気持ちとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 心情 > 思い > 気持ちの意味・解説 

き‐もち【気持(ち)】

物事に接したときに心にいだく感情考え方。「気持ちのこもった贈り物」「お気持ちはよくわかります」

ある物事に接したときに生じる心の状態。気分感じ。「気持ちのよい朝」「気持ちの悪い虫

物事に対しての心の持ち方。心がまえ。「気持ちを新たにする」「気持ちを引きしめてかかる」

からだの状態から生じる快・不快の感じ気分。「気持ちが悪く吐き気がする

相手対す感謝の心慶弔の意などを表す語。ふつう謙遜していうときに用いる。「ほんの気持ちですが」「気持ちばかりの品を送ります」

副詞的に用いて)ほんのわずか。「気持ち長めに切る」

[用法] きもち・気分・ここち——「気持ち(気分心地)がよい(悪い)」「すがすがしい気持ち(気分心地)だ」のように、心の状態をいう場合には、相通じて用いられる。◇「気持ち」は心の状態だけでなく、考え方考え内容を表す。「どういうつもりなのか、彼の気持ちがわからない」の場合は、「気分」「心地」は使わない。◇「気分」は快・不快、明・暗などの心身の状態を中心に、「とりとめのない気分」「気分がすぐれない」「お祭り気分」「その場気分敏感察する」など、ひろく漠然とした感じ雰囲気表現にも及ぶ。◇「心地」は、「生きた心地がしない」「天にも上る心地のような慣用表現として、また「住み心地」「乗り心地のような熟語として用いられる。◇「気持ち(心持ち)右を向いください」は、「気持ち」「心持ち」だけの用法である。


き‐もち【気持】

〔名〕

物事に接して、それに対して感じた心の状態。心のあり方感情気分物事に対してどのように感じているかという心の状態や、心のおかれている状態、物事対する心のもち方などについていう。〔文明本節用集室町中)〕

歌舞伎お染久松色読販(1813)序幕手前が爰でいちゃつく見て、身も気持を悪ふ致したわいの」

② からだの状態についての感じ気分

人情本春色辰巳園(1833‐35)四「今夜はおまへのお蔭で大そうに気持(キモチ)がよいから、呑で見たひヨ」

③ (副詞的に用いて) すこし。ほんのわずか。「気持、右へ寄せ下さい

火の柱(1904)〈木下尚江〉三「気持ち背丈が低くて在(い)らしったように思ひますがネ」

[語誌](1)類義の「心持(こころもち)」は一三世紀末に使われ始めと見られるが、「気持」は遅れて一五世紀末見え始める。
(2)心持」は元来、心の持ち方ということで、「気だて」「心がまえ」などの意で使われたが、江戸時代中期以降物事に際して感じた心の状態の意が主になってからは「心地」の俗語的な表現として会話文多用されるようになった
(3)気持」は、感覚的な心の状態の意であるが、「心持」の主な意味が変わったため、江戸中期以降類義となり、「心持」より俗語的な感じで使われた。
(4)明治期には「心持」が日常語となって多用されたが、「気持」は俗な感じ強かったため、用例少ない。
(5)大正期になると「気持」の俗な感じが少し薄れて「心持」と併用されるようになるが、やや改まった場合は「心持」の方が使われた。
(6)昭和期では「気持」が圧倒的優勢になり、特に第二次世界大戦後は「心持」の使用大きく減って、現在では若い人の間ではほとんど使われなくなっている。


気持ち

作者田尾

収載図書うそ日記57人のブロガーによる初のアンソロジー
出版社アメーバブックス
刊行年月2005.12


気持ち

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/04 01:11 UTC 版)

気持ち(きもち、英:Feeling)は、物事に接した際それに対して感じた心の状態や心のありかた[1]。からだの状態からくる快適・不快な感じを指す場合にも使われる。歴史的には「心持(こころもち)」という言葉の方が古く、江戸時代中期はこちらが主に使用されていたが、徐々に心持の使用頻度が少なくなり、昭和以降は「気持ち」が圧倒的優勢となった[1]


注釈

  1. ^ 脳内とは別の場所から感じる本能的な感覚、という解釈からしばしば「直感」「第六感」「虫の知らせ」などと訳される[7]
  2. ^ 近年では新型コロナウィルスの収束が不明瞭なため、日本政府は補助金を拠出して飲食業に休業要請したり、希望者全員がワクチン接種できるよう予算を立てて対策した。
  3. ^ 行き先の分からないミステリーツアーなどが代表例。ギャンブルにのめり込んでしまう心理的要因の一つ(当たるか外れるか不確実だからこそ、一攫千金のスリルや楽しみを幾度となく味わえる)でもある。

出典

  1. ^ a b c コトバンク「気持」精選版 日本国語大辞典およびデジタル大辞泉の解説より。
  2. ^ VandenBos, Gary (2006) APA Dictionary of Psychology. Washington, DC: American Psychological Association
  3. ^ Wilhelm Arnold u. a. (Hrsg.): Lexikon der Psychologie. Bechtermünz, Augsburg 1996, ISBN 3-86047-508-8, Spalte 684–691.
  4. ^ Peter R. Hofstätter (Hrsg.): Psychologie. Das Fischer Lexikon, Fischer-Taschenbuch, Frankfurt a. M. 1972, ISBN 3-436-01159-2; (a) zur „Definition“ S. 124; (b) zum Stw. „Gefühl und Vegetative Organfunktionen“: S. 125 f.; (c) zum Stw. „Die Zerknirschung und Schuldfrage bei körpernahen Gefühlen“: S. 125, 206; (d) zum Stw. „Ethische Konsequenzen“: S. 125.
  5. ^ Damasio, Antonio (1994). Descartes error. United States: Penguin Books. ISBN 0-399-13894-3 
  6. ^ Domasio, Antonio. The feeling of what happens 
  7. ^ IHCWAY「Gut feeling(直感)マンツーマン英会話」2021年8月30日閲覧。
  8. ^ a b Hochschild, Arlie Russell. “The Managed Heart: Commercialization of Human Feeling”. 2021年9月3日閲覧。
  9. ^ ヤクルト中央研究所「脳腸相関」『健康用語の基礎知識』2021年9月15日閲覧。
  10. ^ Manon Mathias and Alison M. Moore (eds), Gut Feeling and Digestive Health in Nineteenth-Century Literature, History and Culture. New York: Palgrave, 2018. 978-3-030-01857-3:
  11. ^ 大隅典子「心は体のどこにある?東北大学大学院、Neuro genesis、2005年3月3日
  12. ^ 新カトリック大事典 第2巻』研究社、2002年。
  13. ^ 石井辰典「第7話 心はどこにあるのか?:心の知覚東京成徳大学、2015年
  14. ^ Outi Horne; Emese Csipke (2009). “From Feeling Too Little and Too Much, to Feeling More and Less? A Nonparadoxical Theory of the Functions of Self-Harm”. Qualitative Health Research 19 (5): 655-667. doi:10.1177/1049732309334249. PMID 19380501.  (要購読契約)
  15. ^ Wood, Stacy L.; Bettman, James R. (2007-07-01). “Predicting Happiness: How Normative Feeling Rules Influence (and Even Reverse) Durability Bias”. Journal of Consumer Psychology 17 (3): 188?201. doi:10.1016/S1057-7408(07)70028-1. 
  16. ^ Hochschild, Arlie (1979). “Emotion Work, Feeling Rules, and Social Structure”. American Journal of Sociology 85 (3): 551?575. doi:10.1086/227049. https://campus.fsu.edu/bbcswebdav/institution/academic/social_sciences/sociology/Reading%20Lists/Social%20Psych%20Prelim%20Readings/II.%20Emotions/1979%20Hochschild%20-%20Emotion%20Work.pdf. 
  17. ^ Bar-Anan, Y; Wilson, T. D.; Gilbert, D. T. (2009). “The feeling of uncertainty intensifies affective reactions”. Emotion 9 (1): 123-7. doi:10.1037/a0014607. PMID 19186925. http://nrs.harvard.edu/urn-3:HUL.InstRepos:3153298. 
  18. ^ a b c 英語学習徹底攻略「「emotion」「feeling」「mood」「sentiment」の意味の違いとは?」2020年1月19日
  19. ^ コトバンク「フィーリング」精選版 日本国語大辞典の解説より。


「気持ち」の続きの解説一覧

気持ち

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 03:00 UTC 版)

漢字混じり表記

  1. 一時的生ず感情感覚。 きもち 参照



気持ちと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「気持ち」の関連用語

気持ちのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



気持ちのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの気持ち (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの気持ち (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS