異議申立てとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 特許用語 > 異議申立ての意味・解説 

いぎ もうしたて -まうしたて [1] 【異議申(し)立て】

行政庁処分不作為につき、それを違法または不当として、当該行政庁にその取り消し変更申し立てること。手続きについては行政不服審査法定める。 → 審査請求

異議申立て

異議申し立てること。


異議申立て

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/03/15 09:59 UTC 版)

異議申立て(いぎもうしたて)は、日本の行政における不服申立て方法の一つである。処分をした行政庁(処分庁)または不作為に係る行政庁(不作為庁)に対して行なう不服申立てをいう。「再調査の請求」制度が導入された現在では特許庁に対する特許異議の申立て、商標登録異議申立てに残る。




「異議申立て」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「異議申立て」の関連用語

異議申立てのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



異議申立てのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
特許庁特許庁
Copyright © Japan Patent office and INPIT. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの異議申立て (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS