禁錮とは?

きん こ [1] 【禁錮・禁固】

( 名 ) スル
一室中に閉じ込め外出許さないこと。幽閉。 「園中に-されて寒さ寒し腹はへるし/露団々 露伴
自由の剝奪内容とする刑罰自由刑)で、労務を科さず監獄拘置するもの。無期有期一か月以上、15年以下)がある。 → 懲役


禁錮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/10/25 04:53 UTC 版)

禁錮(きんこ)とは、自由刑に作業義務等による区分を設けている法制度において作業義務を科さない刑罰のうち長期のものである。作業義務のある懲役や作業義務のないより短期の拘留と区分する。


  1. ^ a b c d 諸外国の制度概要(資料6)”. 法制審議会. 2018年5月4日閲覧。
  2. ^ a b 第2回行刑改革会議”. 法務省. 2018年5月4日閲覧。
  3. ^ 諸外国の制度概要(資料1)”. 法制審議会. 2018年5月5日閲覧。
  4. ^ 絵本石山軍記. 第2篇 巻之6-10憲法志料. 5篇 巻1(1877-1884刊)など。
  5. ^ 法制執務コラム集 - 参議院法制局
  6. ^ 『平成29年版 犯罪白書』第2編 第4章 第2節 - 法務省
  7. ^ 法定刑として禁錮が定められている罪 - 法務省
  8. ^ 犯罪白書
  9. ^ 検察統計年報・「審級別確定裁判を受けた者の裁判の結果別人員」 - 法務省
  10. ^ 刑法第34条の2により、刑期の満了後(満期での出所後)に、「罰金以上の刑」に処せられないまま10年以上経過した時は、欠格事由の対象外となる。そのため、必ずしも一生にわたって欠格事由を有するとも限らない。
  11. ^ a b c d e f g h 刑の執行猶予中の者を除く。
  12. ^ 自由刑については刑期が1年以上の者のみ。


「禁錮」の続きの解説一覧

禁錮

出典:『Wiktionary』 (2012/03/19 14:24 UTC 版)

名詞

きんこ

  1. 法律刑事施設拘置するが作業行わせることがまれない刑罰のこと。自由刑分類される。日本場合は、刑法第13条による。
    禁錮上の刑に処せられその執行を終わるまでの者(公職選挙法11条第1項第2号

表記

関連語

翻訳




固有名詞の分類


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「禁錮」の関連用語

禁錮のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



禁錮のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの禁錮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの禁錮 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS