加齢黄斑変性とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 病気・健康 > 病気・けが > 病気 > 眼疾患 > 加齢黄斑変性の意味・解説 

加齢黄斑変性

読み方:かれいおうはんへんせい
英語:Age-related Macular DegenerationAMD

網膜内で物を見たり色を判別したりといった機能中心を担う「黄斑」の加齢による病変。物がゆがんで見えたり、色が分らなくなったりといった視覚的障害を伴う。

黄斑網膜中心部、半径3000μmあたりの部分を指す。症状タイプとして、黄斑萎縮滲出物の滲出出血などがある。70歳上の高齢者に多いとされる


関連サイト
加齢黄斑変性 - 日本眼窩学界
加齢黄斑変性 - 難病情報センター

加齢黄斑変性

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/18 05:54 UTC 版)

加齢黄斑変性(かれいおうはんへんせい、: age-related macular degeneration、AMD)とは、加齢に伴い網膜にある黄斑部変性を起こす疾患である。失明の原因となりうる。以前は老人性円板状黄斑変性症と呼んでいた。またARMDと略していた頃もあった。


  1. ^ 英:compliment factor H
  2. ^ 英:wet type
  3. ^ 英:choroidal neovasucularization
  4. ^ 2006年、FDA承認済み。
  5. ^ 英:photo dynamic therapy
  6. ^ 英:verteporfin
  7. ^ 英:transpupillary thermo therapy
  8. ^ 英:anecortave acetate
  9. ^ 英:pegaptanib
  10. ^ 加齢黄斑変性には無効であるという報告もある
  11. ^ 英:tetinal angiomatous proliferation
  1. ^ Mol Vis. 2006 Mar 6;12:156-8.
  2. ^ Mol Vis. 2007 Apr 4;13:545-8.T.Yoshida
  3. ^ 北村正樹「ルセンティス:眼内投与で黄斑変性症の視力が回復する例も」(日経メディカル、2009年4月9日 )
  4. ^ アーカイブされたコピー”. 2013年3月23日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2010年10月28日閲覧。
  5. ^ [1][リンク切れ]
  6. ^ アーカイブされたコピー”. 2011年12月5日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2011年11月27日閲覧。
  7. ^ アイリーアについて
  8. ^ Am J Ophthalmol. 2003 Dec; 136 (6): 1049-61. Japanese Age-Related Macular Degeneration Trial (JAT) Study Group.
  9. ^ 理化学研究所 広報室 報道担当 2013-07-30
  10. ^ 初のiPS移植から1年、加齢黄斑変性の患者「視力安定」-ヨミドクター 2015年9月13日閲覧
  11. ^ 理化学研究所 - 「滲出型加齢黄斑変性に対する他家iPS細胞由来網膜色素上皮細胞懸濁液移植に関する臨床研究」の研究開始について
  12. ^ a b c d 他人のiPS移植「実用化へ7合目」 理研、術後良好”. 日本経済新聞 電子版. 日本経済新聞社 (2019年4月18日). 2020年1月8日閲覧。


「加齢黄斑変性」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「加齢黄斑変性」の関連用語

加齢黄斑変性のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



加齢黄斑変性のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの加齢黄斑変性 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS