懲役とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 法概念 > 懲役 > 懲役の意味・解説 

懲役

読み方:ちょうえき

懲役(ちょうえき)または「懲役刑」は、刑事施設拘禁し勤労科する刑罰のこと。自由の剝奪する自由刑」の一種懲役刑服することを「服役」といい、服役中行われる労働作業を「刑務作業」という。

刑法第12条第2項において「懲役は、刑事施設拘置して所定の作業行わせる。」と規定されている。

「懲役」の漢字の意味

「懲役」の「懲」は「懲らしめるこ-らしめる)」と訓読みする。悪事などを再び行わないように制裁を加えるという意味である。「役」は労働の意味である。役の字は「やく」とも読むが、「現役」「就役」「労役」のように「えき」と読む場合少なくない

刑罰における懲役刑の重さ

刑法では、重い順に「死刑」「懲役」「禁錮」「罰金」「拘留」「科料」の6種の主刑定められている。(この他に「没収」があり、没収主刑に対して付加刑」という)。つまり、懲役刑重さ死刑に次ぐ位置づけである。

「懲役」は、死刑相当ではない程度の「それなりの重罪に対して科せられる刑」であるともいえる。

刑罰における懲役刑の性格

懲役(懲役刑)は、受刑者の自由を剝奪することにより刑の執行とする刑罰形態であり、「自由刑」に該当する自由刑には、懲役の他に禁錮」や「拘留」も該当する

なお、死刑受刑者生命剥奪する生命刑」であり、罰金受刑者財産剥奪する財産刑」である。

刑罰区分としては「身体刑」や「名誉刑」といった区分もあるが、この2種日本国内現行法には該当する刑がない。

懲役の期間

懲役には「無期刑無期懲役)」と「有期刑有期懲役)」がある。

無期刑刑期定めず科される刑罰であり、終身刑である。ただし受刑者心を入れ替え場合10年経過した後に仮釈放認められることがある法律上10年以内仮釈放されることはない

有期刑はあらかじめ刑期定めて科される刑罰である。有期懲役刑期は「1ヶ月から20年まで」の幅があり、罪の内容に応じて期間が変わる。

「懲役」に似た言葉と意味の違い

「懲役」に似た語として「服役」や「苦役のような語が挙げられる

服役」は「役務服すること」を意味する。特に「懲役に服すること」を指す意味で用いられることが多い。「懲役に服役するというと重言である。ただし「服役」の対象は懲役ばかりとは限らない。たとえば兵役に服することも「服役」に該当する

苦役」は「(苦しい)懲役」という意味もあるが、第一義は「(苦しい)肉体労働」である。「懲役」の同義語・類義語として使える場合もあり、他の意味用いられる場合もある。

ちょう‐えき【懲役】

読み方:ちょうえき

自由刑の一。刑事施設拘置して一定の労役服させる刑罰無期有期2種がある。

「懲役」に似た言葉

死刑、懲役、禁固(しけい、ちょうえき、きんこ)

身体拘束する刑には死刑、懲役刑禁錮などがある。

死刑 (刑法第11条
死刑は、監獄内において、絞首して執行される。死刑が言渡された者は、その執行に至るまで監獄拘置される。

懲役刑刑法第12条
懲役刑には、無期懲役刑有期懲役刑がある。有期懲役刑の期間は規定では1ヶ月以上15年以下だ。ただしこの期間は20年にまで伸ばすことができる。懲役刑では、監獄拘置され所定の作業を行う。

禁錮刑刑法第13条
禁錮には、無期禁固刑と有期禁固刑がある。有期禁錮刑の期間は、規定では1ヶ月以上15年以下だ。ただし懲役刑同じく刑期最長20年まで伸ばすことができる。禁錮刑では、その期間、監獄拘置される。

仮出獄刑法28条)
懲役または禁錮処せられた者に「改悛の状」があるときは、刑期3分の1経過した後、行政官庁処分もとづき仮出獄許される同様に無期刑の場合は10年経過した後、行政官庁処分もとづき仮出獄許される

(2000.09.14更新


懲役

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/06 16:24 UTC 版)

懲役(ちょうえき)とは、自由刑に作業義務による区分を設けている法制度において所定の作業義務を課すことを内容とする刑罰である。作業義務のない禁錮拘留と区分する。なお、アメリカ合衆国の自由刑である Imprisonment やイギリスの自由刑である Custodial Sentence などの刑は公的な資料などでは「拘禁刑」と訳される[1]。これらの自由刑にも刑務作業が定められている場合があり便宜的に「懲役」と訳されることもあるが、日本などの懲役刑とは異なり刑務作業は刑罰の内容として位置づけられているわけではない[2](後述)。


注釈

  1. ^ 2005年(平成17年)1月1日の改正刑法の施行前は、有期懲役は原則として1か月以上15年以下、刑を加重する場合においては最長20年までと定められていた。
  2. ^ 更生保護法の施行以前は「仮釈放、仮出場及び仮退院ならびに保護観察等に関する規則」32条が同様の規定を置いていたが、そこでは、悔悟の情及び改善更生の意欲、再び犯罪をするおそれ、相当性、社会の感情の4つを「総合的に判断」するものとされていた。
  3. ^ 「無期」「無期限」という言葉には「期限が不確定である」という意味と、「期限が無く永久に続く」との2つの意味がある。一般的に、無期謹慎・無期限活動休止は前者、無期懲役・無期公債・無期限在留カードは後者を意味する。「大言海」を参照。
  4. ^ 英語で表現する場合も「life imprisonment with work」(直訳すれば「一生涯の拘禁、労働付き」となる)との語が充てられている。「平成21年3月改訂版法令用語日英標準対訳辞書」p.282参照。
  5. ^ 同条は、「懲役又は禁錮に処せられた者に改悛の状があるときは、有期刑についてはその刑期の3分の1を、無期刑については10年を経過した後、行政官庁の処分によって仮に釈放することができる」と規定しており、この文面が示すとおり、仮釈放は義務的なものではなく、可能性にとどまるものであって、制度上将来的な仮釈放が前提として保証されているわけではなく、また「10年」「3分の1」とは最短の場合を表すものである。
  6. ^ 仮釈放の際の遵守事項には、各対象者に共通する一般遵守事項(更生保護法51条)と個別に定められる特別遵守事項(更生保護法52条)とがある。
  7. ^ 無期懲役の仮釈放が取り消されるのであるから、もちろん無期懲役の受刑者として刑務所に戻されることとなる。なお、刑法28条所定の期間は初度の仮釈放の条件と解されており、仮釈放の取り消しによって収監されている無期懲役受刑者は、再収監の時点で刑事施設の通算在所期間が既に10年以上となっているため、(仮釈放の取り消しに加えて新たな刑を受けている場合を除いて)法務省令所定の仮釈放の許可基準に適合すれば、理論上はいつでも再度の仮釈放が可能である。110号までの矯正統計年報と森下忠「刑事政策大綱 新版第2版」(成文堂1996年(平成8年)7月)。ISBN 4-7923-1411-9 を参照。
  8. ^ 同条はその対象を「罪を犯すとき」ではなく「少年のとき」と規定しており、このことから、犯時ではなく判時が基準となり、判時に成人に達している場合は対象外となる[21]
  9. ^ 2002年(平成14年)から2011年(平成23年)までの無期刑受刑者の仮釈放審理件数171件に対し、検察官の意見照会がなされた事例は140件であり、必ずしもすべてのケースにおいて検察官の意見照会がなされていたわけではなかった[20]
  10. ^ 1999年(平成11年)から2008年(平成20年)までの無期刑受刑者の仮釈放審理件数91件に対し、複数委員による面接が行なわれたのは4件にとどまり、1人の委員による面接が通常であった[20]
  11. ^ 従前から、仮釈放の申出は刑事施設の長の申出のほかに、申出によらない地方更生保護委員会の独自権限の行使によってもできるものとなっていたが、実際は刑事施設の長の申出のみによって審理が行なわれていた。それゆえ、申請が刑事施設側の恣意に委ねられていた面があり、審理の機会の保証という面に欠けていたとされる。[要出典]
  12. ^ なお、有期刑の受刑者の仮釈放審理にあたっては、このような事務の運用に関する通達がなされていないため、単独の委員による面接で仮釈放を許せ、被害者や検察官への意見照会を行なわず仮釈放を許すこともできる。
  13. ^ それを認めない場合、仮釈放制度をともに廃止するか、無期刑受刑者を仮釈放できるまでの期間を30年に引き上げるかの選択となる。ここで後者を選択する場合、無期刑と30年の有期刑で仮釈放を許せる最短期間に20年の差が生じ、仮にこの差を解消しようとすると、「3分の1」という有期刑の仮釈放の条件を引き上げることが考えられるが、その場合短期の刑を含む有期刑全体の整合性を考える必要が生じ、議論はもはや無期刑だけの問題にとどまらなくなり、刑事拘禁政策全体の議論となる[要出典]
  14. ^ なお、有期刑の上限引き上げの立法趣旨については、近年の犯罪情勢や国民感情の変化や平均寿命の延びなどを踏まえ、適切な刑を科すことができるようにするために必要であるという説明に加え、有期刑と無期刑との間で、仮釈放の資格が得られるまでの期間に連続性を持たせることにも配慮したと説明されている[34]
  15. ^ 他にも、元刑務官で作家の坂本敏夫が「(仮釈放のない無期刑の受刑者は)仮釈放の希望もなく死を待つだけの存在であり、彼らの処遇は死刑囚並に難しく、刑務官の増員がなければ対応は困難」と主張し、精神面からも対応困難な受刑者を増やすだけとしている[37]
  16. ^ 坂本敏夫は、国家が負担する受刑者一人当たりの年間予算は50万円であり、高齢化すれば嵩んでくる仮釈放のない無期懲役受刑者の医療費も、また死後の埋葬料も全額国家負担の必要が生じるなどに関して、具体的な議論が必要であるとしている[37]。また、元・検察官河上和雄は「(死刑廃止に伴う)絶対的無期刑は、脱獄の為(ため)に人を殺しても死刑にならないから、刑務官を殺す可能性もある」と主張している[38]
  17. ^ もっとも、そのような翻訳は報道機関や十分な概念理解を有しないものによってなされており、法務省刑事局「法律用語対訳集-英語編」p.179、ベルンド・ゲッツェ「和独法律用語辞典」成文堂(2007年(平成19年)10月)p.379。ISBN 978-4-7923-9166-9、直野敦「ルーマニア語分類単語集」大学書林(1986年(昭和61年)8月)p.144、山口俊夫編「フランス法辞典」東京大学出版会(2002年(平成14年)3月)p.715。ISBN 978-4-13-031172-4、法務省刑事局外国法令研究会「法律用語対訳集-フランス語編」p.190、稲子恒夫「政治法律ロシア語辞典」ナウカ出版1992年(平成4年)2月20日)p.302。ISBN 9784888460279、などにおいてはいずれも「無期懲役」「無期刑」「無期拘禁」「無期自由刑」と訳されている。最高裁判所発行の「法廷通訳ハンドブック」でも同様であり、たとえば米国人が日本の裁判所で無期懲役の判決を受ける場合、通訳から「life imprisonment」と告げられる。
  18. ^ ヨーロッパ語圏では、英語の「life」にあたる語が用いられている。
  19. ^ ただし、これはあくまで「可能性」であり、制度上将来的な仮釈放が前提として保証されているわけではない。
  20. ^ ただし、特別の判決により22年まで延長することができる。また、15歳未満の児童を殺害し、その前後または最中に強姦などの野蛮行為を行った者に限っては特別の判決をもってこれを最大30年まで延長でき、また仮釈放を認めない旨の決定もできるという特例がある。ただし、後者の場合でも30年を経過した時点で裁判所組織の頂点に位置する破棄院に医学の専門家による鑑定を申請し、この決定を取消すことができる。
  21. ^ ただし第1級殺人および再度の第2級殺人の場合である。第2級殺人の場合は、仮釈放申請の資格を得る期間を裁判所が10年から25年の範囲内において決定するものとされている。
  22. ^ たとえば、中国刑法81条は、無期刑の仮釈放条件期間を10年としているが、1997年の刑法改正により、「暴力犯罪および累犯により無期懲役または10年以上の有期懲役に処せられた者に関しては、仮釈放を許すことはできない」とする規定が設けられているし(不得假釋无期徒刑)、オランダにおいては有期刑の受刑者にしか仮釈放の可能性を認めていない。米国においては、多数の州において、仮釈放のない無期刑 (life imprisonment without parole) が存在し、また、英国においても、量刑ガイドライン附則21章により、「極めて重大な謀殺であると認められる事案について、生涯仮釈放資格を得ることができない旨の言渡しをすることができる」と規定されている。

出典

  1. ^ 諸外国の制度概要(資料1)”. 法制審議会. 2018年5月5日閲覧。
  2. ^ a b c 第2回行刑改革会議”. 法務省. 2018年5月4日閲覧。
  3. ^ a b c d 諸外国の制度概要(資料6)”. 法制審議会. 2018年5月4日閲覧。
  4. ^ 世界の長い懲役刑・禁固刑・求刑・刑期の一覧
  5. ^ ネズミ講で懲役14万1078年!タイ人女詐欺師チャモーイ・ティプソー【TVウォッチング】
  6. ^ 強盗強姦:性的暴行15件、合計懲役47年−−大阪地裁判決 毎日新聞 2013年平成25年)6月22日
  7. ^ 検察統計年報・「審級別確定裁判を受けた者の裁判の結果別人員」
  8. ^ 井口克彦「日本の刑務作業は「強制労働」か?」『CPR News Letter』第8巻、監獄人権センター、1996年2月、2009年3月2日閲覧。
  9. ^ 強制労働ニ関スル条約(第29号)”. 国際労働基準 - ILO条約・勧告. ILO駐日事務所 (2005年7月25日). 2009年3月2日閲覧。
  10. ^ 荒木伸怡 (2004年6月24日). “施設内処遇 - その2”. サイバーラーニング. 立教大学. 2009年3月2日閲覧。
  11. ^ 刑務作業のあらまし 矯正局
  12. ^ 石川淳一 (2009年2月28日). “刑務作業:企業の発注、相次ぐ解約 不況余波、刑務所にも”. 毎日新聞. http://mainichi.jp/select/wadai/news/20090228k0000e040035000c.html?link_id=RSH04 2009年2月28日閲覧。 
  13. ^ 森達也 『死刑 人は人を殺せる。でも人は、人を救いたいとも思う』(初版)朝日出版社 (原著2008年1月20日)、218頁。ISBN 9784255004129 
  14. ^ 令和元年版 犯罪白書 第3編/第1章/第5節/2 3-1-5-1図 出所受刑者人員・仮釈放率の推移”. 法務省 (2019年11月). 2020年4月27日閲覧。
  15. ^ 令和元年版 犯罪白書 第3編/第1章/第5節/2 3-1-5-2図 定期刑の仮釈放許可人員の刑の執行率の区分別構成比の推移等”. 法務省 (2019年11月). 2020年4月27日閲覧。
  16. ^ 無期刑及び仮釈放制度の概要について
  17. ^ 「条解刑法」弘文堂(第2版、2007年(平成19年)12月)p.27。ISBN 978-4-335-35409-0。清原博「裁判員 選ばれる前にこの1冊」自由国民社(初版、2008年(平成20年)12月4日)p.153。ISBN 978-4-426-10583-9。司法協会「刑法概説」(第7版)p.155。
  18. ^ 大辞泉「無期懲役
  19. ^ 無期刑の執行状況及び無期刑受刑者に係る仮釈放の運用状況について”. 法務省. 2020年12月25日閲覧。
  20. ^ a b c d e f g 無期刑受刑者の仮釈放の運用状況等について 法務省保護局
  21. ^ 「注釈少年法 第3版」(有斐閣2009年(平成21年)6月)。ISBN 978-4-641-04259-9
  22. ^ 再度の仮釈放者を除く。
  23. ^ 法務省 (1973-10) (JPG). 昭和48年版犯罪白書 第二編 犯罪者の処遇 第3章 仮釈放及び更生保護 第1節 仮釈放 2 仮出獄 II-85表 無期刑仮出獄者の在監期間(昭和45年~47年) (Report). https://hakusyo1.moj.go.jp/jp/14/nfm/n_14_2_2_3_1_2.html#H002085H 2020年4月12日閲覧。. 
  24. ^ 法務省 (1970-10) (JPG). 昭和45年版犯罪白書 第二編 犯罪者の処遇 第三章 仮釈放および更生保護 一 仮釈放 3 仮釈放決定の状況 (二) 仮出獄決定の状況 II-91表 無期刑仮出獄者の在監期間(昭和42~44年) (Report). https://hakusyo1.moj.go.jp/jp/11/nfm/n_11_2_2_3_1_3.html#H002091H 2020年4月12日閲覧。. 
  25. ^ 矯正統計年報
  26. ^ 1985年(昭和60年)5月31日付中日新聞社会面による。
  27. ^ “NHKが追った『日本一長く服役した男』61年ものあいだ刑務所にいた囚人の最期” (日本語). 日刊サイゾー. (2020年10月14日). https://www.cyzo.com/2020/10/post_255314_entry.html 2021年1月11日閲覧。 
  28. ^ 法務省 (1919-11) (Excel). 令和元年版犯罪白書 第3編/第1章/第5節/2 3-1-5-3表 無期刑仮釈放許可人員の推移(刑の執行期間別) (Report). https://hakusyo1.moj.go.jp/jp/66/nfm/n66_2_3_1_5_2.html#h3-1-5-03 2020年4月27日閲覧。. 
  29. ^ 法務省 (1973-10) (JPG). 昭和48年版犯罪白書 第二編 犯罪者の処遇 第3章 仮釈放及び更生保護 第1節 仮釈放 2 仮出獄 II-85表 無期刑仮出獄者の在監期間(昭和45年~47年) (Report). https://hakusyo1.moj.go.jp/jp/14/nfm/n_14_2_2_3_1_2.html#H002085H 2020年4月12日閲覧。. 
  30. ^ 法務省 (1970-10) (JPG). 昭和45年版犯罪白書 第二編 犯罪者の処遇 第三章 仮釈放および更生保護 一 仮釈放 3 仮釈放決定の状況 (二) 仮出獄決定の状況 II-91表 無期刑仮出獄者の在監期間(昭和42~44年) (Report). https://hakusyo1.moj.go.jp/jp/11/nfm/n_11_2_2_3_1_3.html#H002091H 2020年4月12日閲覧。. 
  31. ^ 現場近くに臨時作業員「いたずら騒がれ」と自供『朝日新聞』1979年(昭和54年)9月10日朝刊 13版 23面
  32. ^ 無期刑受刑者の仮釈放審理に関する事務の運用について(法務省保護観第134号)」
  33. ^ 110矯正統計年報による。
  34. ^ 第161回国会 法務委員会第5号
  35. ^ 110号までの矯正統計年報による。
  36. ^ 朝日新聞2008年6月5日掲載の保岡興治法務大臣の発言
  37. ^ a b 朝日新聞2008年(平成20年)6月8日の『耕論』
  38. ^ 毎日新聞の論説による
  39. ^ 大韓民国刑法典(朝鮮語)
  40. ^ ドイツ刑法典(ドイツ語)
  41. ^ オーストリア刑法典(ドイツ語)
  42. ^ 法務大臣官房司法法制調査部「フランス新刑法典」法曹会1995年
  43. ^ ルーマニア刑法典(英語)
  44. ^ A・Jシュヴァルツ著/西原春夫監訳「ポーランドの刑法とスポーツ法」成文堂(2000年5月)。ISBN 978-4-7923-1525-2
  45. ^ ロシア刑法典(英語)
  46. ^ カナダ刑法典(フランス語)
  47. ^ 台湾刑法典(中国語)
  48. ^ イタリア刑法典(イタリア語)
  49. ^ たとえば、第165回国会法務委員会第3号第154回国会法務委員会第9号、2008年(平成20年)6月5日付朝日新聞「あしたを考える」掲載の法務省資料。


「懲役」の続きの解説一覧

懲役

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 23:37 UTC 版)

重信房子」の記事における「懲役」の解説

これに対して重信の娘の重信メイ主任大谷恭子弁護人同日控訴した控訴審では弁護側検察側双方が、1970年代から1980年代にかけ重信と同様世界各国テロ事件起こし多数民間人虐殺しフランスで終身刑を受けているテロリストの「カルロス受刑者から、「ハーグ事件」の指揮系統武器提供の経緯について証言得て裁判所提出された。 2007年12月20日東京高等裁判所一審判決支持し控訴棄却した。重信上告した2010年7月15日棄却決定し刑が確定した重信上告棄却決定に対する異議申し立て行ったが、2010年8月4日最高裁判所第2小法廷竹内行夫裁判長)は棄却する決定をし、懲役20年とした一・二審判決確定し重信その後服役した2022年5月28日午前8時前に刑期満了出所した。。

※この「懲役」の解説は、「重信房子」の解説の一部です。
「懲役」を含む「重信房子」の記事については、「重信房子」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「懲役」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

懲役

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 01:40 UTC 版)

発音(?)

ちょ↗ーえき

名詞

(ちょうえき)

  1. (法律) 刑事施設拘置して所定の作業行わせる刑罰のこと。自由刑分類される。日本の場合は、刑法第12条よる。

関連語

翻訳


「懲役」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



懲役と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

懲役のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



懲役のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2022 時事用語のABC All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの懲役 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの重信房子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの懲役 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS