衆議院議員とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 役職 > 議員 > 衆議院議員の意味・解説 

しゅうぎいん‐ぎいん〔シユウギヰンギヰン〕【衆議院議員】

読み方:しゅうぎいんぎいん

衆議院組織する議員定数465名。比例代表制176名、小選挙区制289名が公選される。任期4年だが、衆議院が解散された場合は、期間満了前に資格を失う被選挙権は満25歳以上。代議士。→参議院議員総選挙

「衆議院議員」に似た言葉

衆議院議員 (2003年 - 2005年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 09:16 UTC 版)

青木愛 (政治家)」の記事における「衆議院議員 (2003年 - 2005年)」の解説

2003年に、第43回衆議院議員総選挙千葉12区民主党公認候補者として立候補する自由民主党公認の浜田靖一敗れるが得票数87,522惜敗率75.6パーセント (%) の結果で、重複立候補た比南関東ブロック復活当選した。厚生労働委員会文部科学委員会憲法調査会所属する2005年に、『郵政解散』で行われた第44回衆議院議員総選挙で再び浜田競い得票数92,611選挙区比例代表ともに落選した

※この「衆議院議員 (2003年 - 2005年)」の解説は、「青木愛 (政治家)」の解説の一部です。
「衆議院議員 (2003年 - 2005年)」を含む「青木愛 (政治家)」の記事については、「青木愛 (政治家)」の概要を参照ください。


衆議院議員 (2009年 - 2014年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 09:16 UTC 版)

青木愛 (政治家)」の記事における「衆議院議員 (2009年 - 2014年)」の解説

2009年8月30日第45回衆議院議員総選挙で、現職参議院議員から鞍替え候補として選挙区自身の地盤である千葉から東京12区移して立候補した当該選挙区政権与党であった公明党の太田昭宏党代表当時)の地盤で、政権交代選挙の象徴区として全国から注目浴びた青木得票数118,753小選挙区当選し太田は約1万票差惜敗率91.5%で次点となり比例代表重複立候補ておらず落選その後自らが落選した責任取って党代表辞任している。 2009年11月に、青木元公秘書が「小沢一郎民主党幹事長秘書から寄付強要され青木参議院議員当時に代表を務めていた民主党参議院比例区58総支部送金していた」と話したことが報道された。複数秘書が「青木氏政治団体寄付するよう強要された」と毎日新聞報道した国会議員秘書給与法は、公設秘書による任意の寄付禁じていないが、第二十一条の三で公設秘書への寄付勧誘要求禁じている。民主党9月開催した両院議員総会で、岡田克也幹事長名で「公設秘書給与・手当は特別国公務員としての労働対価であり、強制はもとより任意の寄付望ましくない」とする資料配布し今後は公設秘書からの寄付受領禁止民主党の内規とすることを全議員伝えた2009年10月7日民主党副幹事に就く。第173回国会から厚生労働委員会理事国家基本政策委員会委員勤める。 2009年12月10日小沢訪中団参加して北京訪問する2010年9月週刊新潮青木妻子ある小沢一郎政策秘書不倫疑惑掲載した2012年消費増税をめぐる政局6月26日衆議院本会議行われた消費増税法案の採決で、党の賛成方針に反して反対票投じた7月2日山岡賢次を介して離党届提出した民主党7月3日常任幹事会離党届受理せず除籍処分とする方針決定し7月9日常任幹事会正式決定した。 2012年7月11日の「国民の生活が第一結党参加した。党広報委員長に就く。 12月行われた第46回衆議院議員総選挙嘉田由紀子滋賀県知事が代表を務める「日本未来の党」(「国民の生活」が合流の候補として再び東京12区から立候補し選挙区公明党元職太田昭宏敗れたが、比例東京ブロック復活当選した。 2014年12月行われた第47回衆議院議員総選挙東京12区は、青木のほか、公明党の太田昭宏、共産党池内沙織次世代の党田母神俊雄の4者の戦いとなった順位3位敗れ比例復活かなわず落選した

※この「衆議院議員 (2009年 - 2014年)」の解説は、「青木愛 (政治家)」の解説の一部です。
「衆議院議員 (2009年 - 2014年)」を含む「青木愛 (政治家)」の記事については、「青木愛 (政治家)」の概要を参照ください。


衆議院議員(現職)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 02:03 UTC 版)

和歌山県議会」の記事における「衆議院議員(現職)」の解説

石田真敏 - 現 総務大臣 二階俊博 - 自由民主党幹事長。元経済産業大臣

※この「衆議院議員(現職)」の解説は、「和歌山県議会」の解説の一部です。
「衆議院議員(現職)」を含む「和歌山県議会」の記事については、「和歌山県議会」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「衆議院議員」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「衆議院議員」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



衆議院議員と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「衆議院議員」の関連用語

衆議院議員のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



衆議院議員のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの青木愛 (政治家) (改訂履歴)、和歌山県議会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS