かいとうとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 武具 > > かいとうの意味・解説 

かい とう くわいたう [0] 【会党】

中国で、民間における秘密結社反政府傾向を示す。清代民国時代天地会三合会・哥老(かろう)会・青幇チンパン)などが有名。

かい とう くわいたふ [0] 【回答】

( 名 ) スル
質問要求などに答えること。返答。 「問い合わせに-する」

かい とう くわい- [0] 【回頭】

船首向き変えること。変針

かい とう くわい- [0] 【会頭】

会の代表。普通、いくつかのや団体の連合組織連合体長の場合にいう。会長
儒学蘭学などの塾で、輪講会読責任者

かい とう くわいたう [0] 【灰陶】

中国殷代以前に始まる陶質土器焼成最終段階で、空気をあまり送らず窯の中を還元状態にするため灰青色を呈する。殷・周代中心に漢・唐の頃まで日常容器として広く使われた。 → 彩陶黒陶

かい とう くわいたう [0] 【快刀】

よく切れる刀。
[句項目] 快刀乱麻を断つ

かい とう くわい- [0] 【快投】

( 名 ) スル
野球で、投手胸のすくような投球をすること。

かい とう -たう [0] 【戒刀】

僧が三衣裁断や髪を剃るのに用いる小刀
修験者などが持つ、魔障を防ぐ刀。

かい とう くわいたう [0] 【怪盗】

正体不明で、手口巧み盗賊。 「 -ルパン

かい とう -たう [0] 【海濤

海の大きな波。海潮のうねり。

回答

読み方:かいとう

要求されたことや、質問などに対する、答え返答などを意味する表現。「回答」は単なる返答」「応答」を意味するのに対して、「解答」と表記する場合は、具体的な試験問題などに対する「答え」を意味する。

解糖

【仮名】かいとう
原文glycolysis

酸素を必要としない酵素反応において、ブドウ糖(糖)が細胞によって部分的分解される過程。解糖とは細胞エネルギー産生するために使う1つ方法である。解糖が酸素を使う他の酵素反応と関係している場合ブドウ糖のより完全な分解が可能となり、エネルギーがさらに産生される。

海藤

読み方
かいとう

皆藤

読み方
かいとう

海道

読み方
海道かいとう

開藤

読み方
かいとう

甲藤

読み方
かいとう

垣内

読み方
垣内かいとう

海東

読み方
海東かいとう



かいとうと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「かいとう」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
96% |||||

7
78% |||||



10
快刀乱麻を断つ 国語辞典
78% |||||

かいとうのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



かいとうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2019 Weblio RSS