 【争・諍】

〔名〕 (動詞「あらそう(争)」の連用形名詞化

自分気持を通そうとして張り合うこと。相手に勝とうとし競争すること。また、互いにすぐれていることを誇示しあうこと。いさかい闘争。けんか。時に口争い口論

万葉(8C後)一九・四二一一「たまきはる 命も捨て相争(あらそひ)に 妻問ひしける」

徒然草1331頃)一三〇「されば、始め興宴より起りて、長き恨を結ぶ類多し。これみな、あらそひを好む失なり」

権利関係または事実関係あるなしに関する当事者間の意見主張不一致。〔民事訴訟法明治二三年)(1890)〕


すまい すまひ 【争・相撲・角力】

〔名〕 (動詞「すまう(争)」の連用形名詞化

[一] (争) 相手の力に負けまいとし抵抗すること。手向かうこと。

宇津保(970‐999頃)蔵開中「あな見苦し御すまひや。あなたに乾し給へ一人はいと侍りにくし」

[二] (相撲角力

互いに相手身体をつかんだりして、力や技を争うこと。また、すもうをとること。

書紀720雄略一三九月前田本訓)「乃ち采女を喚し集(つと)へて、衣裙(きぬも)を脱(ぬ)きて、犢鼻を着(き)せて、露(あらは)なる所に相撲(スマヒ)とらしむ」

② 「すまいとり相撲取)」の略。

宇津保(970‐999頃)俊蔭「すまひいでて、五手六手かりとりて、最手(ほて)いできて、ぬのひきなどするに」

③ 「すまい(相撲)の節(せち)」の略。

蜻蛉(974頃)中「おほやけにすまひのころなり」

[語誌](1)今日の「すもう(相撲角力)」につながる格闘技は、上代ら行なわれ、「日本書紀」に「相撲」「力」が見られ、「すまひ」と訓まれている。いずれも天覧場合用いられており、儀式としての意味や形式合わせ持つものであったと考えられる儀礼としての相撲は、中古に入ると制度整えられ、相撲の節会として確立する。「すまひ」は動詞「すまふ」の名詞形と考えられるが、上代動詞の例は見られない。また、名詞形が一般格闘技全般を表わしたか、すもう競技限られたかは明らかでない。
(2)中古では、「すまふ」は主として負けまいと張り合う意に用いられ、「すまひ」が競技またはその行事示している。競技の「すまひ」は中世にスマウに転じ、今日のようにスモウとして固定した。→「すもう(相撲)」の語誌


あらがい あらがひ 【争・諍】

〔名〕 (動詞あらがう(争)」の連用形名詞化

相手のことばを否定して、自分考え言い張ること。言い争うこと。

金光明最勝王経音義(1079)「諍 アラカヒ」

賭け事の争い。

宇治拾遺(1221頃)一二聖宝僧正の、〈略〉、この上座の、もの惜しむ罪のあさましきにとて、わざとあらがひをせられけり」

徒然草1331頃)一三五「興あるあらがひなり。〈略〉負けたらん人は、供御をまうけらるべし」

力ずく張り合うこと。抵抗すること。

文学饗宴1941)〈岩上順一省察抑制歴史に於ける生活は、歴史的諸条件との絶えざるあらがひ成長抑制流れにいろどられたものである


争い

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

紛争

(争い から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/17 18:42 UTC 版)

紛争(ふんそう、英語: conflict, dispute)とは、二者以上が目標や関心について互いに正反対であると知覚し、その知覚に基づいて行動を決定している状況をさす[1]


  1. ^ D.バル・タル『紛争と平和構築の社会心理学』 熊谷智博、大渕憲一訳 北大路書房 2012年、ISBN 978-4-7628-2787-7 p.6.
  2. ^ 樋口一彦 2000, pp. 7.
  3. ^ 政治基盤の弱い国が国内に「武力紛争」があることを認めると、外国から介入される可能性があるという懸念をもつ
  4. ^ 樋口一彦 2000, pp. 14.
  5. ^ 萩野弘巳 & 旦祐介 1994, pp. 14.
  6. ^ 日本大百科全書(ニッポニカ). “地域紛争” (日本語). コトバンク. 2020年10月13日閲覧。


「紛争」の続きの解説一覧

争い

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 03:30 UTC 版)

漢字混じり表記

あらそいい】

  1. いさかい闘争競争あらそい参照



争いと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「争い」の関連用語

争いのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



争いのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの紛争 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの争い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS