社畜とは?

社畜

読み方:しゃちく

会社に飼いならされたサラリーマン揶揄して言う語。自分信念意志を持たずに会社に従うありさまなどを形容することが多い。嘲りの意味をこめて用いられる。

社畜

作者山本文緒

収載図書ファースト・プライオリティー
出版社幻冬舎
刊行年月2002.9

収載図書ファースト・プライオリティー
出版社角川書店
刊行年月2005.6
シリーズ名角川文庫


社畜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/26 08:42 UTC 版)

社畜(しゃちく)とは、主に日本で、社員として勤めている会社に飼い慣らされ、自分の意思良心を放棄し、サービス残業転勤も厭わない奴隷家畜)と化した賃金労働者の状態を揶揄したものである。「会社+家畜」から来た造語かつ俗語で、「会社人間」や「企業戦士」などよりも、外部から馬鹿にされる意味合いを持つ。




  1. ^ a b 「90年ヒット流行語」『日経流通新聞』1990年12月27日付、20頁。
  2. ^ 安土敏『ニッポン・サラリーマン 幸福への処方箋』


「社畜」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「社畜」の関連用語

社畜のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



社畜のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの社畜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS