面接とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 就労 > 面接 > 面接の意味・解説 

めん せつ [0] 【面接】

( 名 ) スル
直接人に会うこと。特に、入社試験入学試験などで、直接会って人柄などを知ること。


面接

審査官出願人又はその代理人との意思疎通を図るために、じかに審査官出願人又はその代理人に会うこと。


面接

求人募集採用に際して実際に会って話をすることをいいます。
人材採用場面においての面接とは、 人事採用担当者またはその他の社員応募者に直接会い、 お互いに質疑応答を行うことによって、お互い意思確認するとともに意欲職務対す資質適合性判定するために行われます。
面接とは、応募者にとって自分自身についてを知ってもらい、 職務対す意欲アピールできる場でもあります
また人材採用を行う企業とっても会社についての理解深めてもらい、応募者との距離感を縮めることのできる場でもあります
また応募者にとっての面接とは、 志望する企業への採用が決まるかどうかの大切な場面でもあります
近年では人材紹介会社などで、 面接突破のための対策、面接時のマナーなどを無料トレーニングしてもらうこともできます

面接

実査 1とは、人口総数明らかにすることを意図した作業のすべてを指す。それは、一般的に作成される一覧表 3の中での単なる数え上げ 2とは異なる。他方質問調査 4または調査 4一般に特定の項目(たとえば労働力に関する情報提供することを意図し、限定された目的行われる作業をいう。実地調査 5は、その情報個人面接 6によって得られるものをいう郵送調査 7は、調査票(206-3)を郵便によって送付し、記入された調査票返送するよう依頼する形で行われる遡及的調査 8は、過去の人学的事象焦点当てるものであり、また追跡調査 9は、前回調査の後に発生した人口学事象を2回目以降調査継続して調査するものである。この形式調査を、面接調査員が数度にわたる訪問通じて被調査者に会う義務がある場合の用語である再訪問 10混同してはいけない。センサスにおいては情報は面接 11か、あるいは自計自己記入) 12いずれかによって得ることができる。他計方式調査員記入方式) 11とも呼ばれる前者方式では、被調査者によってあるいは被調査者について提供される情報調査員調査票記入するのに対して自計方式世帯記入方式) 12とも呼ばれる後者方式では、調査票被調査者(204-1)自身によって記入される。自計は、郵送センサス 13形式をとることもある。


面接

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/28 09:10 UTC 版)

面接(めんせつ)とは、人物像や能力を見たり聞いたりするために、直接会って対話などをする行為をいう。






「面接」の続きの解説一覧



面接と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「面接」の関連用語

面接のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



面接のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
特許庁特許庁
Copyright © Japan Patent office and INPIT. All Rights Reserved.
転職.jp転職.jp
Copyright(C) 2019 Net Markers.Inc all rights reserved.
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの面接 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS