弁理士とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 弁理士の意味・解説 

弁理士(べんりし)

工業所有権について特許庁への出願代行する専門職

特許実用新案意匠または商標といった工業所有権獲得する際、特許庁への出願代行することを主な業務とする。弁理士法に基づく国家資格一つで、特許に関する事務手がける

特許などの出願は、発明者自身直接することも可能だが、専門的知識情報持ち合わせた弁理士に依頼することにより、わずらわしい出願手続き時間を割かなくてもよいという利点がある。

また、工業所有権侵害がめぐる裁判では、本人または弁護士補佐人として出廷する。弁理士は、弁護士のような訴訟代理人になることまでは認められていないが、特許など工業所有権に関する専門的立場から法廷で助言する。

今後半導体回路ビジネスモデル特許といった権利めぐって裁判による争い増えることが予想される。さらに、争点専門的な点にまで及ぶと、審理長期化避けられないこれではドッグイヤーとも言われる急速な技術進展に対応できないことが心配されている。

現在、規制緩和一環として弁護士業務一部を弁理士などへ移管することが議論されている。

関連キーワード「特許権
関連キーワード「ビジネスモデル特許

関連リンク「日本弁理士会

(2001.04.06更新


弁理士(べんりし)Patent Attorney


”弁理士”とは、特許権商標権意匠権等を取得するために特許庁に対して行う手続や、裁判所に対して行う手続代理人である。米国では、Patent Attorney呼ばれている。弁理士の弁と、弁護士の弁は、現在では、同じ字を使っている。ところが、昔は違っていた。弁理士は辨理士、弁護士辯護士と書いた。辨はわきまえる、辯はべんずるという意味である。

弁理士についての詳細は、弁理士会ホームページ参照のこと。

なお、全世界の弁理士をリストアップしたサイトがある。(執筆:弁理士 古谷栄男)

弁理士

資格区分

国家資格

資格概要取得方法

【資格概要企業個人依頼を受け、技術的創作工業デザイン業務上の信用を、「特許権」「意匠権」「商標権」などの形で権利化する出願手続きや、それらを取消し無効とするための異議申立て手続きを行うのが、弁理士の主な業務です。最近ではライセンス契約交渉や、仲裁手続代理などを含む知的財産分野全般に渡るサービス提供する機会も増えています。知的財産積極的な活用が、企業の重要な経営課題一つとなっている現在、弁理士のニーズも急速に高まっています。

取得方法】 弁理士の資格を得るためには、短答式、論文式、口述式の3つの試験を突破なければなりません。 まず短答式では、(1)特許法実用新案法、(2)意匠法、(3)商標法、(4)工業所有権に関する条約、(5)著作権法不競法の5科目が課されます。 次に論文式試験では、(1)特許法実用新案法、(2)意匠法、(3)商標法必須科目加え機械工学情報通信工学、弁理士の業務に関する法律など7科目から1科目選択して解答します。最後口述試験では、特許法実用新案法意匠法商標法の試験範囲について、面接形式論理的思考能力問題解決能力コミュニケーション能力判断されます。 弁理士試験は司法試験公認会計士試験と並ぶ難関試験であり、合格のためには長期計画で受験対策に臨む必要があります

受験資格

制限なし。

受験料

1万2000円

合格率

15.1%(2004年度)

試験日程

短答式試験5月中旬下旬論文式試験7月下旬8月上旬口述試験10月中旬下旬

試験会場

東京・大阪・仙台名古屋福岡(短答式)

問い合わせ先

特許庁総務部秘書課弁理士室弁理士試験班試験第一係 〒100-8915東京都千代田区霞ヶ関3-4-3 03-3581-1101 http://www.jpo.go.jp/

取得後の職業/活かせる仕事

特許事務所などで実務経験を積んだあと、独立開業するケース一般的です。企業法務部門や知的財産管理部門などで、活躍している人もいます。取得極めて難しく、また将来性も有望な資格であるため、企業からは高い評価を得られるはずです。

弁理士

読み方ベンリシ

概要解説 弁理士は、企業個人発明家に代わって特許庁に対し、こうした工業所有権についての出願や登録申請を行う職業です。弁理士は、依頼者の資料をもとに、コンピュータなどを利用して情報検索を行ったり、発明考案わかりやすく説明した明細書図面作成するとともに出願書類として特許庁提出します。弁理士は、工業所有権などの法律的知識専門分野技術的知識はもちろん、社会経済全般にわたる広範知識正確な判断力が身についていなければできない職業です。 必要な能力資格など 弁理士になるためには、国家試験合格なければなりません。ここ10年間の合格者は、毎年受験者の3%前後という非常に難し試験です。受験資格は、学歴性別に関係なく誰でも受験できますが、現在活躍している弁理士のほとんどは大学卒業者で、学部別では、理工系と法科系が大半占めています。 関連する職業

弁理士

「弁理士」とは、特許権実用新案権意匠権及び商標権取得手続き特許まつわる紛争仲裁手続きなどを代行して行う専門家を指す。
日本弁理士会に属している「弁理士」は約5,400人。知的財産対す社会的関心の高まりと共に、弁理士資格受験者合格者ともに年々増加傾向にある。

弁理士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/19 06:48 UTC 版)

弁理士(べんりし)とは、知的財産権等に関する業務を行うための国家資格者または国際資格者(欧州特許弁理士などの場合)をいう。






「弁理士」の続きの解説一覧



弁理士と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「弁理士」の関連用語

弁理士のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



弁理士のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2019 時事用語のABC All Rights Reserved.
古谷国際特許事務所古谷国際特許事務所
(C)1992-2019 FURUTANI PATENT OFFICE
総務省総務省
Copyright(c)2019 総務省 統計局 All rights reserved
政府統計の総合窓口(e-Stat)
フジスタッフフジスタッフ
Copyright © Fuji Staff, Inc. All rights reserved.
フジスタッフ資格大辞典
職業図鑑職業図鑑
All contents Copyright(C)2019 Foundation.,All rights reserved.
A six Japan職業図鑑
アヴィスアヴィス
Copyright(C)Avice,Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの弁理士 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS