リクルートスーツとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 服飾 > 衣服 > スーツ > リクルートスーツの意味・解説 

リクルートスーツ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/19 09:37 UTC 版)

リクルートスーツは、現在の日本において就職活動中に着用することを目的とした被服とその着こなしのスタイルのことを指す。和製英語で[1]、「リクスー」や「就活スーツ」[2]と称されることもある。




  1. ^ 竹之内(1996)は、この生協による特設販売は1977年からであったとしており、竹之内(2000)にも同様の記述がある。一方企画した生協職員自身は1976年からとしており、食い違いがある。
  1. ^ 大沼淳、荻村昭典、深井晃子監修、文化出版局、文化女子大学教科書部編集『ファッション辞典』文化出版局、1999年、22ページ。ISBN 4-579-50158-6
  2. ^ 吉村誠一『メンズ・ファッション用語大事典』誠文堂新光社、2010年、35ページ。ISBN 978-4-416-81019-4
  3. ^ バンタンコミュニケーションズ編集『新ファッションビジネス基礎用語辞典』増補改訂第7版、チャネラー、2001年、153-154ページ。ISBN 4-88508-174-2
  4. ^ 「背広売り出す大学生協 面接試験で好印象を 都内二十四大学がデパートと提携」『朝日新聞』1977年(昭和52年)9月10日付東京本社朝刊15面。
  5. ^ 「春一番 突風注意報の就職戦線」『就職ジャーナル』第4巻第4号、日本リクルートセンター、1971年4月、3-7ページ。
  6. ^ 竹之内幸子「就職活動における「リクルートスタイル」の誕生と普及過程」『立正大学社会学・社会福祉学論叢』第30号、1996年12月、47-58ページ。
  7. ^ 純「根ほり葉ほり リクルートルックは本当に必要か 個性求めながら、常識唱える企業 無難さ選ぶ学生、売る側の戦略も」『朝日新聞』1988年(昭和63年)9月15日付東京本社朝刊18面。
  8. ^ 「紺のスーツに白いブラウス 女子リクルートルック 景気低迷を反映? 保守化が定着」『産経新聞』平成6年(1994年)6月2日付東京本社朝刊25面。
  9. ^ 「早くもスーツ商戦 就職用の特設コーナーも」『日本経済新聞』昭和55年(1980年)8月16日付朝刊18面。
  10. ^ 「就職シリーズ 第5弾 会社訪問好感度アップ作戦 採用側はここを観察している」『週刊サンケイ』1980年9月18日、139-142ページ。
  11. ^ 大学生協東京事業連合編『データが語る 東京の大学生 当世大学生活事情』主婦の友社、1981年、190-192ページ。
  12. ^ 竹之内幸子「女子学生のリクルートスーツからみえるもの」『大学院年報』第18号、 立正大学大学院文学研究科、2000年、129-141ページ。


「リクルートスーツ」の続きの解説一覧



リクルートスーツと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「リクルートスーツ」の関連用語

リクルートスーツのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



リクルートスーツのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリクルートスーツ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS