感覚器官とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 器官 > 器官 > 感覚器官の意味・解説 

かんかく‐きかん〔‐キクワン〕【感覚器官】

外界からの刺激感受して神経系伝え器官視覚器官・聴覚器官・嗅覚(きゅうかく)器官味覚器官・皮膚など。広く筋紡錘体なども含めていう。感覚器


感覚器

(感覚器官 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/16 10:25 UTC 版)

感覚器(かんかくき、: Sensory system)とは、動物の体を構成する器官のうち、何らかの物理的または化学的刺激を受け取る受容器として働く器官である[1]。 あいうえおというやつ 各器官は感覚器系と呼ばれ[1]、それぞれが繋がる末梢神経系を通し[2]、受け取った情報はニューロンを介して中枢神経系へと伝えられる[3]。感覚器にはに対する視覚器に対する聴覚器化学物質に対する嗅覚器味覚器温度や機械刺激に対する触覚器などが挙げられる[1]ヒトの場合、その代表的な感覚器には、皮膚などがある。また、動物の種類によって独自の感覚器が様々に発達している場合がある。これらの感覚器をまとめて感覚器系という1つの器官系として扱う場合がある。生理作用と知覚作用を統一的に考察する場合には、感覚器とその知覚作用を感官と呼ぶ場合がある。






「感覚器」の続きの解説一覧

感覚器官

出典:『Wiktionary』 (2017/04/19 12:13 UTC 版)

名詞

感覚 器官かんかくきかん

  1. 感覚器

発音

か↗んかくき↘かん
か↗んかくきか↘ん



感覚器官と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「感覚器官」の関連用語

感覚器官のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



感覚器官のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの感覚器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの感覚器官 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2020 Weblio RSS