網膜とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > 網膜 > 網膜の意味・解説 

もう‐まく〔マウ‐〕【網膜】

読み方:もうまく

眼球を覆う最も内側の膜。目の最も重要な部分で、外界の光を受けてを結ぶ視細胞視神経末端とが分布していて、視細胞から刺激視神経によって脳に伝えられ、色や明暗識別する

[補説] 神経網膜網膜色素上皮構成される


網膜

「生物学用語辞典」の他の用語
個体の器官や組織など:  維管束系  維管束組織  網胃  網膜  網膜色素上皮  繊維性結合組織  

網膜

 

Q.網膜とはどういうものですか

網膜

網膜とはカメラでいえばフィルムにあたりますが,10層からできているとてもうすい膜で,厚さ中央部で0.3mm~0.4mm,周辺では0.15mmです。

視細胞には,桿体錐体よばれる二種類細胞があり,桿体はうす明かり感じ視力はよくなく,錐体明るいところではよく感じ,色を見わけ視力のよい細胞です。

光は視細胞にとどくと電気信号変えられ神経線維層を通って神経にいき,この信号大脳中枢にいってはじめてものが見えるのです。

また,網膜の後ろ中心に黄斑部があり、その中心に中心窩あります。ここには錐体のみがあり,視力のもっともよいところです。

中心窩から4~5mm内側に視神経眼球壁をつらぬく視神経乳頭があり,これが盲点にあたります

Q.盲点とは何です

 

視神経が脳へ行くところは、光り感じ細胞がないので、盲点などといわれている網膜

左目手でおおい、右目上の絵のイヌ見つめながら、目をはなした近づけたります。イヌの絵から約20cmのところで、カエル見えなくなるはずです

人間だれでも見ようとする点より耳側に視野の欠けている部分あります。これを盲点マリオット盲点といいます。もちろん左目右目ともにあります。その位置注視点の耳側約15゜のところに,幅約5゜のややたて長の楕円形として存在します。これは眼底視神経乳頭にあたる部分です。ここには網膜がなく,視細胞がないので,光があたって感じないわけです。マリオットとはフランス物理学者の名前からとったものです

Q.網膜はどんな色をしていますか

網膜は眼底鏡(直像鏡,倒像鏡)という器械で見ると簡単に観察できます。しかし,網膜そのもの透明であるため,見えるのは網膜色素上皮脈絡膜色素含まれるメラニン色素,および,脈絡膜血管血液の色が重なり合って赤かっ色に見えます白色人種では,メラニン色素非常に少ないので,脈絡膜がよく見えてあわい紅色かがやいて見えます

Q.暗順応明順応とはどういうことですか

網膜網膜

たとえば,明るいところから急に暗いところへ入ると,はじめは何も見えないのにしばらくすると,だんだんと見えてます。このように暗い中で目がなれてくるのを暗順応,その逆を明順応といいます。これは,網膜にある視細胞桿体錐体働きによって決まります

(1)暗順応暗いところでは桿体中心になって働きます。この桿体は、黄斑部から離れるにしたがって、網膜のまわり多くなり、視角2030°にあたる部分に最も多くありますまた、視力にはあまり関与しません。桿体細胞には,ロドプシンよばれる物質ふくまれ,光があたるとビタミンA変わります暗いところではこれと逆のことが起こりますそのためビタミンA不足すると,暗いところ見えなくなる夜盲症(とり目)になるのです。

(2)明順応明るいところでは錐体中心になって働きます。この錐体は,網膜の中心部多く視力すぐれてます。明順応暗順応くらべてはるかに短時間ですみます暗順応30分1時間かかるのに対して明順応40秒~1分です。


網膜


網膜【もうまく】


網膜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/07 17:19 UTC 版)

網膜(もうまく、: retina)は、の構成要素の一つである。視覚細胞が面状に並んだ部分があればこう呼び、視覚的な映像(情報)を神経信号(電気信号)に変換する働きを持ち、視神経を通して中枢へと信号を伝達する。その働きからカメラフィルムに例えられる。


注釈

  1. ^ 脊椎動物の中でもヤツメウナギ類やトカゲ類の一部は通常の両眼の他に頭頂部に頭頂眼と呼ばれる皮下の奥まった位置に光受容器を持っており、外界の光刺激を検知していると考えられている。頭頂眼と普通の眼はかなり異なる構造を持つ。このため、脊椎動物の通常の眼は頭頂眼と区別するために外側眼と呼ばれる[1]
  2. ^ 漫画『ブラック・ジャック』のエピソード「春一番」では、像が残るのは、他人に移植された角膜とされている。

出典

  1. ^ 岩堀修明『図解 感覚器の進化―原始動物からヒトへ水中から陸上へ』講談社ブルーバックス、2011年1月20日第1刷発行、ISBN 9784062577
  2. ^ 岡部正隆、伊藤啓「なぜ赤オプシン遺伝子と緑オプシン遺伝子が並んで配置しているのか」『細胞工学』第21巻第7号、2002年7月。
  3. ^ 三上章允 (2004年9月18日). “霊長類の色覚と進化 (PDF)”. 公開講座「遺伝子から社会まで」. 京都大学霊長類研究所. 2013年9月20日閲覧。
  4. ^ Surridge, A. K., and D. Osorio (2003). “Evolution and selection of trichromatic vision in primates”. Trends in Ecol. And Evol. 18 (4): 198–205. doi:10.1016/S0169-5347(03)00012-0. 
  5. ^ 【拡張する脳】第1部 広がる医療応用(4)生き残った神経細胞に機器接続/人工網膜 進む臨床研究:全盲者「光が見えた」毎日新聞』朝刊2022年6月3日6面(2022年8月25日閲覧)


「網膜」の続きの解説一覧

網膜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/10 02:51 UTC 版)

眼科学」の記事における「網膜」の解説

網膜剥離 糖尿病網膜症 加齢黄斑変性 ポリープ脈絡膜血管網膜動脈閉塞症網膜にある動脈閉塞する疾患閉塞する部位により網膜中心動脈閉塞症と網膜動脈分枝閉塞症に分ける。症状は、数分のうちに目が見えなくなる突発性網膜静脈閉塞症網膜にある静脈閉塞し眼底出血来す疾患閉塞する部位により網膜中心静脈閉塞症と網膜静脈分枝閉塞症に分ける。 網膜色素変性症 網膜分離黄斑円孔 黄斑上膜 コーツ病 家族性滲出性硝子体網膜症 (FEVR:Familial exudative Vitreoretinopathy) 急性網膜壊死 サイトメガロウイルス網膜炎 未熟児網膜症 網膜芽細胞腫網膜を作る細胞から発生するがん。統計は、子供に多い。

※この「網膜」の解説は、「眼科学」の解説の一部です。
「網膜」を含む「眼科学」の記事については、「眼科学」の概要を参照ください。


網膜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/31 02:19 UTC 版)

「目」記事における「網膜」の解説

眼杯内壁では神経細胞への分化生じ神経性網膜となる。外壁メラニン色素を含む網膜色素上皮となる。内壁外壁はもともとは第三脳室通じる腔により隔てられていたが、徐々に腔は狭小化し、最終的に消失する眼杯内壁視細胞などの細胞へと分化する神経節細胞軸索は、眼の壁内を進む。線維増大するにつれて内腔狭小化して、内腔のない視神経となる。

※この「網膜」の解説は、「目」の解説の一部です。
「網膜」を含む「目」の記事については、「目」の概要を参照ください。


網膜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/31 02:19 UTC 版)

「目」記事における「網膜」の解説

詳細は「網膜」を参照 網膜において光受容なされる。すなわち、眼光学系を通じて網膜に投射された光は、網膜において神経信号符号化される。網膜からは視神経出て神経信号外側膝状体上丘へと伝達する

※この「網膜」の解説は、「目」の解説の一部です。
「網膜」を含む「目」の記事については、「目」の概要を参照ください。


網膜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/14 14:07 UTC 版)

外顆粒層」の記事における「網膜」の解説

視細胞細胞体存在

※この「網膜」の解説は、「外顆粒層」の解説の一部です。
「網膜」を含む「外顆粒層」の記事については、「外顆粒層」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「網膜」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「網膜」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



網膜と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「網膜」の関連用語

網膜のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



網膜のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
医療法人社団医新会医療法人社団医新会
Copyright (C) 医療法人社団 医新会 All Right Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
QUPiOQUPiO
Copyright © 2022 Healthcare Committee, Inc. all rights reserved
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの網膜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの眼科学 (改訂履歴)、目 (改訂履歴)、外顆粒層 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS