資格とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 人間関係 > 地位 > 資格の意味・解説 

し‐かく【資格】

読み方:しかく

あることを行うのに必要なまた、ふさわしい地位立場。「理事の—で出席する

あることを行うために必要とされる条件。「税理士の—を取る」


資格

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/07/05 06:00 UTC 版)

(しかく、: certification)とは、ある行為を行うために必要もしくは相応しいとされる地位や立場[1]や、組織内での地位、または仕事として任務に就くために必要な条件のことである[2][3]


注釈

  1. ^ ここでは例として登録免許税額三万円以上で「士」または「師」の含まれるものを挙げる。
  2. ^ ここでは例として業務独占性のない名称独占資格で「士」または「師」の含まれるものを挙げる。
  3. ^ ここでは例として業務独占性のない必置資格で「士」または「師」の含まれるものを挙げる。
  4. ^ 国の機関が明文化している定義としては、教育訓練給付金の対象となる教育訓練講座の要件を定める厚生労働省通達において「公的資格とは、国家資格又は地方公共団体によって認定されている資格をいう」と定めるものがあるが[15]、同通達はあくまで同制度の運用に関するものであり、「公的資格」の一般的な定義ないし範囲を確定しまたは拘束するものではない。
  5. ^ ここでは例として疑義のない公的資格をあげる(何らかの公的性質を帯びていたとしても、民間資格はここでは扱わない)。
  6. ^ 食品衛生法施行条例
  7. ^ ふぐ条例など(都道府県により異なる)
  8. ^ 火災予防条例(東京都のみ)
  9. ^ 火災予防条例(東京都のみ)
  10. ^ 農薬適正使用条例など(都道府県により異なる)
  11. ^ 火災予防条例(東京都のみ)
  12. ^ 地震対策条例など(都道府県により異なる)
  13. ^ 下水道条例など(都道府県・市町村により異なる)
  14. ^ 環境確保条例(東京都のみ)
  15. ^ 災害対策条例など(都道府県により異なる)
  16. ^ 災害対策条例など(都道府県・市町村により異なる)
  17. ^ 子ども条例など(都道府県・市町村により異なる)
  18. ^ 文部科学省後援であり、上級合格者には税理士試験受験資格が与えられるといった国家資格の予備試験の性格を有している。
  19. ^ 1級合格者は税理士の受験資格が得られる。
  20. ^ 文部科学省がスクールカウンセラーの資格要件としている。

出典

  1. ^ 大辞林 第三版』(三省堂、2006年)1074頁および『広辞苑 第六版』(岩波書店2011年)1199頁参照。
  2. ^ 『新明解国語辞典 第四版』(三省堂、1994年) ISBN 4-385-13142-2
  3. ^ "資格". 精選版 日本国語大辞典、デジタル大辞泉. コトバンクより2021年12月23日閲覧
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z 諸外国における能力評価制度”. 独立行政法人 労働政策研究・研修機構. 2022年8月1日閲覧。
  5. ^ 行政改革推進本部 規制改革委員会 (2000年). “規制改革についての見解 15 公的資格制度”. 2021年12月27日閲覧。
  6. ^ a b c 阿形健司 2010, p. 20.
  7. ^ a b c 長野県松本盲学校理療教育部. “資格の豆知識”. 2021年12月27日閲覧。
  8. ^ 国家資格の概要について”. 文部科学省. 2021年12月23日閲覧。
  9. ^ 阿形健司 2010, p. 21.
  10. ^ 情報処理の促進に関する法律
  11. ^ a b 労働安全衛生法第9章第2節
  12. ^ 土地区画整理法施行令
  13. ^ 中小企業診断士の登録等及び試験に関する規則
  14. ^ 土地改良法施行規則
  15. ^ 生活保護法による保護の実施要領の取扱いについて(昭和38年4月1日社保第34号)”. 問70に対する答: 厚生労働省. 2021年12月7日閲覧。。あくまで生活保護法による保護の実施要領について(昭和38年4月1日社発第246号)”. 2021年12月7日閲覧。の解釈に限って述べるものである点は留意が必要である。
  16. ^ 社内検定認定制度”. www.mhlw.go.jp. 2023年2月12日閲覧。
  17. ^ 全国大学生協連. “悪徳商法に気をつけよう”. 2021年12月27日閲覧。


「資格」の続きの解説一覧

資格(日本)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 02:39 UTC 版)

パラグライダー」の記事における「資格(日本)」の解説

パラグライダーは、日本国内法では法律上航空機はならず法規制対象外となり国家資格存在しない。しかし、安全を管理しフリーフライト権利維持継続するため、JHFによって国際的基準基づいたライセンス制度採用している。黎明期には多数ライセンス乱立しその指導内容統一性を欠く物であったが、当時運輸省現在の国土交通省要請を受け財団法人日本航空協会指導のもと1986年国際航空連盟 (FAI)に準拠した日本ハング・パラグライディング連盟技能証に一旦集約された。しかし、法的拘束力のないものであったため、営利目的ライセンス発行事業を行う新規参入事業者のがその後現れ1993年から1994年には、パラグライダースクール協会2003年以降からは日本パラグライダー協会協会独自基準によるオリジナルライセンスの発行業務行っている。 1986年以降新規参入ライセンス発行事業者1992年1994年 - パラグライダースクール協会 現在活動停止 2003年〜 - 日本パラグライダー協会

※この「資格(日本)」の解説は、「パラグライダー」の解説の一部です。
「資格(日本)」を含む「パラグライダー」の記事については、「パラグライダー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「資格」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

資格

出典:『Wiktionary』 (2021/07/15 11:52 UTC 版)

名詞

 しかく

  1. あることを行うのが許される身分地位たちば
  2. あることを行うために必要条件
  3. 職業従事するのに必要とされる公的要件また、一定能力があることを認め公的証明試験合格や一定期間の実務経験などによって認定されることが多い。

翻訳

語義1

語義2

語義3


「資格」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。




資格と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「資格」に関係したコラム

  • 株365のセーフティネットとは

    株365の取引の際には、証券会社に証拠金を預託します。証券会社は、顧客から預託された証拠金を株365の取引所である東京金融取引所へ預託します。その際、顧客の売り、買いといった注文内容は関係なく、証拠金...

  • CFDの口座開設時における契約内容は

    CFDの口座を開設する時には、CFD業者の提示する契約書に同意しなければなりません。契約書には、銀行に口座を作る時や商品を分割で支払う際のクレジット契約の時などと同様に細かく取引時のルールが明記されて...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「資格」の関連用語

資格のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



資格のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの資格 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのパラグライダー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの資格 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS