強盗とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 犯罪 > 強盗 > 強盗の意味・解説 

がん‐どう〔‐ダウ〕【強盗】

《「がん(強)」は唐音

ごうとう(強盗)」に同じ。

「この半七を掏摸(すり)の、騙(かた)りの、―のとは」〈浄・女腹切〉

強盗提灯(がんどうぢょうちん)」の略。


ごう‐とう〔ガウタウ〕【強盗】

古くは「ごうどう」とも》暴力脅迫などの手段で他人金品を奪うこと。また、その者。「強盗を働く」


強盗

読み方:ガンドウ(gandou)

(1)暴力金品奪い取ること。
(2)ブリキ製の釣鐘外枠中に回転自由のろうそく立てがつけられたもの。
(3)芝居道具仕掛けの一。


強盗

作者赤川次郎

収載図書輪舞―恋と死のゲーム
出版社角川書店
刊行年月1994.7
シリーズ名角川文庫


強盗

作者ジェシカ・サイキ

収載図書ハワイ物語日系米人作家ジェシカ・サイキ短篇集 2
出版社西北出版
刊行年月1998.8


強盗

作者折坂勇生

収載図書Open the window
出版社Julius21
刊行年月2006.11


強盗

読み方:ごうとう

  1. 総称隠語としては「トントン」「タタキ」「針金」「ドジ」「トンマ」「ウラツキ」「オドリコ」「ガミ」「タスウ」「ニシマル」「ホングレ」「アテ」「アラシ」等がある。

分類 強窃

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

強盗

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/15 22:03 UTC 版)

強盗(ごうとう)とは、脅迫や実力行使などによって他人の財物を無理矢理奪う犯罪。あるいはその者をさす。刑法上処罰の対象となる。


  1. ^ 平成29年改正刑法


「強盗」の続きの解説一覧

強盗

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 17:59 UTC 版)

名詞

がんどうごうとう

  1. 脅迫暴力などを加え他人財物奪うこと。

翻訳

強盗行為




強盗と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「強盗」の関連用語

1
100% |||||


3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||


10
98% |||||

強盗のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



強盗のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの強盗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの強盗 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS