殺しとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 殺し > 殺しの意味・解説 

ころし【殺し】

殺すこと。また、転じて、その魅力などで、相手ひきつけ、悩ませること。「人殺し」「女殺し

《もと、警察用いられた語》殺人また、殺人事件


ころし【殺】

〔名〕 (動詞「ころす(殺)」の連用形名詞化

① 殺すこと。多く他の語と複合して用いる。「主(しゅう)殺し」「親殺し

② (もと警察用いた語) 殺人また、殺人事件。〔最新百科社会辞典(1932)〕

鉛筆ぐらし(1951)〈扇谷正造背広コロシ現場や、政変天幕村などで」


殺し


殺し

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

殺し

原題:
製作国:日本
製作年:2000
配給:ミュージアム
スタッフ
監督:小林政広 コバヤシマサヒロ
製作:北側雅司 キタガワマサシ

中島仁 ナカジマヒトシ
プロデューサー:佐々木志郎 ササキシロウ

國實瑞惠 クニサネミズエ

小野誠一 オノセイイチ
脚本:小林政広 コバヤシマサヒロ
編集:金子尚樹 カネコナオキ
録音:瀬谷満 セヤミツル
その他:金子尚樹 カネコナオキ

佐光朗 サコウアキラ

目須田晶子 カイスダアキコ

福島行朗 フクシマ
助監督:猪腰弘之 オゴシヒロユキ
照明:木村匡博 キムラマサヒロ
キャスト(役名
石橋凌 イシバシリョウ (浜崎祐司)
大塚寧々 オオツカネネ (浜崎和子
緒形拳 オガタケン (市原
深水三章 シンスイサンショウ (下條郁夫)
光石研 ミツイシケン (小松公雄)
山本隆司 ヤマモトタカシ (長谷川靖
解説
殺し屋としてスカウトされたリストラ・サラリーマンの姿を描いたドラマ監督脚本は「一週間 愛欲日記」の小林政広撮影監督に「BOOTLEG FILM 〈海賊版〉」の佐光朗あたっている。主演は「AUDITION」の石橋凌第53回カンヌ国際映画祭監督週間、第22モスクワ国際映画祭正式出品作品
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
に閉ざされた北の町。3ヶ月前にリストラされたことを、未だ妻の和子言えずにいる浜崎は、出勤するふりをしては時間を潰す日々を送っていた。そんなある日彼は殺し屋スカウトマン市原に声をかけられ、殺しの仕事引き受ける。めは戸惑う浜崎であったが、一度成功する労働意欲がわいてきて、市原仕事要求するようになる。ところが、彼の上司下條標的になった時、さすがの浜崎躊躇した。結局仕事は果たしたものの、浜崎はそれを機に殺し屋稼業から足を洗うことにする。だが、彼もまた別の殺し屋に撃たれてしまう。実は、和子夫殺し依頼していたのだ。

殺し

読み方:ころし

  1. コロシは殺しで殺人のことをいふのである。〔刑事
  2. 〔隠〕殺人のこと。
  3. 殺人のことをいふ。
  4. 殺人。〔一般犯罪
  5. 殺人。訓よみ。〔盗〕
  6. 殺人

分類 刑事犯罪犯罪語、盗/犯罪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

殺し

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/16 04:43 UTC 版)

殺し』(原題: La commare secca)は、ベルナルド・ベルトルッチ監督が1962年に製作したイタリア映画






「殺し」の続きの解説一覧



殺しと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「殺し」の関連用語

殺しのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



殺しのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの殺し (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS