個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律の意味・解説 

個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/24 14:09 UTC 版)

個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律(こべつろうどうかんけいふんそうのかいけつのそくしんにかんするほうりつ、平成13年法律第112号は、日本の法律である。同法の主な目的は、行政機関が個別労働関係紛争の解決を支援する手続を定めることにあり、具体的には、都道府県労働局長による紛争当事者に対する助言及び指導と、紛争調整委員会によるあっせん conciliation が支援手続の中核に位置付けられている。ここで「個別」労働関係紛争と言うのは、、純然たる労働争議(「集団」労働関係紛争)を紛争調整の対象から除く趣旨である(同法4条1項)。




  1. ^ 地方運輸局長(運輸監理部長を含む。)は、あっせん員にあっせんを行わせるため、2年ごとに、学識経験を有する者のうちからあっせん員候補者3人以上を委嘱し、あっせん員候補者名簿を作成しておかなければならない(第21条3項)。


「個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律」の関連用語

個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの個別労働関係紛争の解決の促進に関する法律 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS