重処分とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 法概念 > 処分 > 重処分の意味・解説 

重処分

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/30 06:57 UTC 版)

重処分とは、国家公務員法地方公務員法における懲戒処分懲戒免職を除く)の内、軽処分にあたらないものである。防衛省職員においては、重処分を受けた職員は昇給時期の延伸・勤勉手当の大幅減額を受けるほか、その後の昇任・昇級は絶望的となり、上級職選抜試験の受験資格も恒久的に失われる。重処分を受けた職員のほとんどは依願退職(かつては諭旨免職と呼ばれた)を余儀なくされる。






「重処分」の続きの解説一覧



重処分と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「重処分」の関連用語

重処分のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



重処分のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの重処分 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS